ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新幹線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新幹線」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ロボット:
ロボットアームを使った“鉄筋組立システム”、軌道スラブの鉄筋配置や結束を自動化
三井住友建設は、ロボットアームを備えた鉄筋組み立て自動化システム「Robotaras(ロボタラス)」の開発に着手した。鉄道構造物である軌道スラブの製造で、鉄筋配置や結束作業を自動化させる。(2019/5/21)

プロジェクト:
イオンモール、新フォーマットのオフィス複合型商業施設1号店を名古屋で計画
イオンモールは「働く人と企業を支えるオフィス複合型商業施設」の1号店として、名古屋駅から北東1キロの地点にオフィス複合型商業施設を出店する。(2019/5/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
こじれる長崎新幹線、実は佐賀県の“言い分”が正しい
佐賀県は新幹線の整備を求めていない。佐賀県知事の発言は衝撃的だった。費用対効果、事業費負担の問題がクローズアップされてきたが、これまでの経緯を振り返ると、佐賀県の主張にもうなずける。協議をやり直し、合意の上で新幹線を建設してほしい。(2019/5/17)

2in1 PCの原点に返ってみる:
2in1 PCの最前線「Surface Pro 6」を試して分かった驚き
日本マイクロソフトが手がける2in1 PCの「Surface」シリーズ。その豊富なラインアップの中から、人気モデルの「Surface Pro 6」をチェックした。(2019/5/16)

対策急務:
どうする? 東京駅、新宿駅であふれる高速バス待ち客
低料金や綿密な路線網を背景に需要が高まる高速バス。深夜に出発し早朝に目的地へ到着する便も多く、訪日外国人客らにも人気だが、首都の玄関口・東京駅や新宿の主要乗り場ではバス待ちの環境整備が追いつかず、週末の夜ともなると待合室に入りきらない大勢の人が路上にあふれる異様な光景が広がる。(2019/5/15)

PR:昔ながらの魚菜市場が「Airペイ」で一斉にキャッシュレス対応できたワケ
岩手県の宮古市にある協同組合の魚菜市場が、ほぼ全店舗で一気にキャッシュレス対応した。しかも、クレジットカードだけでなく電子マネーやQRコード決済も利用可能。利用したのはリクルートライフスタイルが提供する、AirレジとAirペイだ。(2019/5/15)

Google I/O 2019:
Google、モバイル検索結果画像の3D→AR化機能や「Google Lens」の新機能を発表
Googleが開発者会議「Google I/O」でモバイル検索関連の新機能を発表した。検索結果の画像を3Dに、さらにはARにして表示する機能は5月中にローリングアウト予定。Google Lensも進化する。(2019/5/8)

持ち運べるクリエイティブノートPC:
スリムかつ狭額縁デザインで写真や動画編集がはかどる「DAIV-NG5510」を試す
プロ写真家や映像クリエイターに高い評価を受けているマウスコンピューターのクリエイター向けPC「DAIV」シリーズ。その中で、狭額縁デザインを取り入れたスリムモデル「DAIV-NG5510」を徹底チェックした。(2019/5/8)

月刊乗り鉄話題(2019年5月版):
「西武のLaview」vs「東武の川越特急」 でっかい「乗り鉄釣り針」ルートに釣られてみた:パート1
乗り鉄のハートをワシっとつかんだ、連休限定「Laviewの新宿線初運行」と「東武の川越特急」を楽しんできました。(2019/5/9)

広瀬アリスの新人らしい苦悩に共感「ラジエーションハウス」4話 続く5話は“マンネリ”を脱せるか?
今回は“医療ドラマ”というより、広瀬アリスが主役の“お仕事ドラマ”。(2019/5/6)

10連休の公共機関の営業状況は? 〜郵便・銀行・医療・交通など〜
新幹線は連休後半が狙い目です。(2019/4/23)

「天才」「工夫がすごい」 小学2年生がレゴとプラレールで作った「インド的“乗車率400%”超満員列車」がすごい
この行動力を見習いたい……。(2019/4/22)

