ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「疲労」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「疲労」に関する情報が集まったページです。

ウェアラブルEXPO:
長時間付けても疲れないスマートグラス、カメラ部を胸に分離した新形態も
山本光学は「第6回ウェアラブルEXPO」(2020年2月12〜14日、東京ビッグサイト)に出展し、同社が展開するスマートグラス「Versatile(バーサタイル)」と同グラスを活用したアプリケーション群を紹介した。(2020/2/20)

手帳ブランドによるデジタル革命
モレスキンのツール&アプリが提案する「PowerPoint文化からの脱却」
手帳ブランドとして知られるMoleskineが今、紙とデジタルの融合による新たな文化を提案している。同社の製品は“PowerPoint疲れ”している企業文化に一石を投じる。(2020/2/10)

高橋克典、過労ダウンの原因が“大河撮り直し”との報道を否定 沢尻エリカ容疑者には「当てつけがましく何か言う気持ちは微塵もありません」
報道に対して言及した高橋さん。(2020/1/9)

なぜ、痛ましい事件が相次ぐのか:
ブラック企業大賞を2年連続で受賞した三菱電機 過労死を繰り返す「隠蔽」の構図を探る
19年夏に三菱電機で発生した社員の自殺。激しいパワハラが問題視されたが、同社のこうした事件はこれが初めてではなかった。なぜ、痛ましい事件が相次いでしまうのか。背景には、遺族の訴訟や申請を「コスト」と見なし、事実を隠蔽する姿勢が透けて見える。労働問題に詳しい今野晴貴氏が解説する。(2020/1/8)

伸びをして「ふぁあ〜」 うさぎの小さなあくびに日々の疲れが癒やされた人々「ありがとう」「完璧にかわいい」
リピート再生していっぱい癒やされたい。(2020/1/5)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「また違法残業」の電通 過労死のリアルを理解しないトップに問う“責任”
長時間労働削減に取り組んでいたはずの電通が、また違法残業で是正勧告を受けていたと報じられた。長時間労働が死に直結するというリアリティーを社員が持てないのはトップの認識の甘さ。「過労死」という言葉の歴史と重みを考えれば、「また違反」はありえない。(2019/12/13)

【漫画】人生に疲れたお姉さんが拾ったのは「馬タクシー」 不思議で尊いハッピーエンドに「好き」「優しい世界」
4ページに人生と癒やしと尊さが詰まってる……。(2019/12/11)

ワンコ「なんやこいつら……?」 飼い主との自撮りに困惑するコーギー ジワジワくる表情がかわいい
疲れたときに何度も見たい。(2019/12/5)

新米ママおつかれさまです! 吉木りさ、夫・和田正人が撮影した“気絶ショット”がリアルなママの顔
そりゃ疲れるよな……。(2019/12/1)

平日は「仕事で疲れて絵が描けない」→そして土日は…… 創作活動する人の1週間を描いた漫画があるあるすぎる
身に覚えがありすぎる……。(2019/11/11)

今日のリサーチ:
若者の「ハロウィーン疲れ」が始まっている?――BookLive調べ
令和最初のハロウィーンをどう過ごすのか。総合電子書籍ストア「BookLive!」で過去半年以内にマンガジャンルの作品を購入した20〜30代の男女1099人を対象にした調査です。(2019/10/30)

国内企業の2割で“DX疲れ”か その最大の要因とは――IDC
IDCによると、デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業の2割で推進意欲が減退していると判明した。その最大の要因とは。(2019/10/16)

「ナニコレ?」「きっと作者が一番疲れてる」 単調な毎日に疲れたOLがカフェで生気を取り戻す漫画に困惑する読者が続出
そう、彼女は刺激を求めていたのだ……?(2019/10/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
休日も“心”は疲弊 働きがいに影を落とす「休み方」の落とし穴
2019年版の労働経済白書では「働きがい」を数値化して分析。「休み方」と働きがいの関係も調査された。ただ休むだけでなく、仕事から心理的距離を置いたり、仕事以外の時間をチャレンジのきっかけにしたりできる休み方をしないと、“心の疲れ”は癒やせない。(2019/10/11)

ドライバーの疲れを検知、空調など自動調節 近未来のクルマの運転席、三菱電機が開発
三菱電機が近未来の自動運転車の運転席を想定したコンセプトキャビン「EMIRAI S」を発表。最新のヒューマンセンシング技術と音声認識技術に対応し、ドライバーの体調に応じて車内環境を自動調整する機能などを持つ。デモを体験できるブースを東京モーターショーに出展する。(2019/10/9)

関智一が生放送中に熟睡し放送終了まで目覚めなかったハプニングが逆に癒やしと話題に 「お疲れだったんだろうなぁ」「ほっこりする」
お休みなさい関さん。zzz……。(2019/10/8)

