ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年10月15日 22時15分 公開

Adobe MAX 2018:オールインワンのビデオ制作ツール「Adobe Premiere Rush CC」正式リリース

ビデオ制作の新しいオールインワンアプリが登場。オンラインでマルチデバイスによるビデオ編集が実現する。

[山口恵祐,ITmedia]

 アドビシステムズは10月15日(米国時間)、米ロサンゼルスで開催中のクリエイター向けイベント「Adobe MAX 2018」で、オンラインベースの新しいビデオ制作ツール「Adobe Premiere Rush CC」を発表した。PCやモバイルデバイスから、同一のプロジェクトにアクセスして動画編集できる。Windows版、macOS版、iOS版は同日から、Android版は2019年に提供する。

photo

 6月にβ版として発表した「Project Rush」の正式版。動画素材をオンラインで共有し、「編集作業はiPadで行い、動画の書きだしは家のPCで行う」といったマルチデバイスによる編集作業を行える。

photo

 ビデオ制作のオールインワンアプリとして設計。モバイルデバイスに搭載するカメラを使った撮影機能や動画編集、色調整、フィルターの適用、オーディオ調整、AI(人工知能)技術「Adobe Sensei」を使った自動ツール、SNSへのアップロードなどに対応する。動画編集機能には同社のビデオ制作ツール「Premiere Pro」のエンジンを流用し、本格的な作業が行えるという。Adobe Stockに収録する、プロが制作したモーショングラフィックなどのテンプレートも呼び出して使用できる。

photo
photo

 Premiere Rush CCは、Premiere Pro CCの単体プランに含まれる。Premiere Rush CC単体プランの価格は、個人版が月額980円、グループ版が月額1980円(いずれも税別)。使用できる機能と作成できるプロジェクト数は無制限、書き出しは3プロジェクトまでの「Premiere Rush CCスタータープラン」(無償版)も提供する。

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.