連載
» 2015年02月27日 05時00分 公開

最強の問題解決手法は、「問題を問題視しない」こと捨てる「習慣」(2/2 ページ)

[午堂登紀雄,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

問題を“問題視”しない

 先の3つが一般的な問題解決の考え方ですが、今回は第4のアプローチを紹介したいと思います。

 非常に単純ですが「問題を問題だと認識しない」というものです。他人が「それは問題だ」と言っても、自分が問題視しなければ解決する必要がなくなります。

(写真と本文は関係ありません)

 例えば「自分はぽっちゃり型で、健康診断を受けたらメタボ認定された」という場合。日本の医療の常識から考えると、ダイエットしたほうが良い、となるでしょう。

 しかし「ぽっちゃりタイプのほうが長生きする」というデータがあります。コレステロールが悪いというのは間違っているという説もあります。また、ちょっと太った人を好む人もいたりするわけです。

 そうやって自らの頭で考え、自分の中に合理的な理由があれば、「ぽっちゃり」を気にする必要はない、という判断になることがあります。その瞬間、「メタボ」という問題は問題でなくなり、問題解決も不要となります。

 つまり、他人が提示した問題を自分で考えずして「解決しなきゃいけない」と思い込まない、ということです。自分が本質的に重要に感じられないことは、他人がどう言おうと、できる限り無視するということです。

 社会の幸福とは、結局は社会の構成員である私たち1人ひとりが幸福になることで成り立ちます。だから、まずはあなたやあなたの家族が幸福になるために、乗り越えるべき問題にこそ集中するほうが、建設的で合理的ではないでしょうか。

捨てる「習慣」 その7

  • 「問題解決思考」を捨てられない人:やらなきゃいけない問題が増える
  • 「問題解決思考」を捨てられた人:本当に大切な問題の解決に集中できる

関連キーワード

習慣 | 仕事 | ビジネス


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