ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年01月07日 06時05分 公開

新iPad Pro湾曲、どこまで「仕様」か Appleが見解

Apple、iPad Pro 11-inch、iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) の筐体の曲がり問題で、0.4ミリ以下は許容範囲との見解。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleが、サポート情報「iPad Pro unibody enclosure design」を公開している。

photo iPad Pro unibody enclosure design

 iPad Pro 11-inch with Wi-Fi + Cellular、iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) with Wi-Fi + Cellularは、ギガビットクラスのLTEを搭載し、他のどのタブレットよりも多くの携帯電話帯域をサポートしている。

 これらの携帯電波性能を実現するために、iPadの側面と背面側の一部がアンテナとして機能する仕組みが採用されていて、それは、アルミニウム筐体にアンテナ用の溝をほり、そこにプラスチックを流し込んで接着している。

 プラスチックが冷却された後、CNC機械加工で仕上げることで、アルミニウム筐体とプラスチックとのシームレスな統合が実現していると説明している。

 どの辺でも400ミクロン(0.4ミリ)以下の曲がり偏差で検査されており、特定の角度から見ると曲がっているように見えるかもしれないが、通常の使用では知覚できないと説明。

 もし、この製品仕様を満たしていないと思う場合は、Appleサポートに問い合わせるよう説明されている。

photo 薄さを強調しているiPad Pro

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.