ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「脳」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脳」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「ふしぎの海のナディア」のブルーウォーターを自作する匠現る 回路が透けて光ってカッコイイ!
OPテーマが脳内で流れ出すレベル。(2021/1/16)

プロジェクト:
野村不動産が仙台市で2棟の分譲マンションを開発、脳トレ扱った入居者サービスを導入
野村不動産は、宮城県仙台市青葉区二日町で、入居者向けのヘルスケアサービス「WellnessConnect」を初導入した分譲マンション「プラウドタワー仙台晩翠通サウス」と「プラウドタワー仙台晩翠通セントラル」の開発に着手した。(2021/1/15)

脳波信号から音声を再現:
「本人はどう聞こえているか」を客観視できる技術を東京工業大学の研究チームが開発
東京工業大学の研究チームは、脳波信号から音声を再構築する手法を開発した。CNNによって音声情報を表現しているパラメーターを推定し、耳で聞き分けられる母音を脳波信号から合成する。(2021/1/13)

「るるぶONE PIECE」で“脳内大航海” 物語の舞台に似た世界のスポットをガイド
「ONE PIECE」の物語の舞台と似た世界各地のスポットを、旅行ガイド「るるぶ」編集部が案内する初のコラボムック「るるぶONE PIECE」が実現。「なかなか海外旅行ができない今だからこそ、麦わらの一味気分で『脳内大航海』へ出航してみてください」(2021/1/7)

森口博子、早見優、松本伊代、松本明子がNiziUの「Make you happy」に挑戦 「複雑な指先の振り付けはもう〜脳トレ状態(笑)」
「昭和アイドル魂で、頑張りました」(2021/1/6)

元「うたのおにいさん」今井ゆうぞうさんが脳内出血で急逝 生前最後のブログには“目の異常な充血”
ご冥福をお祈りいたします。(2020/12/28)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「Fall Guys」のプレイをレポートする
感想「このゲームやっぱり出るわ脳汁が」(2020/12/24)

先生を「お母さん」と呼んでしまったと思ったら? 予測不能過ぎる4コマ「複雑な家庭」に脳が追いつかない
4コマとは……。(2020/12/27)

分かる人には分かるゲームネタ満載の「魚の4コマ」が人気 “ソシャゲ脳なレストラン”ってどんな店?
ヤバイですね!(2020/12/23)

「かわいいかのジャッジを脳が放棄」 シソンヌじろう、『鬼滅の刃』禰豆子風コスがファンを大いに混乱させてしまう
顔の圧が妙に強い禰豆子。(2020/12/22)

脳内再生余裕でした よゐこ、お勧めアニメを語る 濱口は家で奇行種ムーブも告白
アッキーナも一緒になって楽しんでそう。(2020/12/4)

CADニュース:
ペーパーレス化やDXへの取り組みを支援、図面を「iPad」へ転送するアプリ
フォトロンは、2D CADで作成した図面データを「iPad」へ転送するアプリ「図脳RAPID for iPad」を発表した。図面データをiPadに格納して現場で活用でき、ペーパーレス化による作業時間の短縮や、DXへの取り組みを支援する。(2020/12/4)

「全国統一eスポーツテスト」開始 ゲーマーの「目・手・脳」の基礎能力を測定
日本eスポーツ連合が、eスポーツに必要な能力を測定する「JeSU公認 全国統一eスポーツテスト presented by ZONe」を発表した。目と手、脳の力を測る3つのゲームでプレイヤーの点数と偏差値を算出する。(2020/11/25)

今日のリサーチ:
脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。(2020/11/24)

AIに負けるな──イーロン・マスク「Neuralink」の狙いは「人類の能力の拡張」 脳を読み取る「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今
イーロン・マスク氏が立ち上げたNeuralinkを中心に、「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今を解説する。(2020/11/25)

医療技術ニュース:
不快な刺激から逃げるための脳神経回路を発見
東京大学は、ショウジョウバエの幼虫が不快な刺激を受けた際に、その場から後退して逃げる脳神経回路を発見した。異なる受容器で感知した不快な感覚情報を脳内で統合し、後退運動へ変換する仕組みを神経回路レベルで解明した。(2020/11/18)

脳活動の制御で「ザク」動かす バンダイとNeUが実験に成功
「こいつ、動くぞ!」。NeUとバンダイは脳活動のコントロールによりミニチュア「ザク」を動かす実験に成功した。(2020/10/29)

「丼丼パン…丼丼パン……」 あの世界的名曲を表現した作品が「久しぶりにTwitterで笑った」と話題に
今度からあの曲聞いたらこれが脳内に出てきそう。(2020/10/25)

