ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「習慣」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「習慣」に関する情報が集まったページです。

「味が変化するスプーン」をキリンHDが商品化 電気で感じ方、減塩食でも“満足”
電気で味の感じ方が変化する「電気味覚」効果を活用しており、減塩食に満足できない人々の食習慣改善に貢献することが期待される。(2024/5/21)

6人家族の“すてきな習慣”が100万再生突破 自分の思いを伝える練習に「学校で苦手意識なくなりますね」「ぜひやってみたい!」
ぜひとも広めたい習慣!(2024/5/18)

システムと業務の標準化のポイントとは
人材不足、グローバル化……中堅・中小企業の事業継続の課題にどうやって挑む
人材不足や日本独自の商習慣を背景に業務やシステムが属人化し、事業継続やグローバル化の難しさを感じる企業は多いだろう。その解決のアプローチを専門家に聞いた。(2024/5/14)

80代一人暮らし女性の“その都度が大事”なキッチンお掃除術 毎日少しずつ……の習慣に「尊敬しかない」「すごくやる気をもらえます」と称賛の声
どこも本当にきれい……!(2024/5/2)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
「マーケを学んだが、実践で使えない」 不足する“リアリティー”を磨く生活習慣術
マーケティングの基礎学習を重ねても、「なぜか実践で使えない」という事態に陥ることはよくある。その理由は「リアリティーの不足」にある。リアリティーを磨くために日常でできる習慣を紹介する。(2024/4/10)

リンゴに化粧をしたら…… 美しく生まれ変わった姿に「私よりも優れたスキンケア習慣を持っている」の驚きの声
衝撃のラストにも注目。(2024/4/7)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
心当たりありませんか マイボトル、「持っているけど使わない問題」
「出先でペットボトルを購入する」という行為が習慣として深く身についてしまっていることを実感します。(2024/4/4)

令和の無駄学:
なぜ歯磨き粉はミント味? ヒット商品の誕生には「無駄」が必要なワケ
みなさん、最近無駄話をしていますか? 博報堂ヒット習慣メーカーズでは、これらの「無駄」こそ今の社会に必要なものだと考えています。本記事では、無駄こそが真の豊かさを求める上で最強の武器になると思う理由についてお話しします。(2024/4/2)

auが沖縄で「一人勝ち」するワケ 本土とは異なる商習慣「オキナワ・ルール」に学べ
なぜ「沖縄支店」を作らない方がいいのか。なぜあえて言葉の定義にこだわりすぎない方がいいのか――。本土とは異なる、沖縄特有の商習慣とは。(2024/3/29)

株式会社ビズリーチ提供ホワイトペーパー:
PR:「ダメな面接官の10の習慣」とは? 面接の質を高めて採用力を上げるヒント
全ての面接官は、「良い人材を採用したい」という思いで面接に臨んでいる。しかし、なかなか思い通りにいかないのが実情だ。その原因はどこにあるのだろうか。人事のプロが明かす、“面接の落とし穴”から課題解決の糸口が見つかるはずだ。(2024/3/28)

「本当に犬か?」飼い主のひざに横たわると、まさかの“習慣”が始まり……? 衝撃の光景に「うちの子はできない」「すごい」
嫌がらないワンちゃんめずらしい!(2024/2/13)

医療技術ニュース:
1人暮らしの男子大学生は飲酒頻度が高くなることが明らかに
大阪大学は、大学生を対象とした追跡調査により、1人暮らしや寮生活をしている男子大学生は、家族と暮らしている男子大学生と比べて、週4回以上の高頻度の飲酒習慣になるリスクが高いことを明らかにした。(2024/2/7)

「ポケモンスリープ」で計測した睡眠時間、日本は3カ月で平均1時間10分増 「やればできるんだ」と専門家
ポケモン社は26日、「ポケモンスリープ」による睡眠習慣の変化について、7カ国約15万人を調査した結果を発表した。(2024/1/26)

Itmedia Security Week 2023秋 イベントレポート:
川口 洋氏が提言、エンドポイントを守るために今すぐ“やめるべき”5つの習慣
なぜエンドポイントでインシデントが発生するのか。それは5つの穴を放置しているからに他ならない。川口設計の川口 洋氏が今すぐ見直したいエンドポイントの課題を明らかにした。(2024/1/18)

