ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シャープペン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シャープペン」に関する情報が集まったページです。

電子ブックレット(FA):
IIFES 2024会場レポートまとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集したエンジニア電子ブックレット。今回は、「IIFES 2024会場レポートまとめ(FA)」をお送りします。(2024/4/4)

「卒乳にはそれぞれの思いがこもってるんだな」 “隠れた節目”を祝うビールセットが好評受け商品化 仕掛け人に聞く反響
卒乳に限らず、好みの節目をビールと卒業証書で祝えるセットが商品化。企画への思いをメーカーに聞きました。(2024/3/24)

シヤチハタの「いろもよう」シリーズ累計100万個の人気 和の色のアート用スタンプ台が生まれたワケ
ペーパークラフトや消しゴムはんこのユーザーから好評。(2024/3/23)

“ガリガリ感”を解消:
100万本以上売れた極細ボールペン「サラサナノ」 ヒットの要因は?
累計販売本数100万本を突破しているゼブラの極細ボールペン「サラサナノ」。これまでのボールペンとは何が異なるのか。開発の背景やヒットの要因は――。(2024/3/18)

ピークから店舗数が半減も…… 増加基調に乗るサブウェイ、反転の背景
479店舗→197店舗に。コロナ禍の増減を経て差し引きでも増加基調に。(2024/3/16)

デキる長男が収納ケースを整理したら…… 引き出しの天才的な使い方に「最高」「ほほ笑ましい」と8万いいね
息子さんにとってのご褒美コーナーなのかも。(2024/3/2)

昭和に人気博したゼブラの鉛筆型シャープペン「ノックペンシル」が復活 廃番から20年以上、令和に復活の背景
2001年に廃番になり、要望を受けて復活。(2024/3/2)

どう見ても熱々でおいしそうな鍋料理、実は……パティシエの精巧すぎる調理テクニックに脳がバグりそう
鍋なのにかじれる?(2024/3/2)

青年コミック誌で作者名の表記ミス発覚で謝罪訂正 「こんなおもろいお詫びがあるか」
「ドラえもんと藤子・F・不二雄くらい違う」「『島本和彦』と『炎尾燃』を間違えるようなもんか」(2024/2/28)

「ポケモンカード」がデジタルに ポケカをコレクションできるスマホアプリ、2024年にリリース
バトルもできる!(2024/2/27)

ポケモン新作ゲーム「ポケモンレジェンズZ-A」発表 2025年にリリース
舞台はミアレシティ。ということは……?(2024/2/27)

東急が新幹線デザインのラッピング車両を運行 JR東海が全面協力
「西日本へのお楽しみは、新横浜から。」をキャッチコピーとする「enjoy WEST」プロモーションの一環です。(2024/2/27)

どこのヤバい組織勤めですか? 未遂ながら「処刑費」を見積もる痛恨のミスが発覚
諸経費がまさかのミスに……!(2024/2/27)

スターバックスにSAKURAシーズン第2弾 「花見抹茶 クリーム フラペチーノ」と「花見 ブロンド ラテ」登場
3月1日より。(2024/2/27)

「APMネコバス」の乗り方は? 3月16日から愛・地球博記念公園で運行予定の「ネコバス」特設サイト開設
もふもふシートに座って「ジブリパーク」の外周通路を約10分かけて走行する。(2024/2/27)

東海オンエア・てつやプロデュースのホテル、予約枠開始21分で埋まる 「僕の携帯が鳴り止みません!」
過去の東海オンエア関連の数値を知るてつやさんの予想を超える状況。(2024/2/27)

ゼブラが鉛筆型のシャープペン発売 20年以上前に廃盤の商品、令和版になって復活
昭和に人気を博した商品が令和版になって再び登場。(2024/2/24)

サンスター文具のデコット:
70年代に流行った「色変わりペン」が人気 51万本も売れた秘密を聞いた
サンスター文具の色変わりペン「DECOT (デコット)」シリーズが売れている。2024年1月末時点でシリーズ累計出荷数が約51万本とヒット商品に。開発の背景と発売後の反響を聞いた。(2024/2/19)

IIFES 2024:
安川伝統の高速シャーペン芯回しがパワーアップ、2回線の高速同期制御を訴求
安川電機は「IIFES 2024」において、新発売のマシンコントローラー「MPX1310」の高精度な同期制御を訴求する、シャープペンシルの芯回しのデモンストレーションを披露した。(2024/2/5)

