ニュース
» 2009年03月26日 11時00分 公開

ロジテック、手のひらサイズの無線LANルータ仕事耕具

ロジテックは、手のひらサイズの無線LANルータ「LAN-PWG/R」を発売する。設置場所を問わないスリムさで、ポケットに入れて携帯できるという。

[豊島美幸,ITmedia]

 ロジテックは、手のひらサイズの無線LANルータ「LAN-PWG/R」を4月上旬に発売する。IEEE802.11g/bに準拠し、無線LANアクセスポイントとしても利用できる。価格は7560円。

 本体は「ポケットに入れて携帯できる」(ロジテック)コンパクトな造りで、体積比で従来品の約5分の1を実現した。アンテナを内蔵し、突起が少ないデザインにした。


 ルータ/無線アクセスポイント/コンバータの3モードのいずれかを選べる。モードの切り替えは、本体底面に装備する切り替えスイッチで行う。ルータモードではPPPoE接続、DHCP接続などができる。アクセスモードでは、既存の有線LAN/ルータに接続すると、無線LAN内蔵のPCでインターネットの無線接続ができる。有線LANのある出張先のホテルで活用しやすいという。コンバータモードでは、有線LAN搭載のデジタル機器を無線LANでつなぐ。

 セキュリティ機能として、WPA2(AES)やWPA(TKIP)、WEP128/64ビットでのデータ暗号化に対応。MACアドレス、IPアドレス、通信プロトコルに応じた各種フィルタリングやファイアウォールを搭載した。縦置き/横置きのいずれも可能で、横置き時のサイズは62×82×19ミリ(幅×奥行き×高さ)。重さは55グラム。LANケーブルと縦置きスタンドを付属する。

 ロジテックでは「スリムで小さいため出張や旅行に携帯しやすく、設置場所も選ばない」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