ニュース
» 2004年09月21日 14時11分 UPDATE

国内Webサイトの価値総額は7兆7000億円相当

日本ブランド戦略研究所が発表した「Web Equity2004」によれば、トヨタのWebサイト価値は約1000億円になるという。また、国内Webサイトの価値総額は7兆7000億円に匹敵すると推測している。

[ITmedia]

 日本ブランド戦略研究所は9月21日、国内有力企業約250社のWebサイトについて金銭価値を算出した「Web Equity2004」を発表した。

 これによると、もっともWebサイト価値が大きいのはトヨタ自動車で985億円、次いで、マイクロソフト(935億円)、3位全日本空輸(859億円)、デル(846億円)、日本航空システム(634億円)という結果になった。

 トヨタ自動車の985億円というWebサイト価値の内訳は、727億円が売上に貢献している「売上価値」で、情報発信効果をあらわす「情報価値」は約258億円だった。また、売上価値のうち大半の690億円が間接売上価値となる。これは、インターネットで商品の情報を発信し、それが店舗(ディーラー)などでの売上につながることによる価値だという。

 2位のマイクロソフトは、情報価値が362億円で250社中でトップだったが、売上価値は567億円で4位となるため、合計ではトヨタ自動車に及ばなかったとしている。

 全日本空輸は、売上価値で見た場合、755億円と250社中で1位だった。これは、航空チケットのインターネット予約・販売が急速に普及しており、直接売上価値が595億円と大きいのが要因になっている。

 4位のデルは、直接売上価値536億円でANAに続いて2位だった。

 日本航空システムも、航空チケットによる直接売上価値が437億円とWebサイト価値の7割を占めているが、JASとの合併により粗利益率低下で全日本空輸を下回る結果となった。

 また、日本における企業ドメインおよび汎用ドメインの合計数が約50万であることから、現在のWebサイトを運営している企業が約50万社あると推定すれば、そのWeb価値の総額は約7兆7000億円になるという。

 同調査では、「企業のWebサイトが企業にどれだけの利益をもたらしているか」という観点から測定を実施しており、企業の売り上げの中でWebサイトが関与している比率を消費者調査などから明らかにし、それに国内粗利益をかけて「売上価値」を算出している。また、Webサイトのアクセス率やメールマガジン購読数などの情報発信力を、他の手段で代替した場合のコストをもとに「情報価値」を算出し、これらの合計を「Webサイト価値」と表現している。

Web Equity2004・Webサイト価値ランキング(単位:百万円)

順位(昨年) 企業名 業種 Webサイト価値(百万円)
1(1) トヨタ自動車 輸送機器 98,529
2(33) マイクロソフト 情報・通信 93,458
3(14) 全日本空輸 運輸・レジャー 85,946
4(−) デル 電子・電機 84,605
5(10) 日本航空システム 運輸・レジャー 63,435
6(−) NTTドコモ 情報・通信 57,078
7(6) 松下電器産業 電子・電機 54,653
8(7) ソニー 電子・電機 54,385
9(4) NEC 電子・電機 53,386
10(−) 新生銀行 金融 52,557
11(3) 日産自動車 輸送機器 52,117
12(9) ホンダ 輸送機器 49,904
13(40) 野村ホールディングス 金融 43,899
14(13) 東芝 電子・電機 39,673
15(8) 富士通 電子・電機 39,425
16(2) NTT東日本 情報・通信 39,023
17(−) 大和証券グループ本社 金融 39,001
18(−) KDDI 情報・通信 37,268
19(−) オリックス 金融 36,859
20(12) JR東日本 運輸・レジャー 36,755

(昨年順位で(−)となっている企業は、昨年は測定対象外の企業)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -