ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「習慣」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「習慣」に関する情報が集まったページです。

ちょうど「A4サイズ」に畳めるTシャツがユーモア満載 着ても収納してもかわいいデザイン
きれいに畳む習慣がつきそう。(2021/5/11)

旧態依然の習慣「PPAP」からの脱却を 問題点と代替策を解説
政府や企業が相次いで「パスワード付きZIPファイルの添付」いわゆる「PPAP」の廃止を発表した。本ブックレット(全24ページ)は、この流れに乗りたい企業に向けて「PPAP問題」の本質と代替策を紹介する。(2021/5/6)

次の駅は「習慣」 御茶ノ水駅で見つかった謎の新駅“消毒駅”が「いいセンスだ」「おもしろい」と話題に
これは停車したい。(2021/4/21)

「サービス契約時にプライバシーポリシーを読まない」が約3割:
サイバー脅威に対応するための「オンラインの日常習慣や知識の正しさ」を評価するテストで日本が世界最下位 NordVPNが調査
NordVPNは、192カ国で実施した「ナショナルプライバシーテスト」の結果を発表した。サイバー脅威に対応するためのオンラインの日常習慣や知識の正しさを評価したもので、日本はほぼ全ての項目において評価対象となった21カ国の中でも特に低い点数だった。(2021/3/31)

ドラッカーが教える成果をあげる人の8つの習慣:
第8の習慣 「私」はではなく「われわれ」を考える
最終回は、組織内の全員に責任感をもたらすリーダーの習慣ついて伝える。(2021/3/16)

人間力でスズキをグローバル企業にしたカリスマ経営者・鈴木修氏退く
 「ハート・ツー・ハート」。6月に相談役に退く鈴木修・スズキ会長(91)は、この言葉をよく口にする。最初に使ったのは、『俺は、中小企業のおやじ』(鈴木修著・日本経済新聞出版社)によれば、1983年、インド進出の基本契約を締結したとき、インドでの会見の席でだった。「人間は皆同じ。言語、風俗、習慣、環境が違っても、心と心が通じ合うことが重要だ」と述べた。(永井隆)(2021/3/12)

ドラッカーが教える成果をあげる人の8つの習慣:
第7の習慣 会議の生産性をあげる
今回の主題は「会議の進め方」ではなく「会議の生産性をあげる」、である。ここでいう、生産性をあげるとは、平たんな言葉でいえば、成果をあげるということだ。(2021/3/9)

ドラッカーが教える成果をあげる人の8つの習慣:
第6の習慣 機会に焦点を合わせる
目の前の問題を解決すれば物事はうまくいくと考えてしまうが、それはマイナスの状態をゼロにするにすぎない。プラスの状態を起こすためには、機会に焦点を合わせなければならない。(2021/3/2)

目標を達成できなければ、お金を没収? 習慣化アプリ「SIZLY(シズリー)」発表
アプリ開発を手掛けるアイザックは習慣化アプリ「SIZLY」を発表した。シズリーは新しく習慣を身に付けるために参加者からお金を預かり行動を促すアプリ。多様なジャンルで50以上のチャレンジを用意している。(2021/3/4)

SaaS型ERPならではの強みを生かす
2層ERP戦略が海外拠点のガバナンス強化とビジネス迅速化に貢献する理由
海外拠点に現地の商習慣や法制度に適応したERPを導入するのは合理的な選択だが、製品選定や導入を現地任せにしてしまうと、経営面でさまざまな不都合が生じる。この課題を解決する方法とは。(2021/3/5)

ドラッカーが教える成果をあげる人の8つの習慣:
第5の習慣 コミュニケーションを行う
仕事において貢献する者は、部下を貢献に方向づけるためにどんなコミュニケーションをしているのだろうか。(2021/2/16)

ドラッカーが教える成果をあげる人の8つの習慣:
第4の習慣 意思決定を行う
意思決定はあらゆるレベルで行われ、今日何をどう決定したかによって明日の成果が決まる。成果をあげるべく働いている全てのビジネスマンにとって、意思決定は極めて重要である。意思決定のためには、4つのことを決める必要がある。(2021/2/9)