製造マネジメントニュース:
評価技術で商品企画も支援、パナソニックを支える「プロダクト解析センター」
パナソニックは2020年10月2日、同社製品などの解析や科学的評価を担当する部門「プロダクト解析センター」の説明会を開催した。製品解析評価を行うだけでなく、各種解析技術を基盤に製品開発を促進させるための新技術、新材料の提案なども行う点を特徴とする。(2020/10/20)

今日のリサーチ:
視聴環境が動画広告効果に及ぼす影響を脳波計測による感性評価技術で計測――電通サイエンスジャム調査
視聴環境の違いによるユーザーの動画広告への視聴態度の変化を脳波計測により検証。(2020/10/14)

「等価交換の法則無視しやがって…」 ハガレンのエド声優・朴ロ美、“トリキの錬金術”にまさかの言及
脳内再生余裕です。(2020/10/7)

「時計の針が進まない」単純作業の大変さ…… 日払いバイトの体験談漫画に「裏にはこんな労力が」「めっちゃわかります」
さまざまな人の仕事の積み重ねで商品はできている!(2020/9/17)

旭化成、NTTデータなどが参加:
脳科学とAIの融合研究を開始 応用脳科学コンソーシアムが産学連携で
応用脳科学コンソーシアムは、脳科学とAIの融合による脳融合型AIの研究開発を開始する。社会的に中立性の高い組織で、継続的に脳科学とAIの融合研究の産業応用に向けて取り組むという。(2020/9/16)

イスラエルのWeebit Nano:
ReRAMを活用して自立型のAI学習性能を向上
次世代メモリ技術の開発を手掛けるイスラエルのWeebit Nanoは、シリコン酸化物(SiOx)抵抗変化メモリ(ReRAM)技術を活用した最新の研究成果を発表した。同社が開発した脳からヒントを得た人工知能(AI)システムは、学習タスクを監視せずに実行して、高精度な結果を提供することができるという。(2020/9/11)

「言語化できない脳の反応」を利用:
脳活動を基に「楽曲の特徴」を可視化し、ヒット要因を把握する技術 NTTデータなど3社が開発
NTTデータなど3社は、楽曲の特徴を捉えてヒットソングがヒットした要因を把握するなど、楽曲の脳情報化に関する技術を開発した。人が楽曲を聴いているときの脳活動を推定して、楽曲の特徴を抽出し、可視化する。(2020/9/7)

AIと脳科学でヒットソングの特徴を可視化  4カ月程度先までのトレンドを予測、NTTデータなど
脳活動を推定する技術で楽曲を評価します。(2020/9/4)

NTTデータ、脳科学でヒット曲の特徴を可視化 4カ月先の音楽チャート予測も
NTTデータが、人間の脳の活動を推定する技術を活用して、ヒット曲の特徴の可視化や、4カ月先の音楽トレンドの予測などができる技術を開発した。(2020/9/3)

こちらを見つめて立ち尽くす猫→近づいてみると…… 「お水出して?」とせがむ姿がかわいすぎる
ネコ語が脳内で自動翻訳されます。(2020/9/2)

高橋幸宏、脳腫瘍の摘出手術を告白 初夏に“断続的な頭痛”、手術当日にツイートも「今日は13日、緊張の日」
手術は成功し、後遺症もないとのこと。(2020/8/31)

イーロン・マスクのNeuralink、脳埋め込みチップのブタでのデモで進捗報告
イーロン・マスク氏のBMI(脳マシンインタフェース)企業Neuralinkがプロジェクトの進捗報告イベントを開催。頭蓋骨にはめる直径23mmのチップ「LINK」と移植手術ロボットを披露し、LINKを埋め込んだブタによるデモを行った。(2020/8/30)

プラモなのにアニメにしか見えない……! 「マクロス」再現ジオラマがヤック・デカルチャーなクオリティ
ひと目で主題歌のイントロが脳内再生されるレベル。(2020/8/29)

待ちきれないテスラファン「ヒャッハー、先に作っちゃったぜ」 鬼加速な“自作”テスラバギーが脳内破壊力抜群
ある意味無敵かも。(2020/8/27)

医療技術ニュース:
神経伝達物質を単一分子レベルで高速検出、識別できる手法を開発
大阪大学と科学技術振興機構は、量子計測とAI解析を組み合わせることで、脳内の神経伝達物質を単一分子レベルで検出、識別する手法を開発した。神経伝達物質の計測が可能になったことで、神経疾患の詳細な理解につながることが期待される。(2020/8/3)