月刊乗り鉄話題(2019年4月版):
大井川鐵道「井川線」の秘境駅で駅弁を喰らう幸せ 静寂と孤独がスパイスだぜ
祝復旧! SLだけじゃない、楽しいもう1つの大井川鐵道、旅してみたくなる路線。皆さん、乗りに行きましょう〜〜!(2019/4/18)

デートは玩具作りに似ている……キミもそう思わないか?
読者からのアドバイスがメッチャ的確だったので紹介。(2019/4/16)

スピン経済の歩き方:
「空気を読む人」は組織に危機をもたらす、同調圧力のワナ
皆さんが属する組織にも「空気を読まない人」がいるのでは。TPOをわきまえない発言をされて、イライラするケースが多いかもしれないが、少し冷静になっていただきたい。「空気を読む人」も問題を起こすことがあって……。(2019/4/16)

プロジェクト:
「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」が2022年春開業、設計・施工は積水ハウス
130の国や地域で合計6900件以上の宿泊施設を運営するマリオット・インターナショナルは、愛知県名古屋市中区栄1丁目の読売新聞中部支社の跡地に、ホテルブランド「コートヤード・バイ・マリオット」の新規出店を明らかにした。設計・施工は積水ハウスが手掛け、2022年春のオープンを目指す。(2019/4/16)

ドローン:
フジタの建設現場でドローンの安全確認・警備監視を実験、将来は“完全自動化”も
ドローンソリューションを提供するセンシンロボティクスは2019年4月8日、フジタと協力し、ドローンを活用した建設現場における安全確認・警備監視の実証実験を行った。(2019/4/15)

かつての混雑率は300%超:
いつまで続く? 通勤ラッシュへの挑戦、歴史は長い
4月である。新入社員や新入生が電車に乗るようになって、「通勤電車が混んできたなあ」と感じている人も多いのでは。通勤ラッシュを改善させるために、首都圏の鉄道会社はどのようなことに取り組んできたのか。(2019/4/12)

YKK APが富山「黒部荻生製造所」に、プロユーザー向け技術提案施設「パートナーズサポートスタジオ」開設
YKK APは、富山県黒部市の「YKK AP黒部荻生製造所」内で建設を進めてきた技術提案施設「パートナーズサポートスタジオ」がオープンしたことを明らかにした。同スタジオは、YKK APの製品群や技術を提案するホームビルダーや設計事務所などプロユーザーを対象とした施設。隣接する「YKK AP R&Dセンター」や「価値検証センター(VVC)」の機能拡張として、建材やインテリアの商品展示や技術の訴求を行っていく。(2019/4/10)

モバイルdeワークスタイル変革:
移動に費やす時間を短縮! 社会人なら知っておきたい交通関連モバイルサービス3種
「仕事の効率化」とは「時間短縮」だと思っている人も多いだろう。とりわけ重要なのは「事務作業」や「移動時間」の短縮だ。今回は、移動時間の短縮に資するサービスを3つ紹介する。(2019/4/5)

“車内販売廃止”の動きに「待った」:
“グランクラス2.0”始動! 「新幹線版ファーストクラス」をリニューアルするJR東の「次の一手」
JR東日本は新幹線版ファーストクラス「グランクラス」の車内サービスを運行後初めて一新する。他社で車内販売が廃止される中、JR東が打った「次の一手」の狙いとは――。(2019/4/3)

「首都機能マヒ」が日本を止める:
リスクだらけの首都・東京 在京企業が本社移転を考えるべき深刻な理由
魔物のような魅力を持つ「虚大都市」東京。しかしあらゆるものが一極集中し過ぎた首都は、重大なリスクをはらんでいる――。(2019/4/2)

これが走るファーストクラスかぁぁ…… 新幹線の特別車両「グランクラス」がリニューアル、極上の味とサービスを体験してきた
直前に開催された体験会に参加してきました(2019/4/1)

オンオフ使えるデザイン ace×M/mika ninagawaのコラボキャリーバッグが実用的でかわいい
蜷川実花さんとace.とのコラボレーションです!(2019/3/29)

