ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「疲労」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「疲労」に関する情報が集まったページです。

セキュリティニュースアラート:
担当者の約7割が“燃え尽き症候群” これによって生じるデメリットとは?
ソフォスはアジア太平洋地域と日本でのサイバーセキュリティにおける燃え尽き症候群やセキュリティ疲れに関する調査結果を発表した。日本の担当者の69%が燃え尽き症候群を経験している。(2024/2/22)

遊び疲れたワンコ、お水の皿の横で寝転んで…… 「二日酔いのときの私と同じ」行動に共感の声【チリ】
ワンコにもこういうときがあるんだね。(2024/2/21)

CAEを正しく使い疲労強度計算と有機的につなげる(1):
CAEソフトに仕掛けられたトラップ
金属疲労を起こした際にかかる対策コストは膨大なものになる。連載「CAEを正しく使い疲労強度計算と有機的につなげる」では、CAEを正しく使いこなし、その解析結果から疲労破壊の有無を予測するアプローチを解説する。第1回のテーマは「CAEソフトに仕掛けられたトラップ」だ。(2024/2/14)

セキュリティニュースアラート:
日本人は働きすぎはウソ? 日本企業が燃え尽き症候群の割合が最も低いと判明
Sophosの調査によると、アジア太平洋地域の組織の9割が燃え尽き症候群の増加を経験しているが、日本は燃え尽き症候群と疲労のレベルが低いことが分かった。(2024/2/9)

仕事で疲れた夫を優しく迎えたいけど……? お出迎えの“理想と現実”に「自分かと思った」
お出迎えするだけえらい!(2024/2/9)

NEC系列会社社員の過労死を労災認定 直前1カ月で国内出張3回
NECのグループ会社「NECマネジメントパートナー」に勤務していた男性が2021年に脳幹出血で死亡したのは、過重な業務負担が原因だったとして、川崎北労働基準監督署(川崎市)が労災認定していたことが1月31日、分かった。(2024/2/1)

「総務」から会社を変える:
その仕事、そもそも必要? 総務の「ムダ業務」改革の“3つの鉄則”
戦略総務を目指すのであれば、常に業務の時間短縮・疲労軽減・経費低減、そして常に提供価値の向上を目指したいものだ。業務改善の進め方には鉄則がある。(2024/1/23)

1歳息子がイスとして選んだまさかの“もの” スリルを楽しむ姿に「かわいすぎる」「疲れが吹き飛びます」
最後はおいしくいただきました。(2024/1/22)

「赤ちゃんに忍び寄る、謎の左手…… ああっと突然の左ストレート!」 ぼう然とした赤ちゃんの悲劇に「かわいすぎて疲れ吹き飛んだ」
赤ちゃんのこの時期ならでは。(2024/1/21)

摂食障害公表の遠野なぎこ、ミニトマト1つ食べきれず苦戦 「逆流性食道炎が憎い」 “病のリアル”を吐露
「#もう疲れた」(2024/1/15)

大みそかの「ウマ娘」、CMにまさかの異変 「アレは幻覚?」→「やってくれたなサイゲよ」「最高にウマしてる」
疲れて幻覚見たのかなと思ったら本当に北島さんまで!(2023/12/31)

子猫の全力「ぷきゃ〜!」が魂を吸われるレベルのかわいさ 「一瞬で疲れが吹っ飛んだ」「ああ幸せだ……」
鳴き声がたまらん!(2023/12/31)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
眼精疲労対策、集中力UPには激オススメ! 電子ペーパーディスプレイ「DASUNG253U-F」レビュー
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2023/12/27)

高岡早紀、ほの暗い“疲れ顔”さらし「身体のメンテナンスしてきた」 不意打ち報告に心配やねぎらい相次ぐ「大丈夫?」「ご自愛して」
51歳になった高岡さん。(2023/12/24)

過労死したOLが神に願った力とは…… “人間以外の生物に好かれる能力を持つ女の子”の異世界転生マンガが癒やされるかわいさ
もふもふ。(2024/1/4)

夜勤の飼い主を朝まで待ったワンコ、おめめショボンでもう限界…… それでもけなげに出迎える姿に「疲れ飛ぶ」「抱きしめたい……」
一緒に寝たかったんだね……。(2023/12/18)

花田虎上、“ファザコンの三女”に彼氏発覚で緊張「娘達調子に乗ってるなぁ」「おじさん連れて来たらどうしよう」 可愛らしい子と対面し疲労困憊
パパの心中穏やかじゃない。(2023/12/12)

