メディア

ITmedia

海上忍

海上忍がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

ネットワーク管理の基本Tips:

Linuxでは無線LANに接続する際のWPA認証に「wpa_supplicant」パッケージを利用するのが一般的です。アクセスポイントへの接続には、このパッケージに含まれる「wpa_supplicant」コマンドを利用します。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

プロセスが開いているファイルを表示するコマンド「lsof」は、プロセスやソケットなどのあらゆる情報をファイルの形で管理するUNIX/Linuxの特性を生かしたもの。プロセスが使用するポートの調査に役立ちます。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

複数のSSH(Secure Shell)サーバーが稼働している環境では、公開鍵を効率よく管理するための工夫が必要になります。SSHサーバーのホスト名やIPアドレスが変更されたとき、known_hostsファイルを一度の作業で生成/更新するには、「ssh-keyscan」コマンドが便利です。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

コンピューターの内蔵時計は概して精度が低く、時間のズレが生じやすいため、Linuxを含む多くのOSではNTP(Network Time Protocol)を使いNTPサーバーに日付と時刻を問い合わせ、正確な日付と時刻をローカルホストに設定します。「ntpdate」はNTPサーバーへの問い合わせを手動で行うためのコマンドです。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

ファイルダウンロードのコマンドは、Linuxでは「wget」が定番といえる存在ですが、「curl」も多く利用されています。curlコマンドはダウンロードだけでなくアップロード機能も備える他、ユーザー認証が必要なサイトにも対応しています。wgetと併せて活用することで、より柔軟なファイルのやりとりが可能になります。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

無線LANインターフェースがカーネルまたはモジュールでサポートされていれば、アクセスポイントとIPアドレスを設定する程度で接続できます。「iwconfig」は、アクセスポイントへの接続に必要なESSIDおよび暗号化キーを登録するときに利用するコマンドです。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

クライアント機としてのLinuxマシンには、無線LANネットワークインターフェースが必携となっています。その接続の基礎ともいえる無線LANアクセスポイントの検出/スキャンには、「Wireless tools for Linux」(wireless-tools)に収録されているコマンド「iwlist」を利用できます。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

「複数のファイルをまとめてダウンロードしたい」「稼働中のWebサイトをまるごとバックアップしたい」といったときに便利なコマンドが「wget」です。特定の拡張子を持つファイル、指定したディレクトリにあるファイル、URLリストに記載されたファイルなど、いろいろな条件を決めた上でファイルを効率的にダウンロードできます。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

世の中にはサーバーリソースのモニタリングソフトウエアのような、GUIによる便利な環境もありますが、コマンドラインでさっと確認したり、あるいは自前でサーバーリソース情報チェックツールを作るなら「dstat」コマンドの使い方を覚えておくと便利です。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

ホスト間で対話形式のファイル転送を行うとき、古くから「FTP」(File Transfer Protocol)が利用されてきましたが、通信内容が暗号化されないという問題があります。「SFTP」(SSH File Transfer Protocol)はSSHの仕組みを使用して安全なファイル転送を可能にする上、内部コマンドもFTPと高い互換性を持つため、扱いやすいことが特徴です。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

かつて、リモートホストとのファイル転送に利用されていた「rcp」コマンドは、通信内容が暗号化されずそのまま(平文)で送信されるため、安全上の問題がありました。しかし現在では、SSH(Secure Shell)を使う「SCP(Secure Copy)」により、ユーザー認証からデータ転送まで高度なセキュリティを実現できます。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

サーバー管理者にとって、離れた場所からサーバーを遠隔操作することはルーチン業務の一つです。そのとき必須のツール/コマンドが「ssh」です。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

目的のホストまでIPパケットがどのような経路で転送されていくかを確認したい場合や、通信経路に問題がないかどうかを調べたい場合は、「traceroute」コマンドが役立ちます。tracerouteはTCP/IPネットワークのトラブルシューティングにおける基本ツールの一つです。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

従来Linuxでは、ネットワークの状態確認やデバイスの設定など機能ごとにコマンドを使い分けていましたが、Red Hat Enterprise LinuxおよびCentOSには、統合ツールとして「NetworkManager」およびCLI版の「nmcli」が用意されています。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

他のホストがネットワークに接続できているか、あるいは自ホストのネットワークデバイスに問題があるか確認するには、パケットを送信し反応を見ることが最初に行うべき作業です。その際利用するコマンドが「ping」で、TCP/IPネットワークを管理する上で必須の存在です。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

Linuxでは、通信に利用するインターフェースは「デバイス」としてシステムに認識されています。設定されているIPアドレスを調べたいとき、IPアドレスを手動設定したいときには、「ifconfig」コマンドを利用すると効率的に作業できます。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

IPアドレスとMACアドレスをひも付けるARPテーブルを操作するにはarpコマンドを用います。物理的なネットワーク機器を特定する際などに利用するコマンドです。

()

ネットワーク管理の基本Tips:

netstatコマンドはRHEL 7などで非推奨となり、代替コマンドが用意されています。ただし、ssコマンドはまだ不十分な点が多いとの報告もあるため、個別にnetstatコマンドを導入して利用する方が利便性が高い場合も少なくないようです。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