「ただの生卵やん」「生卵…ではない…!?」 レモンティーにアイスの実を入れてみたらどう見ても“生卵”になる
激似すぎて脳が混乱するレベル。(2020/8/1)

やむをえない事情で“マスクをつけられない人”がいると知ってほしい 「わけがありますく」プロジェクトを取材
発達障がい、感覚過敏、脳の障がい、皮膚炎、呼吸器の病気などでマスクの着用が難しい人たちがいます。(2020/8/1)

「秋元さん脳痺れると思います」 ≠ME、初の無観客ライブを開催へ 指原Pが厳選したセットリスト予想など早くも盛り上がり
ワクワクが止まらない!(2020/7/25)

「どう見てもガラスやのにグニャって出来んの面白すぎるw」 Twitterで話題の“シリコングラス”が最高に不思議
脳が混乱するw(2020/7/24)

「呪われた日」 間瀬翔太、“2年連続で死にかけた7月23日”を振り返る 2020年は脳波検査で入院
平穏な日々が送れますように……。(2020/7/23)

医療技術ニュース:
光を照射して神経細胞を刺激、サルの手を動かす
自然科学研究機構 生理学研究所は、サルの大脳皮質運動野に光遺伝学を適用し、サルの手を動かすことに成功した。電気刺激に替わる、光による脳深部刺激療法などヒトの病気治療への応用につながる成果だ。(2020/7/16)

医療技術ニュース:
匂いのハーモニーはどのように生まれるのか、従来の説を覆す発見
九州大学は、匂いを嗅ぐ時に嗅神経細胞で生じる、多様な調節作用の仕組みを明らかにした。匂いの拮抗作用や相乗効果が、脳の中枢ではなく鼻の嗅神経細胞で生じていることを、生きた動物で実証した。(2020/7/15)

KDDIが「スマホ依存」を軽減する取り組み 脳神経科学とAIを活用、2024年度の実用化を目指す
KDDIらは、7月10日に「スマホ依存」に関する共同研究を開始。脳神経科学とAIを組み合わせて実態調査・解明を進め、2024年度中に改善・予防を行うアプリの実用化を目指す。(2020/7/10)

KDDIが「スマホ依存」の研究スタート 脳科学とAIで依存予防アプリ開発へ
KDDIが、スマートフォンの長時間使用をやめられない「スマホ依存」に関する研究を始めたと発表した。脳科学やAI技術を活用して研究を行い、依存症の改善や予防に役立つアプリの実用化を目指す。(2020/7/10)

今日のリサーチ:
消費者文脈が広告効果に与える影響とは?――GumGumとSPARK Neuroが共同調査
消費者が接しているWebサイトの「文脈」が、見る人の情緒的反応や記憶や購買意欲にどのように影響を与えるか。脳科学の観点から調査したレポートです。(2020/6/24)

顔にも人にも見える…… 錯視が連続するショートフィルム「A Mind Sang」が脳に混乱をもたらしてくる
認識、復活、変形を表現した6分間のアート映像。(2020/6/24)

「ただ祈ることしか出来ない」「また一緒に酒飲むぞ!!」 脳出血で緊急手術の清原翔に北村匠海、本田翼らがエール
回復を大勢のファンや仲間が願っています。(2020/6/19)

「逆回転にしか見えないw」 超低反射塗料「黒色無双」で作った“シルエット錯視”の動画に目も脳も大混乱
脳「右回r……いや、左回りか?」。(2020/6/14)

「人工冬眠」導く神経、マウスで発見 人間の冬眠技術へ前進
マウスの脳の一部を刺激すると、人工的に冬眠に似た状態に導ける──筑波大学と理化学研究所がこんな研究結果を発表した。通常は冬眠をしない実験動物のマウスを冬眠に近い状態にできたため、同じほ乳類である人間の人工冬眠についても研究が進むと期待できるという。(2020/6/12)

バナナオムレット最高ー! 子どもがiPhoneで作った幻覚症状風動画の中毒性が激ヤバ
ちょいちょい挿入される「デデデデーン(ゼルダの伝説のジングル)」で笑っちゃう。(2020/6/12)

「どうやって作ったんですか?」「瞬間表現っぷりがすごい」 ゴジラの放射熱線でビルが爆発する瞬間を表現したジオラマが度肝抜く完成度
この後粉々になって倒壊するところまで脳内再生余裕でした。(2020/6/12)

87分の1サイズの模型を改造した超小型ラジコンがすごい! なめらかな動作とランプ点灯のギミックに驚きの声
小さいのにリアルな動きで脳がバグる。(2020/6/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。