半径300メートルのIT:
国際会議や取材で大活躍の文字起こしツール、Otterの機能と注意点は?
多くの日本人エンジニアを悩ませる「英語」。筆者も例にもれず、同時通訳なしの講演や英語でのテレカンに参加する際の緊張感と疲労といったら相当なものです。今回は心強いツールに助けられたものの、注意すべき点も忘れてはいけません。(2019/10/8)

疲れているときシャワーを浴びるとどこまで洗ったかわからなくなる実録漫画に「私も」と共感の声集まる
リンスしてそのまま出てしまうこともあるある。(2019/10/7)

データをスムーズに収集してAIを導入する方法
日本企業の「PoC疲れ」解消に必要な3つのポイント
日本企業のAI活用は、一部の先進的な企業を除いてなかなか進展しない。AI向けのデータ整備や判定ロジックのチューニングなど、高度な技術が必要に見えるが、いまはその状況も変わりつつある。(2019/10/2)

ずーっと見ていたい 睡魔に勝てずウトウトする子猫がかわいい
疲れた子猫がお船をこいでいます。(2019/9/13)

「星屑ブレンド」「満月バターのホットケーキ」……疲れた人だけがたどり着ける架空のコーヒースタンド「満月珈琲店」がステキ
マスターは大きなにゃんこ。(2019/9/7)

制振:
耐久性を10倍高めた制振ダンパーを開発、「Aichi Sky Expo」に16本を初適用
竹中工務店ら3者は、一般的に使われている鋼材に比べ、疲労耐久性を約10倍に高めた「Fe-Mn-Si系耐疲労合金」を用いたブレース型の制振ダンパーを開発した。同社が設計・施工を手掛けた愛知県国際展示場の西棟に、制振ダンパー16本を初採用したという。(2019/9/4)

遊び疲れたニャ ソファから落ちそうになっても起きない大爆睡中のネコ兄妹
ぐ〜すかぴ〜。(2019/9/1)

「もう、疲れました」「さようなら」 “夜回り先生”水谷修の嘆きに心配の声、数日前には「一番怖い1カ月が始まります」
多忙な中で多くの子どもや親たちの相談に乗り続けていました。(2019/8/22)

プレミアムコンテンツ:
医師や看護師の「燃え尽き症候群」を減らす、医療ITベンダーの挑戦
米国の医療業界では「電子カルテ疲れ」が医療従事者の燃え尽き症候群の原因になっていると考えられている。医療ITベンダーは、簡便で使いやすいUIの開発や仮想アシスタント技術の活用によって、この問題の解決を目指している。(2019/8/9)

遊び疲れて帰った夜、寝たフリしたまま親に運ばれ…… 子どものころの一コマ描いた漫画に懐かしさがあふれる
同じような経験をしたことがある方、多いのではないでしょうか。(2019/7/12)

“どこにでもいる普通の先生”が過労死ラインを突破する根本原因とは 現役教師が語る「ブラック職場としての学校」
教員の部活動の負担を減らす動きが進んでいますが、「根本的な問題はそこじゃないだろ」。(2019/7/25)

中学教員「残業100時間超は当たり前。“残業代”は1〜2万円」 現役教師が語る「ブラック職場としての学校」
「普通の時期」でも過労死ラインを40時間オーバー。(2019/7/22)

“アラート疲れ”に悩むEDRの運用現場から:
PR:エンドポイント対策製品の選び方──“脅威インテリジェンス”がカギとなる
重要性が増すエンドポイントのセキュリティ対策。だが、多過ぎるアラートに疲れていないだろうか? 本稿ではエンドポイント・セキュリティ対策の選び方を解説。ベンダー選びで注意をしたい3つのポイントを紹介しよう。(2019/6/27)

IT化と業務効率化を同時に進める
医療大手が医師の“IT疲れ”を解消するために取った方策とは
EHR(電子医療記録)に関する、医療従事者の作業負担は増えつつある。IT化に伴う医師の疲弊を軽減するためのITツールを開発し、“ITをもってITを制する”ことを試みるKaiser Permanenteの事例を紹介する。(2019/6/6)

圧倒的感謝っ……! 藤原竜也主演の映画「カイジ」最新作が9年ぶりに公開、原作には無い新たな4つのゲームも
カイジの熱演に藤原さん「脳みそが疲れて大変でした」(2019/5/31)

「激辛の奥の旨味に気がついて欲しかった15年」 『闇金ウシジマくん』最終巻に向け作者が思いをつづる
本当にお疲れさまでした……!(2019/5/29)

