ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年01月07日 12時42分 公開

新幹線から見える“謎の看板”「727」、自社Wikipediaのスクショを新聞広告に 「説明するのに手っ取り早い」

化粧品メーカーのセブンツーセブンが1月7日、自社Wikipediaのスクリーンショットを朝日新聞朝刊の広告として掲載した。

[ITmedia]

 新幹線の車窓から見える「727」の野立て看板(屋外広告)で知られる化粧品メーカーのセブンツーセブン(大阪市中央区)は1月7日、自社のWikipediaページのスクリーンショットを朝日新聞朝刊の広告として掲載した(近畿2府4県のみ)。看板を見た人から寄せられた「何の会社か分かりにくい」という声に応え、掲載を決めたという。

セブンツーセブンの新聞広告(1月7日朝日新聞朝刊、一部エリアのみ)

 同社によると、727の看板自体の認知度は高まってきたが、「看板は知っているが何の会社か知らない」という声の他、航空会社やパチンコ屋などに誤認されることも多かったとしている。テレビCMやSNSなどでのプロモーションも検討したが、「企業からあれやこれや伝えようとするより、Wikipediaを見てもらうのが手っ取り早い」という結論になり、新聞広告掲載を決めた。

727 727の野立て看板(公式サイトより)

 同社は、1979年から新幹線沿線に野立て看板を展開してきた。新幹線(東海道、山陽、東北、上越)の沿線に「5〜7分間隔で1本見える」程度の間隔で設置されている。テレビやラジオCMなども選択肢にあったが、「独自性を出すため野立て看板にこだわった」という。公式サイトで727の看板に関する豆知識などを公開している。

727 (公式サイトより)
727 歴代の看板(公式サイトより)

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.