ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年10月26日 07時53分 公開

iPhone XR実機を鑑定 「コストダウンモデルだが性能は同等」の超細部チェック (1/4)

MACお宝鑑定団らしく、他のレビュワーとは違う視点でのiPhone XRマニアックレビューをお届けしょう。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 出荷開始された新型iPhone「iPhone XR」をチェックしてみた。

photo iPhone XR

 iPhone XS、iPhone XS MaxのA12 Bionicチップと同等性能を持ち、新しいセンサーを採用した背面広角カメラ、TrueDepthカメラ、バッテリー性能などを維持しつつ、IPSテクノロジー搭載6.1インチ(対角)オールスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ、7000番台のアルミ合金フレームを採用するなど、高品質を維持しながらコストダウンを計ったモデルだ。

大きさ、位置、センタリング、ベゼル

 Liquid Retina HDディスプレイは、1792×828ピクセル、326ppi、1400:1のコントラスト比(標準)、True Toneディスプレイ、広色域ディスプレイ(P3)、最大輝度625cd/m2(標準)仕様となっている。

photo iPhone XR

 iPhone 8/4.7インチは、1334×750ピクセル、326ppi、1400:1のコントラスト比(標準)、iPhone 8 Plus/5.5インチは、1920×1080ピクセル、401ppi、1300:1のコントラスト比(標準)で、インチ数はiPhone 8 Plusより大きいが、画面表示面積はiPhone 8とiPhone 8 Plusの中間といった感じ。

 同じジャパンディスプレイ製の「FULL ACTIVE」ベースを採用する「Xiaomi Mi Mix 2」や、ハイスピードIGZOディスプレイを採用した「AQUOS R2」など、筐体の縁まで表示する液晶ディスプレイスマートフォンは一般的になりつつある。

photo Liquid Retina HDディスプレイ

 底面のLightningコネクタは、iPhone XSと比較して外枠のサイズが0.2ミリ小さくなり、後ろに0.1ミリ下がった位置に設置されている。

photo iPhone XR/iPhone XS

 これまでは、横に並ぶスピーカーやマイクの穴とLightningコネクタの中心点が並行していたが、今回は後ろにズレた位置となっている。

 iPhone XSの場合、前面ガラスの端から画面アクティブエリアまでの幅が2.12ミリなのに対して、iPhone XRでは3.37ミリある。

photo iPhone XR/iPhone XS

 iPhone 8の2.66ミリより幅広になっていて、意外とベゼルの端が太く感じる。

 画面の端のカーブがゆるくフラット面が広いため、保護ガラスなどが貼りやすくなっていると思われる。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.