医療技術ニュース:
骨格筋細胞のマイクロ構造をMRIで可視化する技術を開発
慶應義塾大学は、MRIを用いて骨格筋細胞のマイクロ構造を可視化する技術を開発した。この手法が確立されれば、運動器の機能、疲労、トレーニング、疾患などの定量評価が可能になると期待される。(2019/5/28)

疲れたら猫に顔面を置くだけ充電! 猫を連れて出社したい漫画が夢のようなお仕事ライフ
会社に猫がいることを想像してみてください……是非ご検討頂きたく……。(2019/5/27)

「わたし、定時で帰ります。」“帰れない”ではなく“帰らない”柄本時生の「もういいや、なんか疲れた」に共感 吉高由里子の「私たちには給料日がある」がしみる
「夢や希望はあるんですよね?」の質問に答えられない吾妻がつぶやきに胸が締め付けられた。(2019/5/14)

「人と会うと疲れる」「拒絶されると心が死ぬ」 現代のモヤモヤと向き合うエッセイ漫画『生きやすい』
生きづらくても生きていく。(2019/5/11)

芸能人が天皇陛下に「お疲れ様でした」で炎上 → 国語辞典編集「新しい謎ルールの誕生としか言えない」
「目上には失礼」は「新たな謎ルールの誕生」なんだそうです。(2019/5/8)

これが“ネコチャン”に見えたら疲れているので寝ましょう 道端の石を猫と見間違える人続出
もうあかん、寝よ。(2019/5/4)

GWの人ごみに疲れたパパを癒す「お父さん預かりサービス」が大阪・なんばに登場 ビール片手にマットでごろごろ
子どもと一緒に利用可能。(2019/4/25)

疲れにくくて乗りやすい マツダが考えた最強の教習車、その名も「マツダ教習車」新型誕生
ペダルレイアウトや各種調整機能を盛り込んだ親切設計。(2019/4/25)

「疲れ吹っ飛んだ」「犬かな。私は」 木村カエラ、子どもが描いたハイセンスな“ママの絵”に癒やされる
これぞ癒やし……。(2019/4/24)

材料技術:
強度設計や材料選択の基盤となる、データシート5冊を発行
物質・材料研究機構は、2018年度分の構造材料データシートとして、「長時間クリープ試験材の微細組織写真集」「アルミニウム合金の疲労データシート」など、新たに5冊を発行した。(2019/4/23)

PR:社内の“Excel疲れ”で仕事がうまく回らない……を解決する方法
(2019/4/22)

Gartner Insights Pickup(103):
“デジタルトランスフォーメーション疲れ”に打ち勝つ
“デジタルトランスフォーメーション疲れ”に陥る組織が増えている。従業員への働き掛けのハック、ナッジ、プロッドにより、目標を見失って迷走しているデジタルトランスフォーメーションプロジェクトを立て直すべきだ。(2019/4/5)

鉄鋼分野で世界最大級の“大型破壊・疲労評価センター”を開設、JFEスチール
JFEスチールは、鉄鋼分野で国内最大規模の開発拠点「大型破壊・疲労評価センター(JWI-CIF2)」を千葉市に開設した。同センターでは、建築用の鋼板や鋼管も含め、船舶、ラインパイプなどの破壊・疲労の評価に関して研究開発を加速させる。(2019/2/26)

疲れた腕をニャンコで癒やそう フェリシモからじゃれつく子猫のアームレストが登場
あの憧れのじゃれつきがいつでも味わえます……!(2019/2/26)

スマホ疲れ年代1位は10代、理由の上位は「SNSや返事が面倒」「バッテリー消耗」――携帯市場のスマホ利用実態調査
携帯市場がスマートフォンの利用実態アンケート結果について発表。脱スマホを考えたことがあるユーザーは33%と前回調査より微増し、年代別では10代が約半数に。理由1位は「SNSの返信が面倒」、2位は「バッテリーの消耗」で、「個人情報漏洩」は4位となっている。(2019/2/19)

副業をしている正社員は10%:
副業のしすぎに要注意!? 「過労で体調崩した」「本業がおろそかに」などの失敗談
副業をしている正社員が10.9%にとどまっていることがパーソル総合研究所の調査で判明。「今後やってみたい」という層は多かったが、「過重労働になり、本業に支障をきたした」「本業がおろそかになった」といった失敗談も挙がった。(2019/2/12)

手ごねパン職人の朝は早いニャ パンのクッションをモミモミする猫ちゃんがイヤなことも吹き飛ぶかわいさ!
疲れたら職人猫ちゃんを見て癒やされよう……。(2019/2/5)

「人に甘えるってどうやるんだっけ……」 疲れたOLを猫耳ちゃんが癒やそうとする不思議な漫画に癒される人続出
キミと一緒だと笑顔になれる。(2019/1/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。