コロナ禍で変化する遠隔会議製品のトレンド【後編】
「Web会議」「テレビ会議」が楽しくなる考え方と“自分らしさ”の出し方
新型コロナウイルス感染症が終息しても、Web会議ツールやテレビ会議システムといった遠隔会議製品を使う習慣は残るだろう。日常的に遠隔会議製品を使って快適に働くためのこつは。(2021/2/5)

ドラッカーが教える成果をあげる人の8つの習慣:
第3の習慣 アクションプランをつくる
成果をあげにくくしている4つの現実に身をゆだねてしまえば成果は生まれない。成果をあげている人は、どんな習慣を身に付けているのだろうか。(2021/2/2)

今日からできる組織改善のススメ(2):
テレワークでも「話しやすい」組織の作り方 心理的安全性を守る毎日の習慣とは?
組織として高い目標を目指さなければならない場合、年次や役職に関係なく互いに意見を戦わせながら学び合い、成果を出し続けることが必要です。しかし「部下に発言を促してもなかなか意見や提案が出てこない」といったお悩みをお持ちの管理職や、「自由闊達な意見交換ができる社風の作り方が分からない」という人事担当者も多いのではないでしょうか。「話しやすい」組織にするための実践法をご紹介します。(2021/2/3)

Go AbekawaのGo Global!〜Jonas Rydenhag編(後):
モデルとしてキャットウォークを歩くのは楽しいが、今はコードを書くことが楽しい
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。退職する前任者に代わり、八楽のエンジニアリングを支える存在になったJonas Rydenhag(ヨナス・リデンハグ)氏。ファッションモデルの経験を持つ異色のCTOが考える「成長するための7つの習慣」とは何か。(2021/2/16)

ドラッカーが教える成果をあげる人の8つの習慣:
第2の習慣 組織のことを考える
成果をあげる上司が身に付けている習慣は「部下になされるべきことを考えさせること」。上司は、成果をあげるために何から何まで指示をすることはできないからだ。(2021/1/26)

ドラッカーが教える成果をあげる人の8つの習慣:
第1の習慣 なされるべきことを考える
成果をあげるためには、いくつか簡単なことを行うだけでよいのだ。では、その「いくつか簡単なこと」とは何だろうか。(2021/1/19)

キャリアニュース:
「社内に非効率な商習慣が存在する」と8割が回答、PPAPも8割が受信
アドビが「社内ルールや商習慣に関する実態調査」の結果を発表した。「社内に非効率な商習慣が存在する」と80.6%が回答し、セキュリティの面から廃止の動きがあるパスワード付き添付ファイルを82.0%が受信していた。(2020/12/24)

加藤綾菜、「生活習慣病アドバイザー資格」合格を報告 夫・加トちゃんに「100歳まで頑張ろっ」
努力がすごい。(2020/12/17)

医療機器ニュース:
AIが生活習慣病の発症リスクを下げる生活習慣改善ソリューションを提案
東芝は、生活習慣病の発症リスクを低減する生活習慣改善ソリューションを提案するAIを開発した。同AIは、直近の健康診断結果を基に、5年先までの発症リスクを数値で提示し、リスクを低減するための生活習慣改善ソリューションを提案する。(2020/10/27)

統合的な体験からエンゲージメントを最大化:
資生堂「ワタシプラス」が目指すニューノーマル時代のCRM 「ECがゴールではない」の真意
コロナ禍でオンラインショッピングの習慣は一気に定着した感があるが、化粧品カテゴリーはその商品特性から全面的なECシフトが難しいところもある。ECがゴールでないならば、資生堂が「ワタシプラス」で目指していることとは何なのか。(2020/10/26)

同じダイエットは「二度とできない」 ダイエット難民に習慣化をオススメする『アスクミ先生に聞いてみた』18時間目
無理なくコツコツ習慣化。(2020/10/19)

「お酒は1日2杯まで」「夜遅くの食事は週3回まで」 東芝、生活習慣の改善策を助言するAI開発
東芝が、健康診断結果などを解析して生活習慣の改善策をアドバイスするAIを開発した。分析結果をもとに具体的な行動内容を提案し、生活習慣病の発生リスクを減らす手助けをする。(2020/10/15)

市バス運行をモニタリングする実験:
AI搭載ドライブレコーダーを活用し運転習慣や技術を可視化 ドコモが神戸市で実証実験開始
神戸市とNTTドコモ、ドコモ・システムズは、「AI搭載通信型スマートドライブレコーダーを活用した市バスの運行モニタリング実証実験」を実施すると発表した。クラウドやドライブレコーダーなどを組み合わせた機能とデータ活用について検証する。(2020/10/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
50代でうまくいく人の無意識の習慣
50代になると、多くの人は元気がなくなってしまうが、50代という年齢でなければできないことはたくさんある。「本番はこれからだ、まだ始まっていない」というくらいの気持ちでいることが大切。(2020/9/24)

「健康的なコンビニ食の選び方」紹介した資料が実践的 生活習慣病予防から「飲みすぎた」「むくみが気になる」程度の悩みまで
コンビニ食を頻繁に利用するすべての人が参考にできそうな資料です。(2020/9/8)

KDDI、ベンチャー4社と健康管理アプリ 豊島区と連携し21年に商用化を目指す
KDDIがベンチャー企業と連携し、スマートフォンで体重、脈拍、歩数や生活習慣病の発症リスク度を表示するアプリを開発する。東京都豊島区と共同で進める東京都の公募事業でアプリを活用し、2021年4月以降の商用提供を目指す。(2020/9/7)

毎朝飼い主をよんで背のび→抱っこをせがむ猫がかわいい! 猫の習慣を描いた漫画に愛を感じる
ネコちゃんののびーに使われたい!(2020/9/2)

コロナ禍で成長が再加速するEC市場【前編】
新型コロナが「ECブーム」を引き起こした3つの要因
新型コロナウイルス感染症の流行で、消費者と企業の新しいオンライン販売習慣が形成され、「EC」がブームとなっている。このトレンドは1年、あるいは永遠に続く可能性もあると専門家は予測する。(2020/8/31)

オンライン診療サービス3種を比較【YaDoc編】
患者が生体・生活データを自ら入力、生活習慣の自発的改善を促す「YaDoc」
インテグリティ・ヘルスケアのオンライン診療サービス「YaDoc」は、患者の日々の生活や健康状態を記録し、可視化できる。これらの機能は臨床にどのような効果をもたらすのか。(2020/7/30)

医療機器ニュース:
健康診断結果から6年先の生活習慣病リスクを予測するAIサービスを開始
東芝と東芝デジタルソリューションズは、健康診断の結果から6年先の生活習慣病リスクを予測する「疾病リスク予測AIサービス」の提供を開始した。(2020/7/28)

家電の裏に購入日を直書き!? 親の「かっこ悪い習慣」に反発する娘の漫画が衝撃のラストを迎える
親、理由があってやってたんだなあ……。(2020/7/15)

生活習慣病の予防や改善のニーズが高まっている:
生活習慣病リスクを6年先まで予測、東芝らが「疾病リスク予測AIサービス」を提供開始
東芝と東芝デジタルソリューションズは、SOMPOホールディングスと共同開発した疾病リスク予測AIサービスの提供を開始する。生活習慣病リスクを予測し、糖尿病発症については、6年先までのリスクを90%以上の精度で予測する。(2020/7/14)

半径300メートルのIT:
セキュリティ的に意味なし “旧ノーマル”な職場にはびこる習慣、その名も「PPAP」を知っていますか
テレワークやクラウド化が進む昨今、職場や生活の“ニューノーマル”として、今までのIT運用や習慣を見直す動きが出てきています。そこで今回、職場の“セキュリティ対策”とされている習慣のうち「実はそれ、セキュリティ的に意味がないんです。いらないんです」と言いたいものを2つご紹介しましょう。皆さんも、実はよく知っているかも――?(2020/6/23)

ポケモン×歯磨きゲーム「ポケモンスマイル」いきなり配信開始 ゲームで遊びながら日々の歯磨き習慣をサポート
楽しそう!(2020/6/17)

「2キロ痩せた習慣」 武田久美子、1カ月食べ続けた食品に「簡単で美味しそう」「早速作ってみよー」の声
無理なく続けられそう。(2020/6/16)

「Galaxy Watch」で手を洗う習慣をサポートするアプリ「Hand Wash」
SamsungがGalaxy Watchなどの同社のスマートウォッチ向けアプリ「Hand Wash」を公開した。手を洗うタイミングにアラートを表示したり、正しい手洗いに必要とされる20秒をカウントダウンする機能がある。(2020/6/4)

