ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「脳」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脳」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

理研と東大、マウスの脳の全細胞を解析するクラウドサービスを開発
理化学研究所と東京大学大学院の研究チームが、マウスの脳の全細胞を解析を可能にするクラウドサービス「CUBIC-Cloud」を開発した。脳全体の遺伝子の働きやネットワーク構造などの3次元データの保管や解析ができるため、データマイニングによる神経科学分野の発展が期待できるという。(2021/6/23)

Apple Watchで心臓病予防 脳梗塞前の心房細動を見つけるきっかけに
不整脈にはさまざまな種類があり、その一つに「心房細動」がある。ありふれた病気だが、放置すれば重篤な脳梗塞につながる。心房細動を発見するきっかけとして、Apple Watchが活躍する場面が増えつつあるという。(2021/6/14)

VLSIシンポジウム2021:
「VLSI Circuitsシンポジウム」の注目論文
2021年6月13〜19日に開催されるLSI関連の国際学会「VLSIシンポジウム2021」。「VLSI Circuitsシンポジウム」の注目論文を紹介する。これらの注目論文は、VLSIシンポジウム委員会が2021年4月に行った記者会見で紹介したものとなっている。(2021/6/8)

神田うの、夫が脳梗塞から回復 「主人の脳梗塞と向き合う事が出来ました」とファンの存在に感謝つづる
夫の西村拓郎さんはゴルフができるまでに回復。(2021/6/4)

危険冒しても子を助ける親心 マウスで脳内メカニズム特定
母親マウスが、自分の身を危険にさらしても子供を助けようと行動する脳の仕組みを明らかにしたと、理化学研究所などの研究チームが発表。子育ての意欲が増す脳内メカニズムの一部が明らかになったとしており、虐待や養育放棄など人間の親子が抱える課題の解決につながるという。(2021/6/3)

“脱Intel”は是か非か
Apple爆速チップ「M1」搭載のiMac、iPad Proを素直に喜べない“切実な理由”
Appleは「iMac」「iPad Pro」の新製品に同社開発のSoC「Apple M1 Chip」を搭載し、処理速度を高めた。独自の“脳”を持たせた新製品は魅力的ではあるが、同時にある懸念ももたらしている。それは何なのか。(2021/5/29)

脳とAIを「結合」して書字動作を判定:
「考えただけ」で文字を入力できるAIシステムを開発
脳の運動皮質に埋め込んだデバイスから得たデータをAIが解釈することで、四肢の不自由な患者がテキストでコミュニケーションできるシステムをスタンフォード大学の研究チームが開発した。(2021/5/26)

平沢進、『ベルセルク』三浦建太郎さんの訃報受けコメント 「これからは懸案の『語り合うこと』を時間も空間も気にせず 思う存分脳内でいたしましょう」
「三浦さん。改めて、今後ともよろしくお願いします」とも。(2021/5/20)

「脳がバグる」「理解が追いつかない」 色鉛筆で生み出された「瓶コーラ」が本物にしか見えないトリックアート
絵だと証明する動画がすごい……。(2021/5/20)

「週55時間以上の労働は死亡リスクを高める」WHOが発表 2016年には年間74万人が「働きすぎ」で死亡
長時間労働が脳卒中や心臓病のリスクを高めるとの調査結果。(2021/5/18)

武井壮、オリンピック開催巡る批判に猛反論 「馬鹿だの脳筋だの権力に靡いてるだの勝手な妄想で罵詈雑言」
武井さん「お見苦しい言葉遣い反省いたします」。(2021/5/11)

「早押しクイズ」をするときの脳活動がヒントに:
「顔認証に適用すると最大20倍の高速化が可能」 NECが時系列データを高速分析するAI技術を開発
NECは、高い精度を維持しながら時系列データを高速にリアルタイム分析するAI技術を開発した。「早押しクイズ」のような、複雑な意思決定を行う際に見られる脳活動の知見を応用した。顔認証に適用すると、最大20倍の高速化が可能だという。(2021/5/10)

手を使わずに“脳波”でゲームをプレイするサル SF映画の世界がもうすぐそこまで来ている……!?
思考だけで風呂そうじ完了する未来はよ。(2021/5/6)

