ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年11月15日 18時13分 公開

Apple、人身売買被害者をApple Storeで雇用へ

Appleは、人身売買の被害者がApple Storeの仕事に就けるようにするプログラムを発表した。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 トムソン・ロイター財団が主催する働きがいのある会社についての会議「Trust Conference 2018」において、2018年奴隷撲滅賞として、Appleを含む6社を表彰している。

photo 受賞した6社のロゴ

 BBCによると、Appleの直営店担当上級副社長のアンジェラ・アーレンツ氏は、授賞式でスピーチを行い、人身売買被害者がApple Storeの表には出ない仕事に就けるようにするプログラムを発表した。

photo Trust Conference 2018:アンジェラ・アーレンツ氏

 Appleは管理人や造園の採用支援を行うNGOと手を組み、被害者の就職を助けていく。

 個人はAppleに特定されず、直接ではなくサプライヤーに雇用される。ただ、この取り組みの監視は行うという。

 アーレンツ氏は「我々はまだ始めたばかりだが、人身売買から逃れられた被害者が我々の小売りチームに入ってくるという、希望の象徴となる大きな機会を迎えている」と話したそうだ。

 Appleはこのほか、業者が労働者のパスポートを差し押さえたり、債務を返済するまで働かせるすることを禁じている。

 アーレンツ氏によれば、Appleは従業員が採用費用を不正に徴収されているかどうかを監査し、過去10年間でサプライヤーから3000万ドル(2300万ポンド)以上を3万5000人以上に返還させたという。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.