ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年11月13日 07時08分 公開

TwitterのドーシーCEO、ツイート修正ボタンは「慎重に実現すべき機能」

Twitterのジャック・ドーシーCEOが訪問先のインドの大学で、ツイート済みの内容を修正する機能について尋ねられ、ツイート直後の修正のためのボタンであれば比較的実現しやすいと語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterのジャック・ドーシーCEOは11月12日(現地時間)、インドのインド工科大学で開催のイベントで、Twitterの「修正ボタン」の追加を避けることはできないと語った。

 jack インド工科大学で講演したTwitterのジャック・ドーシーCEO

 インドのテクノロジー系メディアETTech.comによると、質疑応答で編集ボタンについて尋ねられたドーシー氏は「(ツイートの)編集機能については、正しい方法で追加するために非常に長い期間検討している」と語り、重要なのは編集機能によって本来保存されるべきである1度公開された情報が正しく保存されるようにすることだと主張した。

 例えば誰かのツイートに賛同してRT(リツイート)したのに、後で元ツイートがまったく違う内容に修正されてしまえば、自分が賛同していない内容についてRTしていることになってしまうとドーシー氏は説明した。「こうした問題は修正履歴を表示するといった方法で回避できる。(中略)最終的には、皆さんがサービスの不便さと見なしている問題を解決し、利用しやすくする必要がある」と語った。

 現在検討しているのは、ツイートした直後にツイート内のスペルミスやURLへの誤リンクに気づいたら修正できるようにすることという。「こうした機能であれば、ツイート後時間がたったツイートを修正できるようにするよりも実現可能だ」(ドーシー氏)。

 ツイートの修正ボタンは、Twitterのサービス提供開始以来ユーザーが求めている機能の1つだ。2015年には同社幹部が検討はしているが実現は困難としており、2016年にもドーシー氏が「誤字脱字をすぐに修正するだけでいいのか、いつでも編集できるようにするのかで実装に大きな違いがある」と説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.