ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年12月04日 08時03分 公開

レストランやトイレの混雑状況、スマホでチェック 国内百貨店初、大丸札幌店に導入

大丸札幌店のレストランやトイレなどの空き状況を、店内のデジタルサイネージやスマートフォンで確認できるサービスが始まった。国内百貨店では初の試みという。

[ITmedia]

 NTT東日本と、空席情報プラットフォーム事業と展開するバカンは、大丸札幌店(札幌市中央区)のレストランやトイレなどの空き状況を、店内のデジタルサイネージや、来店客のスマートフォンで確認できるサービスを始めた。国内百貨店では初の試みという。

画像

 大丸札幌店のレストランとカフェ、トイレ、授乳室、免税カウンター、休憩スペースなどにカメラやセンサーを設置。取得したデータを、クラウド上の人工知能(AI)で解析することで混雑情報を割り出し、各フロアのサイネージにリアルタイムで一覧表示するほか、Web上にも配信する。来店客は、サイネージを見たり、手持ちのスマートフォンから混雑状況を確認できる。

 カフェやレストランは休日などに待ち時間が長くなる傾向があり、混雑状況は実際に足を運ばなければ把握できなかったが、このシステムを使えば事前に混雑状況を把握でき、来店客の効率的な回遊につながるとしている。

 両社は今回の導入効果を基に、混雑把握技術の向上や新しい商業施設向けソリューションの開発に向けた協業を加速する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.