NHK、紅白視聴率&公式配信の結果を発表 配信視聴UB数は前年比1.5倍の伸び 「視聴習慣の変化が」
NHKプラスでの同時&見逃しのUB数などを発表。(2024/1/10)

事例:
「データを毎日見る習慣がつき、業績も上がった」 ソニー銀行、4年かけたDXの成果
ソニー銀行は4年間のDXの取り組みを発表した。従業員のデータ活用が浸透し、2022年の経常利益は導入前の18年と比較し122%増加しており、「データ活用が業績好調の要因の一つではないか」と説明した。(2023/10/6)

「スマートバスマット」で減量や運動を支援するサービス、issinが発表 AIと専門家チームが“行動変容”促す
「スマートバスマット」を展開するissinは5日、ユーザーの生活習慣改善や運動を提案するサービス「スタイルアッププログラム」を提供すると発表した。まず法人向けに展開し、年内をめどに個人向けサービスも始める。(2023/9/5)

CEOに聞いた:
「衣類破棄がそもそも存在しないビジネスを」 アパレルテック企業が見出した意外な販路
世界で生産された衣料のうち60%以上は廃棄されている。これらは「商習慣」と見なされ、半ば諦められてきた。こうした「業界の常識」をDXの力で破壊しようというスタートアップ企業がGOOD VIBES ONLYだ。(2023/8/11)

Makuakeで先行販売:
ソースネクストがミリ波レーダーを活用した「高齢者見守りデバイス」を発売 そのワケは?
ソースネクストが、高齢者向け見守りソリューションを提供する「Tellus You Care」と協業して新しい見守りデバイス「POM(ポム)」を発売する。自動車の自動運転にも使われるミリ波レーダーを活用して非接触で睡眠習慣や心拍数をモニタリングすることが特徴で、9月30日までMakuakeで先行販売した後、自社オンラインショップなどで発売する予定だ。(2023/8/3)

組み込み開発ニュース:
ソースネクストが高齢者見守りサービス参入、ミリ波レーダーで非接触モニタリング
ソースネクストとTellus You Careが、一人暮らしの高齢者の睡眠習慣や心拍数などを60GHz帯のミリ波レーダーを用いて測定し、非接触モニタリングによる見守りを可能にするデバイス「POM」の国内販売で協業すると発表した。(2023/8/3)

法制度・規制:
LPガス業界の商習慣是正へ省令改正が決定、罰則や実効性確保に向けた方策は?
賃貸集合住宅における機器の「無償貸与」や、過大な営業行為など、その商習慣が問題視されているLPガス業界。政府ではその是正に向け、省令改正などを行う方針だ。このほど省令改正に向けた具体的なスケジュール案や、取り締まりの強化および実効性の確保策が示された。(2023/8/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「即レス」は脳を疲弊させる?! 能力発揮するための睡眠習慣とは
オンとオフの切り替えがはっきりしていないためにこのリズムが狂ってしまうと、毎日の睡眠で疲れが取りきれず、心身ともに疲弊していく。どうすればいいのだろうか。(2023/7/27)

墓参り習慣のある人は?:
墓参りに行かない理由 3位「面倒くさい」、2位「習慣がない」、1位は?
リサーチ業務などを手掛けるプラネットが墓参りに関する調査を実施した。墓参りに行く習慣のある人の割合や墓参りに行かない理由も明らかになった。(2023/7/12)

「ポケモンスリープ」は7月下旬に公開 カビゴンを育てて睡眠習慣を整える
ポケモン社6日、スマートフォンアプリ「Pokemon Sleep(ポケモンスリープ)」を7月下旬にリリースすると発表。その内容を紹介する動画も公開した。(2023/7/7)

遊びながら運動習慣を──子ども向け運動用スマートシューズ、バンダイが発売
バンダイは6日、子ども向けの運動用スマートシューズ「DIGICALIZED」(デジカライズ)を発表した。専用アプリと合わせて「楽しみながら運動習慣が身につく」という。(2023/7/6)

運動を始めたきっかけ:
社会人がしている運動 3位「ランニング」、2位「散歩」、1位は?
社会人は普段、どのような運動をしているのだろうか。運動習慣がある社会人に聞いたところ……。(2023/5/24)

