ニュース
» 2009年09月08日 21時47分 公開

リングを回して“手にフィット” グリップの柔らかさを調節できるボールペンギフト・ショー秋2009

サンスター文具の「TeniFit」は、グリップの柔らかさを自分で調節できるボールペンとシャープペン。「ふつう」「やわらか」「超やわらか」「モリモリ」の4段階から、好みの柔らかさを選んで使用できる。

[杉本吏,Business Media 誠]

 「このボールペン、重さやインクの書き心地は好みにピッタリなんだけど、あと少しだけグリップが柔らかければもっと使いやすいのに……」。文具にこだわる人の中には、そんな歯がゆい思いをしたことがある人も多いだろう。

 サンスター文具が10月上旬に発売するボールペンとシャープペンのシリーズ「TeniFit」(テニフィット)は、そんな細かいニーズに応える製品だ。「東京インターナショナル・ギフト・ショー2009秋」の会場で発売前の製品を見てきたので、写真も合わせてご紹介しよう。

フィット感調節リングで“手にフィット”


 テニフィットの特徴は、グリップの柔らかさを自分で調節できる点にある。グリップ上部に搭載した「フィット感調節リング」を左右に回すと、グリップ部をカバーするエラストマー素材が溝を描くように盛り上がり、「ふつう」「やわらか」「超やわらか」「モリモリ」の4段階から好みの柔らかさを選んで使用できるのだ。

 実際に触ってみると、グリップの柔らかさを変えることによって、筆記時の安定感はかなり異なることが分かった。「指の太さや文字を書くときの筆圧に合わせて、自分好みの柔らかさを見つけて使ってほしい」(サンスター文具)

「ふつう」(左)の状態と比べ、「モリモリ」(右)の状態はグリップ部が盛り上がっているのが分かる

 サイズはボールペン、シャープペンともに189×22ミリ(全長×軸径)で、ブラック/ブルー/ホワイト/ピンク/グリーン/オレンジの6色を用意する。価格は525円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