UHS-Iの登場により最大104Mバイト/秒というデータ転送性能を獲得したSDメモリーカード。しかし、デジタルカメラでの連写など、記憶装置としてさらなる高速性が求められていることも確かだ。今回は、先日発表されたSDカードの高速転送規格「UHS-II」について解説する。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

ポータブルオーディオ、デジタルレコーダー、薄型テレビ……これらのデジモノ家電に共通の部品が「DAC」(Digital to Analog Converter)だ。今回は、DACの役割と種類、性能の見方について解説してみよう。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

デジモノ家電が増えるにつれ膨らむ悩みが、機器間におけるコンテンツの共有。それをキレイに解決すべく制定された規格が「DLNA」だ。今回は、DLNAの概要と今後の方向性について解説してみよう。

()

海上忍のデジモノ家電を読み解くキーワード:

年末商戦を前にAppleから発売された「AppleTV」。単なる小型セットトップボックスにも見えるが、MacやPC、iPhone/iPadとの連携を考慮すると、既存のVODサービスとはまったく異なる可能性が見えてくる。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

ノートPCやデジモノ家電の表示装置として大きなシェアを持つ液晶パネルだが、電力消費量や明るさの面では課題も多い。今回は、薄型パネルを大きく変える可能性がある「MEMSシャッター」について解説してみよう。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

「映画館で味わった興奮を自宅でも」と思うけれど、どうもあのメガネが……と、専用メガネ不要の裸眼式3Dテレビを待っていた消費者は多いはず。今回は、先日発表された東芝グラスレス3Dレグザに採用されている技術「インテグラルイメージング」について解説する。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

明るさとコストの両面から製品化が難しいとされてきた、家庭用3Dプロジェクター。そこに発表されたソニー「VPL-VW90ES」は、1系統の光学エンジンでその難題を解こうとしている。今回は、VPL-VW90ESの特徴に触れながら、家庭用3Dプロジェクターの課題を探ってみたい。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

年内をもって終了が予定されていた「家電エコポイント」の延長が決定された。同制度の改訂が与える影響と、景気浮揚策としての意義について、もう一度考えてみよう。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

すっかり薄型テレビなど映像機器の接続方式として定着した「HDMI」。映像や音声を1本のケーブルで、という特徴は2002年の登場以降変わらないが、その仕様は技術動向にあわせて随時見直されている。今回は、その最新版「HDMI 1.4a」の新機能について解説しよう。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

ソニーが国内向けに発売する「NEX-VG10」は、デジタルビデオカメラでもレンズ交換が可能になったという点でエポックメイキングな製品といえる。今回は、そのNEX-VG10を例に、ミラーレス型デジタルビデオカメラが登場した背景を解説する。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

Blu-ray Discの拡張仕様「BDXL」が正式公開され、対応ハードウェアとメディアが発表された。今回は、BDXLメディアの特長と、その用途について解説してみよう。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

すべての色は赤・緑・青の3色で構成される、そのカラーテレビにおける常識を打ち破る新技術が製品化された。今回は、シャープ「AQUOSクアトロン」で採用された4原色による色の表現方法など新技術について解説する。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

近ごろ話題の「電子ブック」は、コンテンツもさることながら表示装置に注目が集まっている。今回は、その電子ブックを支える表示技術の1つ「電子ペーパー」を取りあげてみよう。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

リモコンのボタンを押しても反応がない……それは、赤外線が何かに遮られているからかもしれない。今回は、“次世代リモコン”の通信技術として広がりつつある、RF4CEなどの無線規格について解説してみよう。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

音声や映像のデータは膨大で、リアルタイム処理には高い演算性能が要求される。それを解決する半導体チップ「DSP」は、いまやデジタルオーディオ機器に不可欠な存在だ。今回は、そのDSPの役割を解説してみよう。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

デジタルフォトフレーム市場の拡大基調が続いている。デジタルカメラの普及を受けたユーティリティーの登場が予想されていたにせよ、これほどまでの規模となるには他の理由も考えられる。今回は、デジタルフォトフレームの最新トレンドを取りあげてみよう。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

2011年7月でデジタルに完全移行……はテレビのお話。一方、ドライブや通勤、受験勉強の友である「ラジオ」の今後は、あまり知られていないようだ。今回は、AMやFMなど地上波のラジオ放送に注目してみよう。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

リーマン・ショック以降の消費低迷に一定の効果があったとされる「エコポイント制度」が4月から変わる。今回は、特に影響が大きいとされる地上デジタル放送対応テレビに絞り、その影響を考えてみたい。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

現在製品化されているHDMIのバージョンは「1.3a」。しかし、よく調べると「1.3b」や「1.3b1」などというバージョンも……いつの間に改訂された? と誤解されがちなため、今回はHDMIのテスト仕様について解説してみたい。

()

デジモノ家電を読み解くキーワード:

傾けた方向に画面が回転する、顔を近づけると画面が消える、これはいずれも機器に内蔵された「センサー」の働きによるもの。今回は、携帯電話(スマートフォン)の分野で採用が進むセンサーについて、その種類や機能を解説してみよう。

()