ニュース
» 2007年09月20日 14時48分 公開

ALPSLABがAPI公開、地図や標高のデータが利用可能に

ALPSLABは、インターネット関連の技術者向けに地図関連のAPIを公開した。コンテンツ検索API、印刷API、標高APIの3つで、非商用利用であれば無料で利用できる。

[鷹木創,ITmedia]

 アルプス社は9月20日、次世代地図サービス実験サイト「ALPSLAB」で、インターネット関連の技術者向けに地図関連のAPIを公開した。非商用利用であれば無料で利用できる。

 公開したAPIは、コンテンツ検索API、印刷API、標高APIの3つ。ALPSLABでは、ユーザーが投稿したブログ、写真、ルートなどのコンテンツを、地図上で他のユーザーと共有するサービスを提供している。コンテンツ検索APIを利用すると、こうしたALPSLABのサービスに投稿された位置情報付きのコンテンツを検索し、XML形式で取得できる。

 印刷APIは、「ALPSLAB print」のAPI。好きな場所や縮尺の地図をプリント用紙1枚にまとめた地図データや、折りたためるミニ地図帳のデータをPDFファイルとして取得できる(4月26日の記事参照)。標高APIは「ALPSLAB route」で標高グラフに利用している好きな地点の標高をXML形式で取得可能だ(2月16日の記事参照)。

 今回のAPI公開に合わせて、「ALPSLAB print」の機能を強化した。好きな場所にアイコンが表示できるようになったほか、ミニ地図帳にアイコンの説明ページを加えられるようになっている。

関連キーワード

地図 | API | XML | メモ帳 | PDF


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -