ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年10月04日 13時30分 公開

Twitter公式アプリに「データセーブ」機能

TwitterのiOSおよびAndroid版公式アプリのアップデートで、データ通信量を節約できる「データセーブ」設定が可能になった。

[ITmedia]

 Twitterの公式アプリ(iOSおよびAndroid)の10月3日のアップデートで、「データセーブ」機能が追加になった。

 アプリの[設定]→[一般]→[データ利用の設定]のデータセーブをオンにすると、動画は自動再生されず、画像は低画質で読み込まれる。これにより、データ通信量を自動的に減らせる。

 save 1 「データセーブ」設定

 実際に比較してみたところ、広告の動画は自動再生されなかった。画像については画質の劣化はあまり気にならなかった(個人の感想です)。

 save 2 データセーブ前(左)とデータセーブ後

 App Storeの説明によると、このアップデートではこの他、グループメッセージにいるアカウントの管理、VoiceOverを使った投票、一部の広告タイプのラベルなどの機能がアップデートされた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.