ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年10月31日 18時16分 公開

「作品」に仕上げる写真プリント、富士フイルムが受付開始

富士フイルムは、デジタルカメラなどで撮影した写真データを銀塩写真プリントする「プレミアムプリントサービス」の受付を開始した。印画紙の種類やサイズを200通り以上の組み合わせから選べる。

[ITmedia]

 富士フイルムは10月31日、デジタルカメラなどで撮影した写真データを銀塩写真プリントする「プレミアムプリントサービス」の受付を開始した。印画紙の種類やサイズを200通り以上の組み合わせから選べる他、表面パネル加工なども含めて写真を「作品」に仕上げるとしている。価格は、プリントのみ、Lサイズの600円から。

グロッシーやマット、クリスタル(超光沢)など10種類の印画紙を用意

 インクジェットプリンターなどを使用する「印刷」ではなく、印画紙の乳剤に含まれるハロゲン化銀を光によって反応させ、画像を得る銀塩写真と同じ手法。「微妙なハイライト部からシャドー部まで、染料や顔料を紙上に吹き付けるインクジェットプリントでは表現が難しい、自然で滑らかな階調表現を可能にする」(同社)としている。

 プリントサイズは「ましかく」(89×89ミリ)からB0(約1×1.5メートル)まで30種類。使用する印画紙はプロ向けの「MAXIMA」や皮革調の凹凸した表面を持つ「Textured Leather」(テクスチャードレザー)など10種類で、組み合わせは200通りを超える。画像データを専門スタッフ「プリントマイスター」が見極め、判断しながら仕上げるという。

専門スタッフ「プリントマイスター」が見極め、判断しながら仕上げる

 注文は専用サイトのみで受け付ける。その際、色調補正やトリミングが行える他、色味や階調の補正を細かく指定する「選択仕上げ」、プリントマイスターによる色補正を加える「ラボお任せ仕上げ」も選べる。オプションとして額装にセットしやすい「裏打ちシート加工」や壁面から浮かび上がるように見える「ミュージアム加工」も用意した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.