エプソンの「飛び出した黒ひげ絶対助けるロボ」がすごい! そして「剣を刺すロボ」の技術はもっとすごい!!
剣を刺したときの微妙な手応えを感知し、“当たり”を避けるすごいやつ。(2024/1/15)

2023年、話題になった「あれ」どうなった?:
5500円もするシャーペン、なぜ即完売? 三菱鉛筆「クルトガダイブ」の画期性
三菱鉛筆のシャープペンシル「クルトガダイブ」が人気だ。店頭に並んだ瞬間、すぐに売り切れるという。ただ、価格は5500円と強気だ。シャープペンシルにしては高価だが、なぜこんなに売れているのか?(2023/12/27)

イオン船橋店、売り場とオペレーションを刷新 狙いは?
イオンリテールは、住まいと暮らしの売場環境とオペレーションの刷新を発表。11月17日より、イオン船橋店で検証を開始している。(2023/11/24)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
「究極の液タブ」は小型化しても究極のまま? ワコムの「Cintiq Pro 17」をプロ絵師がレビュー
ワコムが10月に発表したプロクリエイター向け液晶タブレット「Wacom Cintiq Pro」シリーズ。今回は、より小型な「Wacom Cintiq Pro 17」をプロイラストレーターのrefeiaさんが試します。(2023/11/13)

「誰か分からなかった」「落武者かとw」 藤本美貴、夫・庄司の別人レベルな“寝起きショット”に驚きの声
仲良さそうだな!(2023/11/2)

トンボ「モノ」とパイロット「フリクション」が初コラボ! 人気文具がおしゃれな“グレースケール”で登場
特徴的なモノトーンカラーのシャーペンやボールペンが登場します。(2023/11/2)

パイロットの文房具が「にじさんじ」とコラボ! シャーペン「ドクターグリップ」など普段から使える3アイテム登場
登場するライバーは「月ノ美兎」「葛葉」「不破湊」「星川サラ」「アイク・イーヴランド」「エリーラ ペンドラ」。(2023/10/31)

ノック不要! サンスター文具、自動で芯が出てくるシャーペンを発売
サンスター文具は、自動芯出し機構を採用したオートマチックシャープ「nocfree(ノクフリー)」を10月下旬から発売する。(2023/10/23)

プロが選ぶ液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro」シリーズに17型と22型が登場 実機を見てきた
ワコムは10月19日にProクリエイター向け液晶タブレット「Wacom Cintiq Pro」シリーズに「Wacom Cintiq Pro 17」と「Wacom Cintiq Pro 22」を追加した。それぞれ専用スタンドもオプションで用意した。(2023/10/19)

パイロット「フリクションボールノックゾーン」 開発のきっかけは?
文房具の歴史を変えた商品がさらに進化した。パイロットの消せるボールペン「フリクションボール」。2006年のヨーロッパ発売(日本では、07年)以来、世界100以上の国と地域で、累計41億本以上を販売している。(2023/10/18)

シャープペンシルでこんなの描けるの!? 「推しの子」星野アイの白黒イラストがコピー機のような再現度
なんという領域に至ってるんだ。(2023/9/19)

宿題に集中したいお兄ちゃんとかまってほしい猫ちゃん テーブルの上で繰り広げられる静かな攻防がかわいい!
まだ夏休みあるしね……。(2023/8/14)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(11):
パワーMOSFETでシャー芯に灯をともす
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。第11回は、「破壊実験のロマン」に突き動かされた筆者が、パワーMOSFETを使ってシャー芯に灯をともす。(2023/4/26)

シャープが創業111周年イベント 生成AIを“しゃべる家電”に搭載へ
シャープは4月17日、シャープ幕張事業所にて「創業111周年記念イベント」を開催。同社の歴史的な製品を展示し、技術開発の展望を紹介した(2023/4/18)

サンキューマートと「幽☆遊☆白書」が初コラボ! “懐かしいけど新しい”プチプラ雑貨や文具など全46アイテム
懐かしのあの場面がよみがえる。(2023/4/14)

上司に貸した「エビフライのシャーペン」がリアル……! 「めちゃくちゃ可愛い」「わ、これほしい」の声
上司「いやこれ使ってるところ誰にも見られたくない…………」→「なんてこと言うんすか」(2023/4/7)