ツイート時刻から「生活習慣の乱れ」を可視化してくれるアプリが登場 「ツイ廃判定アプリ」「なんて恐ろしいものを」
自分と向き合うという意味では恐ろしいアプリ。(2020/6/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
アパレルから音楽まで、米国で加速するマスクビジネス 日本人が学べる“精神”とは
新型コロナ以前はマスクをつける習慣がなかった欧米で「マスクビジネス」が急速に拡大している。ファッションやスポーツのブランドのほか、音楽業界でも布マスクの販売によって寄付や自助につなげようとする動きが活発だ。日本も学ぶべきメンタリティがある。(2020/5/14)

しょうゆさしが「ケータイする除菌」に “注文キャンセル”相次ぐ容器メーカーを救う「#SafeHandFish」プロジェクト発足
クリア電子、大石屋、エードットの3社は、協働プロジェクト「#SafeHandFish」を発足。「魚型のしょうゆさし」に除菌液を充填する使い方を広めることで、食の場面を通して除菌の意識と習慣を啓発していく。宴会やイベントの中止・自粛によって困っている容器メーカーの救済にもなる。(2020/4/27)

テレワーク「特需」の懸念:
ガートナーがテレワーク導入時に注意すべきポイントを発表、「資料のデジタル化」「労務管理」など
ガートナー ジャパンは、テレワークを導入する企業が注意すべきポイントを発表した。「単にシステムを導入して使うだけでは不十分で、ビジネス文化や習慣、マネジメント層の意識改革も求められ、一朝一夕で成功するものではない」と注意を促している。(2020/3/16)

資料のデジタル化や労務管理など:
「テレワークへの取り組みがうまくいかなかった5つの要因」の対処法 ガートナー
ガートナー ジャパンは、テレワークに取り組もうとする企業が注意すべきポイントを発表した。単にアプリケーションを導入して使うだけでは不十分で、ビジネス文化や習慣、マネジメント層の意識改革も求められ、一朝一夕に成功するものではないと注意を促している。(2020/3/16)

新型肺炎が教える中国ビジネスのリスク(1):
新型肺炎が教える中国ビジネスのリスク パンデミックが多発する中国との付き合い方
新型肺炎の感染拡大が連日のように報道されている。報道を見れば見るほど、私たち日本人は「中国リスク」を痛感させられているのではないだろうか。本連載では中国ビジネスについての歴史的な経緯をクローズアップ。中国となんらかの関わりを持つ人が事前に知っておくべき教養と、新型肺炎がもたらすリスクについて取り上げていく。第1回目は、報道があまりなされない中国の食文化・食習慣と新型肺炎の関連性についてふれる。(2020/3/3)

「素敵な旦那さん」「愛されてますね」 安達祐実が明かした夫・桑島智輝の“愛の習慣”に反響
お花のプレゼントはなかなかできない。(2020/2/13)

外国人アルバイト、実は1カ月で多くが辞めていた 85%が上司や先輩との人間関係の不満で退職
言葉や習慣のちがいでハードな職場がよりキツく。(2020/1/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
平成と令和で変わった「稼げる人稼げない人の習慣」
令和の時代の稼げる人は「ワンピース・ジョジョ型人材」。(2019/10/31)

医療機器ニュース:
気軽に糖代謝状態を推定できるデバイスが、CEATEC AWARD 2019を受賞
京セラが新しく開発したヘルスケアデバイス「糖質ダイエットモニタ」が、「CEATEC AWARD 2019」スマートX部門の準グランプリを受賞した。気軽に糖代謝状態が推定できる同デバイスの利用が広がることで、生活習慣病の予防や医療費削減につながる。(2019/10/30)

メールの使い方に特徴:
メールを好むが時間はかけない日本人、アドビが調査
アドビ システムズの電子メール利用実態調査によると、日本人は平日にメールチェックに費やす時間が最も短かった。未読メールをゼロにする習慣がある割合は51%。対面でのコミュニケーションを望む人は11%、メールを望む人は38%だった。(2019/10/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
いくつになっても「求められる人」の小さな習慣
40歳を過ぎると、転職や再雇用という話が出てくるが、そこで求められる人になるにはどうすればいいのだろうか?(2019/9/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。