目の疲れを「感じる」人が約7割 スマホ依存の影響は?
クロス・マーケティングが実施した調査によると、「目が疲れていると思う」人は69%で、特に50代では76%と高い結果となった。(2023/12/12)

20代は6割が「スマホ依存症」自覚 老眼世代の50代は7割以上が「目に疲れ」
20代の約6割が「スマホ依存症」を自覚している──マーケティングリサーチ事業などを行うクロス・マーケティングが12月7日に発表した「目に関する調査(2023年)」で、スマートフォンに依存している実態が浮き彫りになった。(2023/12/8)

新しい「音楽の聖地」になれるか 横浜みなとみらいに“規格外”のアリーナが生まれたワケ
9月29日、みなとみらい21地区に2万席超、世界最大級の音楽に特化した「Kアリーナ横浜」が開業した。音響の良さ、どの席からもアーティストを正面から見られる扇形、千鳥配置の客席設定、座っていて疲れないファブリックシートなどについては報道されている。しかし、Kアリーナにはそれ以外にもいくつか画期的な点がある。(2023/11/30)

飼い主帰宅、愛猫がすぐにやってきて…… お話しながら出迎えてくれる姿に「はーーったまらん」「辛い仕事も頑張るよ」
疲れが吹き飛ぶ瞬間。(2023/11/29)

あざとかわいい“猫の得意技”が驚異の1100万再生 疲れが吹き飛ぶ愛らしさに「天使を通り過ぎて小悪魔」「食べちゃいたい」
ずーっと見ていたい……。(2023/11/25)

「サブスク疲れ」を乗り越えるための新製品 Zuoraが「Zephr」を国内発売
サブスクリプション管理プラットフォーム「Zuora」に新たなケイパビリティーが加わった。新製品「Zephr」により、サブスクリプションビジネスを営む企業は、より顧客のニーズに即したオファーの提供を簡単操作で実現可能になる。(2023/11/23)

【マンガ】孤独に死んだ幽霊が限界サラリーマンと出会って…… 不思議な共同生活を描いた物語が疲れた心に染みると話題に
何もしない幽霊に癒やされる。(2023/11/28)

ロッチ中岡、電車内での“撮影行為”で注意受ける→意外なオチに「いい人」「お疲れですね」
中岡さん「ヘコヘコして帰りました」(2023/11/20)

E-Inkなのに25.3型と大画面で曲面! 目が疲れにくくデスクトップで使えるE Ink電子ペーパーディスプレイ「DASUNG253U-F」を試す
「DASUNG253U-F」は、E-Inkながら25.3型と大画面で、しかも湾曲したユニークな外付けディスプレイだ。どのような用途に適しているのか、早速実機を試してみた。(2023/11/15)

猫、夜勤疲れで寝てしまったパパにそっと寄り添い……? 優しさあふれる“気遣い”に「マジで癒やされる」の声
優しい性格が伝わってくる!(2023/11/13)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(111):
ベンダー社員過労死の遠因はユーザー企業にもあるのか
仕様確定が遅れ、プログラム数が大幅に増え、スケジュールが2カ月以上遅れ、しかも納期順守を求められたプロジェクト。そこに従事するエンジニアがある日、遺体で見つかった――。(2023/11/14)

コラボツールの乱立をどう避ける?【後編】
“コラボ疲れ”を防ぐには? 社内ツールとうまく付き合う4つのヒント
複数のコラボレーションツールを併用している状態は、生産性の低下を引き起こす可能性がある。ツールの乱立状態を防ぎ、IT部門が適切に管理するための「4つのヒント」を紹介する。(2023/11/10)

セキュリティニュースアラート:
Microsoft Authenticator 新機能で多要素認証疲労攻撃に対処
MicrosoftはAuthenticatorに異常なMFAリクエストの通知を抑制する新機能を追加した。これによりMFA疲労攻撃によるユーザーの誤操作リスクが低減されるものとみられる。(2023/11/9)

コラボツールの乱立をどう避ける?【中編】
Teams、Zoom、Slack……その疲労感は「コラボツール乱立」のせい?
複数のコラボレーションツールを使い分ける状況が続くと、さまざまな悪影響が生じる可能性がある。注意が必要なのは生産性の低下だけではない。どのようなデメリットがあるのか。(2023/11/3)

「BreakingDown」エイリアンニキ、関係解消のヤンキー姉が怒り爆発 弟の終わらない“ケツ拭き”に「マジで疲れた」「ストレスヤバい」
起きない、連絡取れない、仕事のすっぽかしでストレスMAXに。(2023/11/1)