「まさに神業」「5度見した」 鉛筆の芯からシャーペンの芯を生み出す彫刻作品に驚きの声
こんなことが可能なのか……。(2023/4/2)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
トンボ鉛筆のデザインペン「ZOOM」が復活 迷走の末に辿り着いた“1本の美学”とは?
「空白を、ノックする」「いくつもの深さを持つ、透明」「書かなくても触れたくなる」──これらは2月にリブランディングしたトンボ鉛筆「ZOOM」のキャッチコピー。一時は迷走したという人気シリーズは、いかに再生したのか。開発陣に話を聞いた。(2023/3/20)

エレコム、iPad用のタッチペン3モデルを発売 位置ズレ軽減+パームリジェクション対応
エレコムは、3月中旬にiPad用タッチペン3モデルを発売。ペン先の接地点と描画位置とのズレを軽減して描き込みやすく、液晶画面に触れても誤作動を起こさないパームリジェクションに対応する。(2023/3/15)

「あつ森」おなじみのどうぶつたちが大人もときめく文具や雑貨に 優しい水彩タッチとふんわりカラーに癒やされる
シリーズで揃えたい。(2023/3/12)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
ぺんてるの新しい“シャー芯”、ぬるっとした書き味を生み出した非常識なアイデアとは?
ぺんてるが13年ぶりに発表した「Pentel Ain」は、書き味の滑らかさに磨きをかけた新しいシャープペンシル芯。若手スタッフが発した非常識なアイデアが誕生のきっかけになったという。(2023/2/21)

2月15日から開催中:
ハンズ、同社最大の文具イベント「文具祭り2023」を開催 限定品を多数展開
ハンズは同社最大の文具イベント「文具祭り2023」を4月2日まで開催している。限定アイテム、先行販売アイテムを取りそろえている。文具好きの需要を取り込む狙いだ。(2023/2/21)

これまでに1億本を販売:
三菱鉛筆、「クルトガ」をさらに改良した新モデルを発売 新学期需要を取り込む狙い
三菱鉛筆は2月20日、「クルトガ 新スタンダードモデル」全8種を発売する。機能面とデザイン面を改良した。新学期準備の需要を取り込む狙いだ。(2023/2/2)

イノベーションのレシピ:
13年間の研究を経て“滑らかな”シャープペン替芯を発売、特殊なオイルを活用
ぺんてるは、シャープペン替芯の新ブランド「Pentel Ain」を発売する。替芯ブランドの刷新は13年ぶりだという。(2023/1/25)

ぺんてる、シャープペン替芯の新ブランド発表 13年ぶりのリニューアルで「なめらかさ」を強化
ぺんてるは1月30日から、13年ぶりにリニューアルしたシャープペン替芯の新ブランド「Pentel Ain(ぺんてるアイン)」を発売する。(2023/1/18)

シリーズ初の「ペン入力」は使いやすい? 選べるペンの書き味は? Amazonの電子書籍リーダー「Kindle Scribe」速攻レビュー
Amazonが新型電子書籍リーダー「Kindle Scribe(キンドル スクライブ)」を発売した。Kindleシリーズとしては初めてペン入力に対応したことが特徴の本機だが、その実力はいかほどのものか。レビューしてみよう。【訂正】(2022/11/30)

あの会社のこの商品:
“ノック音”を66%も減らした! ぺんてる「Calme」の開発秘話 
店頭に並ぶ各社のボールペン。一度気に入ったモノが見つかると長く使い続けられスイッチが起きにくいが、いま「静音ノック」という付加価値で注目を集めているのが、ぺんてるの「Calme」である。状況によっては不快に感じかねないペン先を出すときのノック音をどのようにして低減したのか?(2022/11/17)

縦でも横でもない:
「ナナメ仕切り」のペンケースが登場 コクヨが“見つけた”新構造
コクヨは10月12日、新構造のペンケース「<Nストレージ>」を発売する。斜め方向に仕切りを入れることで、一覧性の良さと収納物の取り出しやすさを実現した。(2022/8/30)

「pingコマンド」で「ピングー」を描く! 技術と遊び心に「なにこれ素敵」「かわいい」
さっそくダウンロードし、パケットの応答で徐々に現れるピングーを投稿する人も。(2022/6/26)

シャープペンシルの“替え芯”ケースをUSBメモリに魔改造! 「すご」「天才」とTwitterで大人気
専門的な知識なしにマネするのはやめましょう。(2022/6/22)

シャープ&イレイサー「SHARM(シャーム)」:
サンスター文具、ペン先で消せるシャープペン発売 「書く」「消す」を1本で
サンスター文具(東京都台東区)は、「書く」と「消す」が1本でできる新型シャープペン「SHARM(シャーム)」を6月中旬に発売する。(2022/6/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。