「マシリト」こと鳥嶋和彦が語るキャリア論【後編】:
ジャンプ「伝説の編集長」がFGO誕生に関わった“黒子”、電ファミニコゲーマー編集長と考えた「ドラゴンボールの見つけ方」
ジャンプ「伝説の編集長」マシリトこと鳥嶋和彦氏、人気スマホゲーム「FGO」の誕生に関わったマーケター小沼竜太氏、電ファミニコゲーマー編集長TAITAIこと平信一氏が『ドラゴンボール』のような作品をいかに見つけ、生み出していくかを語った。(2019/3/29)

名古屋駅と一体再開発でリニア開業の2027年に“4線化”、201億円で犬山ホテル建て替えなども計画
名古屋鉄道は、2019年度の設備投資計画を公表した。この中で、開発事業には201億円を投じ、「名鉄犬山ホテル」の建て替えや神宮前東街区で複合施設の建設を計画を示した。また、名鉄名古屋駅を4線化するプロジェクトについても明らかにした。(2019/3/27)

「お試しテレワーク体験」が契機:
PR:東京の「テレビ番組表の配信会社」が静岡にサテライトオフィスを作った理由
東京のテレビ番組表の配信会社であるIPGは、静岡にサテライトオフィスを解説する。その理由は――。(2019/3/27)

「通勤電車の反対方向に乗る夢」を叶えよう――自転車と一緒に! 超絶面白い「輪行」のコツを伝授しちゃうよ
どこへでも行ける。(2019/3/23)

「広島駅」で高さ100mの新駅ビル計画が本格始動、2025年の開業を目指す
JR西日本、JR西日本不動産開発、中国SC開発、ジェイアール西日本ホテルの4社は、「広島駅ビルの建替え計画を本格的に始動させる。地上20階建て、高さ100m(メートル)の新駅ビルの内部には商業エリア、ホテルエリア、駐車場エリアを収容し、広島の象徴である路面電車の乗り換え口も設置して、新たなにぎわいの創出を図る。開業は2025年春の予定。(2019/3/22)

PR:チラッ……隣から視線、感じない? 社外作業中、PC画面を“守る”方法
(2019/3/22)

国民よ立て! 徒歩移動をミニベロに変えて、立てよ! 国民! 自転車を電車に乗せて「輪行」するのだ!
あなたを沼へ引きずり込みます。(2019/3/21)

椎名桔平&浅利陽介、「コード・ブルー」“W先生”ショットにファン歓喜 初共演作「永遠の仔」の思い出も
いいコンビだ。(2019/3/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
新幹線と飛行機の壁 「4時間」「1万円」より深刻な「1カ月前の壁」
所要時間が4時間以内なら飛行機より新幹線が選ばれるとされる「4時間の壁」。それよりも「1万円の壁」を越えるべき、というコラムが話題になったが、新幹線の“壁”は他にもある。航空業界と比べて大きな差がある、予約開始「1カ月前」の壁だ。(2019/3/15)

BIM/CIM:
トプコンとオートデスクがBIM/CIMでISV契約、トレーニングも含めた一気通貫ソリューションを提供
トプコンと、オートデスクは、建設・土木分野における「働き方改革」の実現に向け、戦略的パートナーシップ契約(ISV:インディペンデント・ソフトウェア・ベンダー バンドル契約)を締結した。これまでの業務提携から一歩踏み込み、なかなか進まない現場レベルでのBIM/CIM活用を目指し、トプコンの全国4拠点でのトレーニングやサポートも含めた一気通貫のソリューションを提供する。(2019/3/13)

Twitter、まさかの公式「新元号考えてみた」ジェネレーター発表 人気の漢字1位は「安」
Twitterさん何やってるんですか。(2019/3/12)

なぜそれを…… 「子どもは親の会話を何気に聞いている」漫画にあるあるが止まらない
ば、バレてーら……。(2019/3/12)

