連載
» 2012年06月21日 17時30分 公開

原発再稼働の判断、権限は国か地方か――マイケル・サンデル教授の「民主主義の逆襲」5000人が白熱した特別講義(3/6 ページ)

[上口翔子,Business Media 誠]

原発再稼働に賛成? 反対?

サンデル それでは話を進めて、さらに論争を呼ぶ問題に話を進めていきたいと思います。原子力発電についてです。

 いま日本では、全ての原発が運転停止となっています(※講演日5月28日)。しかし電力不足の問題もあり、一部の原発は再稼働すべきかどうかという議論があります。それについて、政府が安全だと見なしたものについて再稼働するのは賛成ですか? それとも、仮にこの夏計画停電があるとしても反対ですか?

サンデル 劇的な結果となりました。というのも、ほぼ半々だからです。正確ではありませんが、極めて半々になりました。それでは最初、再稼働するべきだという人の意見を聞いてみましょう。安全だと宣言された原発について再稼働すべきとする理由は何でしょうか?

リョウタ 今現在、節電をしていても電力が足りていないという実情があります。そして、その節電によって犠牲になっているものは非常に多いと思っています。エアコンを28度に上げる。まあこの程度ならいいと思いますけど、そのために創業時間をくり下げて深夜に働いている人もいるわけです。

 私の知り合い工場では、24時間稼働ができなくなったために、売り上げが落ちているというところもあります。こうしたことを考えたときに、今実際に電力は足りていない(だから原発は再稼働すべきだ)と私は判断しています。

サンデル お名前は? リョウタですね、分かりました。いまリョウタは強い実際的な意見を出してくれました。やはり再稼働すべきだと。ではそれに反対意見の人はいますか?

サトシ 電力が足りないのは事実だと思うんですけれども、いつまた日本に地震が来るかという確率も詳しくは知らないですがかなり高いとニュースで報じられています。もしまた地震が来たときに、原発を再稼働していたら安全性が問われるんじゃないでしょうか。

 国民からも、福島原発の事故について挙げられ、他の原発もそうですが、また稼働させると言ったときに賛成意見は得られないと個人的には思っています。

サンデル お名前は? サトシですね。ではリョウタはサトシにどう反論しますか?

リョウタ 今の話は2点の内容があったと思います。1つは、今後も大きな事故が起こる可能性があるので、その危険よりは電力が足りないのはしかたがないという話だと思います。それに関して言えば、いつ起こるか分からない、それが高いかどうか分からない不安のためだけに再稼働をやめるべきというのはちょっと違うかなと思っています。すいません2点目はいま、緊張でふっと忘れてしまいましたので、後でまたやらせてもらえればと思います。

サンデル あ、もちろん大丈夫ですよ。いい議論ができていますよ。そんなに緊張しないでください。ではサトシ、いまリョウタからは事故の危険については常に確率性があるので、そのために再稼働をやめるべきではないという話でした。それにはどう答えますか?

サトシ いつ地震が起こるか分からないのは、頻繁に地震が起こる日本では当たり前です。電気を生むのは原発だけではありません。例えば火力発電だったり、代替案を考えずに原発が一番便利だから、じゃあいま電力が足りないから稼働させようというのは違うんじゃないかと私は思います。(会場拍手)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