イヤなこと全部忘れそうな柴犬の「おかえり!」シリーズ パワー120%のお出迎えが「何度も見てしまう!!」と459万再生!
疲れが取れて、いい夢みられそう。(2023/10/29)

4匹のデカワンコ、パパ帰宅で歓喜のアピール合戦が行われ……? 壮観に紛れて「マイペースな犬が1匹いるww」と爆笑の声
疲れが吹っ飛ぶかわいさ。(2023/10/28)

今日のリサーチ:
値上げ食品は販売大幅減 節約疲れの次は値上げ疲れ?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した店頭販売価格の値上げに関する定点調査の結果です。(2023/10/26)

Q&A Z世代部下のマネジメント法:
「何をしたらいいですか?」 考える前に質問する部下に、正直疲れた
細かい説明を求め続けるメンバーに正直疲れてしまいました。細かなことまで全部説明しないと分かってもらえないのでしょうか?どのように対応するか迷っています。(2023/10/26)

「漫画の世界の犬の笑顔じゃん」「疲れ全部飛んだ」 きっと誰もがつられてしまうワンコのとびっきり笑顔に注目集まる
うれしそう〜!(2023/10/25)

運動会を頑張った息子、疲れて眠っているとワンコが寄り添い…… そっと“ごほうび”をあげる姿に感動「なんてステキなの」
一等賞のごほうびだよ!(2023/10/25)

JR東海、在来線運転士に「サングラス」導入 疲労軽減のため…… 交通業界で採用広がる
在来線全線区で導入。(2023/10/24)

散歩が好きすぎる犬は何回目で飽きるか実験したら…… まさかのラストに爆笑「めっちゃ笑った」「本当に面白い検証ですね」
飼い主さんお疲れ様でした!(2023/10/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
きちんと休むことが、「高度な技術」であることを多くの人は知らない
「本当の休みをとる」とはどういうことなのか。疲れているのに、上手に休めない。その理由は何だろうか。(2023/10/19)

パパの帰宅を待つ柴犬、ドアが開く前からキュウキュウと切なく鳴いて…… うれしさのあまり震えながら飛び付く姿が161万再生!
仕事の疲れも吹き飛びそう。(2023/10/18)

子どもの「もう1回」はいつまで続くのか? 3人娘相手の過酷な「高い高い」検証に「パパさんお疲れ」の声
3人がローテで来るからえらいことに。(2023/10/14)

生活に疲れたときに考えた架空雑誌『やけくそ』に大きな反響 「定期購読する」「読モになれる」と早くも読者(?)獲得
生活って大変。(2023/10/12)

おのののか、“気が強すぎる”1歳長女のイヤイヤ期に疲弊 「謝り続ける日々に疲れて……」「みんなどうしてる?」
気が抜けない状態にあると告白。(2023/10/4)

“マウス疲れ”に効果あり? 10年間で850万台売れたエレコム製マウス「EX-Gシリーズ」の新モデルを試して分かったこと
エレコムのエルゴノミクスマウス「EX-Gシリーズ」は、手の疲れを軽減することを重視している。6月下旬から順次発売されている新モデルは、外科医の監修を受け、手に負担を掛けない工夫をより凝らしたという。実際に試してみよう。(2023/9/19)

猫の“進化系やんのかステップ”が130万再生された理由は…… 「疲れ吹き飛ぶ(笑)」「こんな走りするん?」と5万人が笑顔に
涼しくなってよかったね!(2023/9/15)

「金爆」樽美酒研二、電車で水分補給を試みるもペットボトルがまさかの中身 「だいぶ疲れているみたいですね」と自覚
あるある……いや、ねーよ!(2023/9/7)

遠藤憲一が自由の女神像みたいになった“奇跡の一枚”が話題に 「可愛すぎる」「声出して笑った」「疲れが吹っ飛ぶ笑顔」
花束にピントが合っていてもわかるステキな笑顔。(2023/9/2)

自動車業界の1週間を振り返る:
クルマに依存しすぎない街づくり、公共交通の充実と通行料
1週間お疲れさまでした。9月が始まりましたね。このままあっという間に年末に突入してしまう気がします……。今週は国内では75年ぶりとなる新設の路面電車「芳賀・宇都宮LRT」が栃木県宇都宮市と芳賀町で開業しました。通勤で早速使ってみたという方もいらっしゃるでしょうか?(2023/9/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。