ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年10月24日 14時29分 公開

「Apple 渋谷」で最長の螺旋階段と3Fを体験 Appleのアレに触れる? (1/2)

MACお宝鑑定団による、Apple 渋谷 内覧会レポートをマニア目線でお届けしよう。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 2018年10月26日に公園通りビルにリニューアルオープンする「Apple 渋谷」の内覧会に行ってきた。

photo Apple 渋谷

 Apple 渋谷は2017年11月26日にリニューアルのために一時閉店。11カ月の期間を経て「Apple 京都」「Apple 新宿」に続く「Town Square」型店舗となった。

 今回のリニューアルオープンで一番驚いたのは、Apple 渋谷 店長が、Apple 名古屋栄で長年店長を務めていた酒井亨氏だったこと。

photo Apple 渋谷 店長の酒井亨氏

 ただ、名古屋も見ているとのことだったので、地元民としては少しほっとした。

 1階は、床材も含めてリニューアルされていて、天井照明も正面入口に対して並行配置だったのが縦配置に変わっている。

photo Apple 渋谷1階

 これまで壁面台でiPhoneなどを展示していたのが、Apple 新宿、京都などと同じアクセサリー展示棚に変更。

 店内中央の展示台が4つなのは以前のままだが、Apple 京都と同じ最新型の展示台に変わっている。

photo Apple 渋谷1階

 なにか渋谷らしい特徴があるかと思ったが、特にない感じだった。

 螺旋階段は踏み板がガラスから、日本の石材が持つやわらかな表情を再現した石目調の人工大理石に変わっている。

photo Apple 渋谷の螺旋階段

 また、これまで2階までだったのが3階まで延長され、Apple Storeとして最長の螺旋階段を有する店舗となっている。

 Steve Jobs Theaterのメインホールに降りる階段と似たClark Pacific製軽量鋳造コンクリート製の手すりに似たデザインが採用されているが、Apple 京都の階段で採用されている人工大理石ではなく、耐火ボードのような軽量で堅い素材が使われているようだ。

photo Apple 渋谷の螺旋階段

 なので、実際に手で叩くと金属のような音がする。

 2階は、奥の壁面がガラスに変更。床面積は従来とあまり変わらないのに広くなった印象を受ける。

photo Apple 渋谷2階

 壁面側に従来のアクセサリー棚に加え、フィーチャーコーナーも設置されるようになった。

       1|2 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.