ニュース
» 2008年06月09日 17時55分 公開

名刺を自分でレイアウト 「翌日名刺」などアスクルの印刷サービス

 アスクルは6月9日、オフィス印刷物発注サービス「アスクルスピードプリントセンター」のWebサイトをリニューアルした。名詞や封筒の仕上がりイメージをサイト上で確認し、自分でレイアウトを編集できるようになった。

[杉本吏,ITmedia]

 アスクルは6月9日、オフィス印刷物発注サービス「アスクルスピードプリントセンター」をリニューアルした。印刷の仕上がりイメージをサイト上で確認できる「プレビュー機能」や、自分でレイアウトを編集できる「レイアウト自由編集機能」が使えるようになり、発注の際の手間を省いたという。

 アスクルスピードプリントセンターは、1998年7月にスタートしたオンラインのオフィス向け印刷サービス。15時までにWebサイトから名刺や封筒を発注すると、翌営業日には製品が届くというスピードが売りだという。今回のリニューアルでは、「プレビュー機能」「レイアウト自由編集機能」「リピート機能」の3機能が新たに利用できるようになった。

レイアウト編集画面。フォームから入力した情報に加え、自分で文字列やフォント、色の変更をして発注できる

 従来は、例えば名刺を発注するときであれば、会社名/部署名/名前/住所/電話番号などの名刺に載せたい情報をWebサイト上のフォームから入力し、そのまま校正なしで発注するという流れだった。FAXなどで仕上がりイメージをやりとりし、ユーザーが確認して校正を入れるサービスもあったが、別途料金が必要だったため「(校正なしで注文を受けて)納品後にイメージと違ったため作り直した、ということもあった」(アスクル)

 今回のリニューアルでは、フォームに情報を入力後、仕上がりイメージのプレビューをWebサイト上で確認できるようになった。また、プレビューから、文字の色や大きさ、レイアウトなどを自由に編集できるため、注文後の校正の必要がなくなったという。過去1年間に作成した印刷物のデータを保存し、簡単に再注文できる「リピート機能」も用意した。

 100種類以上のデザインテンプレートを用意する「翌日名刺」は黒1色が通常1296円(片面100枚)、カラーが2299円(同)。7月31日18時まではそれぞれ997円、1995円のキャンペーン価格で購入できる。レイアウト編集画面のカラーパレットで240色を選べ、同じ価格で何色でも使える。名刺のほか、封筒、伝票、シール、ボールペンやUSBメモリの名入れなどの発注も可能だ。利用には無料の会員登録が必要。

関連キーワード

名刺 | 封筒 | ボールペン | デザイン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