ニュース
» 2004年06月28日 15時49分 UPDATE

知的財産に関する意識の向上、「知的財産検定」の受験者増加

知的財産教育協会が実施している「知的財産検定」の第2回が実施され、前回を上回る受験者数で知的財産に関する意識の高まりが窺える結果となった。

[ITmedia]

 知的財産教育協会は、6月28日、「第2回知的財産検定(2級)」(6月6日実施)の受検者データおよび合格者データを発表した。

 これによると今回の検定では1428人が受検(申込者数:1555人)、今年3月にスタートした「第1回知的財産検定(2級)」を208人上回る結果となり、知的財産に対する関心の高さが窺える結果となった。

 受験者の年齢は30〜39歳(最年少:19歳、最年長:77歳)で全体の37.8%を占め、女性は16.1%。企業内での属性を見ると、知的財産部門と研究開発/エンジニア部門で全体の57.7%を占めており、電気・化学・機械など理系出身者が受験者に多いことから、特に研究開発/エンジニア部門での知的財産に対する意識が高いと見られる。企業・学校単位での団体受験も前回の12から21団体に増えた。

 2級合格者は全体の44%、準2級合格者(総得点は基準に達しているが、各分野の得点で一定の水準に達していない)は、28%と前回並の水準で、知的財産部門に所属する受検者の2級合格率は59%、研究開発/エンジニア部門は35%だった。

 同協会では、次回11月には大阪でも検定試験を実施、知的財産に関する意識が高まっていることから次回受験者を3000人と見込んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -