ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年01月08日 03時45分 公開

CES 2019:パナ、初のフルサイズミラーレス「LUMIX Sシリーズ」に「HLGフォト」「ハイレゾモード」搭載 CESで参考展示

パナソニックが昨年9月の「フォトキナ2018」で開発表明した「LUMIX Sシリーズ」をCESで参考展示する。「HLGフォト」「ハイレゾモード」という新機能も紹介。

[ITmedia]

 パナソニックは、1月8日(米国時間)に開幕する世界最大級のエレクトロニクスショー「CES 2019」で同社初のフルサイズミラーレス一眼カメラ「LIMIX Sシリーズ」を参考展示する。2018年9月の「フォトキナ2018」で開発表明した「LUMIX S1」「LUMIX S1R」の実機を披露する他、新たに2つの新機能を紹介するという。

「LUMIX S1R」。写真は2018年11月にパナソニックの創業100周年を記念して行われた「クロスバリューイノベーションフォーラム2018」の会場で撮影したもの

 1つは「HLGフォト」。新4K衛星放送などに採用されているHDR(ハイダイナミックレンジ)規格の「Hybrid Log-Gamma」(HLG)に対応した静止画を撮影する機能だ。撮影した画像はHSPファイルとして生成され、HLGに対応した最新の大画面テレビなどで再生できる(HDMIケーブル接続)。「白トビしやすいまぶしい光や黒つぶれしやすい暗部を再現し、肉眼でみたような細やかで豊かな色彩表現が可能になる」(同社)としている。

LUMIX S1Rの背面

 もう1つの「ハイレゾモード」は、ボディ内手ブレ補正の機構を生かし、センサーをシフトさせながら計8回の連続自動撮影を行い、ハイレゾリューション(高解像度)画像を生成するというもの。撮影画像の解像度は未公表だが、「新エンジンの高速処理により、カメラ内で画像の自動合成処理を行う。細かい部分まで美しく描写するため、被写体の持つ精細感や臨場感を最大限に記録できる」という。また動く被写体に配慮したモードも搭載し、被写体ブレの残像を抑え、通常撮影に近い自然な写真表現を実現するとしている。

 LIMIX Sシリーズは、パナソニックが8年越しで企画、開発したフルサイズミラーレス一眼。カメラシステムには独ライカの「Lマウント」を採用。ライカおよびシグマとアライアンスを組み、先行するソニー、ニコン、キヤノンを追う。発売時期については「3月末から順次グローバルで展開する」としているが、日本での具体的な発売日などは明らかにしていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.