法制度・規制:
問題視されるLPガス業界の商習慣、是正に向けた制度改正の内容が具体化
集合住宅における機器の「無償貸与」や、建売住宅における「無償配管」などの商習慣が問題視されているLPガス業界。資源エネルギー庁ではこれらの問題の解決に向けて、制度改正の具体的な内容の検討を開始した。(2023/5/18)

5月病の原因 3位「生活習慣の変化」、2位「人間関係」、1位は?
積水ハウス(大阪市)は、全国の20〜60代の男女を対象に「5月病に関する調査」を実施した。5月病の原因1位は、コロナ禍前後ともに「出社のストレス」だった。(2023/5/8)

日程調整SaaS対決:
生産性を激上げする日程調整ツール対決 Calendly vs Spir
発展途上の日程調整ツールではあるが、コロナ禍を経て確実に変わった商習慣の中ではこれまで以上に業務の効率化に寄与してくれるはずだ。私は近いうちに「日程調整ツールで候補日程を提示しないのは失礼だ」と言われる日が来ると信じている。それぐらい、メールやチャットでのアナログな日程のやり取りには無駄が多い。(2023/3/31)

朝活で支持:
無料で1サイズアップ スタバのモーニングが「仕事前のモチベアップ」に向いているワケ
朝食は食べた方がいいのが分かってはいる……しかし、用意するのが手間だったり、習慣づかなかったりと悩んでいる人は少なくない。そこで紹介したいのが、スターバックスが提供する「サイズアップモーニング」だ。(2023/3/25)

アヲハタ調べ:
朝食がビジネスにもたらす影響は? 男女3000人に調査
アヲハタは男女3000人を対象に、朝食に関する調査を実施した。朝食習慣のある人はない人と比較して、日常生活の悩みが少ない傾向に。若い世代ほど、平日に朝食を摂る人が少ないことも明らかとなった。(2023/3/18)

4年ぶりのシリーズ新商品:
なぜ洗顔「後」専用の「鼻セレブ」発売? 背景に若者の新習慣
王子ネピア(東京都中央区)は3月22日から、「ネピア 鼻セレブ洗顔専用」を発売する。同商品は、若年層を中心に、洗顔後にティッシュなどの使い捨て製品で顔をふくユーザーが急増していることに着目した。(2023/3/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
脳は何歳からでも若くなる 若さを維持する人のちょっとした習慣術
脳の老化現象である「老人脳」は後天的な原因で起きており、日々のさまざまな習慣の積み重ねによって変えることができるという。(2023/3/16)

18.9キロ増の大家志津香、AKB時代の激太りショットを自ら掘り起こす “昼飲み”習慣のはて人生MAXの領域へ
アイドル時代の体重を本人解説。(2023/3/13)

法制度・規制:
LPガス業界の取引適正化へ制度改革を検討、問題視されている商習慣とは?
資源エネルギー庁が7年振りに「液化石油ガス流通ワーキンググループ(WG)」を開催。以前から指摘されている、いわゆる「無償貸与」「無償配管」といったLGガス業界特有の商慣行の適正化に向け、制度改革の検討を開始した。(2023/3/10)

3月10日から:
LUSH、「日本酒」イメージのバスボムを展開 新習慣として訴求
ラッシュジャパンはバスボムシリーズ「祝いの一服」を日本・数量限定で3月10日に発売。日本酒から着想を得ており、日本のお風呂文化に合わせて開発した。ミニサイズの展開で、毎日のバスタイムへの新習慣として訴求する。(2023/3/9)

CIO Dive:
1日2.4時間が無駄に、気付かぬうちに生産性を落とす悪習慣とは
Forresterの調査によると、大企業の従業員は平均367個のアプリを使って、日々業務を遂行している。情報集約性の問題から、業務に必要なデータや情報を探すのに1日2.4時間かけている。(2023/2/13)

第1回:部下が辞める悪習慣から脱却する「7つの神ルール」
7つのルールを実行し、10日すると日常風景が変わり、20日で職場環境や自分自身の心持ちも変化する。部下が「辞めたくなる環境から」からいかにして変わるのか。(2023/1/24)