月刊乗り鉄話題(2019年3月版):
西武新型特急Laviewが実現する、5つの「今までに見たこともないスゲーこと」
フッ。スーパーブライトNo.2000か……いいツヤしてやがるぜ。(2019/3/12)

内田恭子の「日常で触れたプロフェッショナル」:
優れた道具は使い手のレベルアップにもつながる
素敵な食器やお鍋、キッチンツールを見つけると、ついつい買ってしまう内田恭子さん。今も狙っているお鍋が2つあるそうだ。けれども、素敵な器などを使うことで良い効果が生まれるのだという。(2019/3/8)

新幹線や在来線の走行位置、リアルタイムにWeb表示 運行情報Twitterも JR東海
JR東海は3月16日から、新幹線や在来線の走行位置や遅延状況を、Webサイトでビジュアル化してリアルタイム表示する。路線別にTwitterアカウントを設置し、ダイヤが乱れた際に知らせる。(2019/3/7)

基地局設備の共用化促す 5G本格運用へ投資負担軽減 総務省
総務省は5日、観光や災害救助で通信技術を活用するため、人が住んでいない地域での携帯電話の基地局整備について議論する有識者会議を開き、報告書の骨子案を取りまとめた。(2019/3/7)

行政にもRPA導入の波 「あらゆる業務が対象になり得る」──神奈川県の実証事業で見えてきたもの
RPAの導入検討は民間だけでなく、国や地方自治体にも広がっている。神奈川県庁は一部業務でRPAの実証事業を実施。見えてきたメリットと課題とは。(2019/3/7)

「たくさんの優しさに感動しました」 ベッキーの“結婚お祝い会”に中山秀征、吉田沙保里、ブラマヨ小杉らが集結
ベッキーさん幸せそうだ。(2019/3/6)

「会ったことはないけれど、魔夜峰央先生は私の“恩師”」――千葉の女がMOVIXさいたまで「翔んで埼玉」を見た話
大事なことはだいたいみんな、魔夜作品から教わった。(2019/3/1)

相鉄・JRが直通に:
首都圏の鉄道で何が進んだのか “接続しなかった”相鉄もとうとう
平成時代の首都圏の鉄道を振り返ると、直通・乗り入れが進み、ターミナル駅でも乗り換える必要がなくなったことが挙げられる。今年12月、“どことも接続しなかった”相鉄もJR東日本の埼京線と相互乗り入れすることに。このほかにも……。(2019/2/28)

PR:ペン付きで3万円台後半の高コスパ 「HUAWEI MediaPad M5 lite」がビジネスシーンで活躍する理由
Huaweiは高品質なタブレットも意欲的に投入している。今回紹介する「HUAWEI MediaPad M5 lite」は、約10.1型の大画面ディスプレイと高い質感のメタルボディーを採用し、専用ペンが付属しながらも3万円台後半という手頃な価格を実現した。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2019/2/26)

「国宝王国」の新たなコンテンツは“かき氷”:
JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛ける理由
JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛けるのはなぜか? 「そうだ 京都、行こう」によって、京都を、日本を代表する観光地に押し上げた再現はなるか。(2019/2/22)

これはかわいい! あの黄色いボディーをリュックにした「923形ドクターイエローリュック」登場
丸っこい形状がかわいい。(2019/2/20)

シンカンセンスゴイカタイアイスも対象 JR東日本、駅弁など車内販売の見直しを発表 北海道や九州でも
ビールとおつまみは残る。【訂正】(2019/2/18)

もう還暦なのか……! 「プラレールの60年を振り返る企画展」が京都鉄道博物館で開催 3月9日から
線路に「実物大の青いレール」を敷いて走る……!?(2019/2/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
観光列車に本気出すJR北海道の“到達点”はどこか
北海道に新たな観光列車時代が到来する。JR北海道は、JR東日本や東急電鉄と協力して道内に観光列車を走らせると発表した。常識を覆す試みで運行を実現することになりそうだ。海外の鉄道会社も含めたオープンアクセスの第一歩になるかもしれない。(2019/2/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。