今日のリサーチ:
シニア層の3割超で「寝る前スマホ」「寝起きスマホ」が習慣化――ADKマーケティング・ソリューションズ調査
コロナ禍を経てシニア層のデジタル活用がますます進展しています。特にシニア女性はスマホ片手のながら視聴が約6割と利用度・依存度が高まっています。(2023/1/19)

Marketing Dive:
CMOの首筋が寒くなる、2023年の3つの逆風トレンド
Gartnerの予測によると、マーケティング責任者は2023年、景気低迷とデジタル習慣の変化の中で、予算を削られつつ独立性を保つために戦う必要が生じるかもしれない。(2022/12/27)

「東海オンエア」てつや、峯岸みなみの“鶴の一声”で7年間の習慣に終止符 「俺に必要なのは健康と妻だけ!」
おとこ気あふれすぎてるよ。(2022/12/29)

2歳息子「ほんさん、おもちゃさん……」 小さな男の子のおやすみ前の“ナイトルーティーン”がかわいすぎる
すてきな習慣。(2022/12/12)

ビジネスパーソンに聞いた:
TikTokは仕事に役立つ? 「スキルアップにつながった」視聴者の6割
B2Bサービスの比較メディアを運営するGO TO MARKETは、「ビジネスパーソンのTikTok視聴習慣に関するアンケート調査」を実施した。視聴頻度を聞いたところ……。(2022/12/5)

非接触型決済が英国で急成長の「謎」【後編】
非接触型決済が英国で急拡大する「新型コロナ」よりも深い理由
コロナ禍が店頭での支払い習慣に変化を及ぼしたことは明らかだ。ただし決済用カードによる非接触型決済が英国で急速に普及している背景を見ると、それ以外の要素も大きく影響していることが分かる。それは何なのか。(2022/11/18)

ビジネス環境の変化を捉えて:
プロ人材の半数以上が「学び直し」経験アリ 仕事に活用できている?
サーキュレーション(東京都渋谷区)は、同社の登録プロ人材に対して「プロ人材になるためのキャリア形成とリスキリング習慣調査」を実施した。(2022/11/10)

働き方の「今」を知る:
「仕事ができない人」に特有の、3つの思い込み
仕事ができる人とできない人の違いは何か。ちょっとした習慣や物事の捉え方のコツをつかめば、できない人を脱却できるかもしれない。「できない人の思い込み」を基に、そのヒントを解説する。(2022/11/10)

「若者のお歳暮離れ」のワケ 3位「金銭的余裕がない」、2位「自分ももらうことがない」、1位は?
新潟味のれん本舗は、全国20〜30代で既婚の男女に「若者のお歳暮離れ」に関する調査を行った。お歳暮を贈ったことがない割合は58.4%と過半数を占めた。贈らない理由を聞いたところ、最も多かったのは「もともと贈る習慣がないため」だった。(2022/10/30)

“沼る”ビジネスパーソンの共通点:
だからあなたは嫌われている 好かれるビジネスパーソンが心掛ける5つの習慣
どんな職場にも存在する「煙たがられている人」。ビジネス書作家で「気配りコンサルタント」の後田良輔さんは、「嫌われる人は性格の問題ではなく、自身の常識と受け手の常識のミスマッチから生じる」と説明する。連載後編では、好かれるビジネスパーソンが心掛ける5つの習慣を解説してもらう。(2022/9/25)

LINEが5000人にアンケート:
アフターコロナも続けたい習慣 3位「換気」、2位「キャッシュレス決済」、1位は?
無料通信アプリを手掛けるLINEは、全国の男女5000人を対象に「アフターコロナ」に関する調査を実施した。感染収束後も続けたい習慣やサービスについて尋ねたところ、全体1位は「こまめな手洗い・うがい」で6割を占めた。(2022/9/14)

「姿勢が悪い」「画面に目が近い」:
眼鏡に付けるだけでOK 目に悪い行為を“震えて知らせる”デバイス登場
クリア電子は8月17日、眼鏡に付けることで正しい習慣を促し、近視を予防するデバイス「アイケア―クリップ」を発売した。「(対象物に)目が近い」「姿勢が悪い」「部屋が暗い」といった行為をセンサーで察知する。(2022/8/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。