5分で分かるシリーズ:
5分で分かるディープラーニング(DL)
ディープラーニング(深層学習)をビジネスで活用したい人に向け、最新技術情報に基づき、深層学習の概要、ニューラルネットワークの仕組み、深層学習の代表的な手法としてコンピュータビジョン向けのCNN/GAN、および自然言語処理向けのRNN/Transformer(BERT/GPT)の概要を、5分で読めるコンパクトな内容で紹介。最後に、次の一歩を踏み出すための参考情報もまとめる。(2021/4/26)

医療機器ニュース:
脳の健康状態を可視化する脳ドックプログラムを発売
フィリップス・ジャパンとCogSmartは事業提携し、脳ドック用プログラム「BrainSuite」の共同販売を開始した。脳の状態を可視化することで、早期段階からの認知症リスクの低減を目指す。(2021/4/22)

最大143工程、所要時間約3時間! 紙より心が折れそうな「超難解折り紙」まとめ本登場
かなりハードな脳トレになりそう。(2021/4/13)

Neuralink、脳にチップを埋めたサルが「Pong」を思念でプレイする動画を公開
イーロン・マスク氏率いるNeuralinkが、脳に神経チップ「N1 Link」を埋め込んだサルのペイジャーくんが脳で考えるだけでお気に入りのゲーム「Pong」をプレイする動画を公開した。将来的には人間が脳だけでスマートフォンを操作できるようにしたいとマスク氏。(2021/4/9)

100均ならぬ「10円ショップ」に行ってみたレポ漫画 激安店「リサイクルガーデン」で脳から変な汁を出すギャルとJK
安すぎんよ!(2021/3/31)

5分で分かるシリーズ:
5分で分かる人工知能(AI)
人工知能をビジネスで活用したい人に向け、最新技術情報に基づき、人工知能の概要、注目される理由、歴史と課題、できること、次の一歩を踏み出すための参考情報を、5分で読めるコンパクトな内容で紹介する。(2021/3/29)

3月28日は「キングダム ハーツ」の発売日! どんなディズニー作品が登場したか覚えてる?
タイトルを聞くだけで、脳内に宇多田ヒカルの歌声が。(2021/3/28)

Facebook、脳からの神経信号を読み取るリストバンドを披露 ARメガネの入力用
Facebookが開発中のARメガネの入力デバイスとして開発中のリストバンドのプロトタイプを披露した。2019年に買収したCTRL-labsの技術に基づくもので、脳からの神経信号を読み取り、指の動きで仮想キーボードでの入力やARのオブジェクト操作を可能にする。(2021/3/19)

医療技術ニュース:
アルコール摂取量が増大する脳内メカニズムを解明
東北大学は、ショウジョウバエモデルにおいて、アルコールを反復摂取すると報酬伝達物質であるドーパミン受容体の量が増えること、またドーパミン受容体の増大がさらなるアルコール摂取を促進することを発見した。(2021/3/16)

カワウソ「うひょおおー!」「もぐもぐ……えへへ」 カワウソさんの変顔4連発が脳内アフレコしちゃうかわいさ
これはずっと見ちゃう……!(2021/3/15)

Innovative Tech:
脳からの命令を自分の手に伝え、動かす 脊髄損傷でも手を動かし触覚を得る試み
麻痺した人が脳のインプラントから自分の筋肉をコントロールすることに成功したという。(2021/3/10)

「ドキドキしてテレビの前に正座します!!」 山口もえ、脳梗塞で休養の夫・田中裕二の仕事復帰を報告
ウーチャカおかえり!(2021/2/21)

【漫画】もしも吉幾三がデスゲームに巻き込まれたら? 「テレビもねぇ〜出口もねぇ!」最高のリズム感で状況を冷静に分析
脳内再生余裕でした。(2021/2/18)

ありがとう石原プロ! 京王線国領駅のメロディーが「西部警察」「太陽にほえろ!」のテーマ曲に 2月20日始発から
あぁぁ……もう脳内であの名曲が再生されています!(2021/2/5)

医療技術ニュース:
思い出した音を脳波から復元する技術を開発
東京工業大学は、頭皮で記録された脳波信号から、音声を直接再構築する手法を開発した。聞いた音声を想起した時に記録されたEEGを利用し、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)によって音源のパラメーターを推定した。(2021/2/2)

「脳に関しても異常はない」 脳内出血で療養中の清原翔、所属事務所が容体を報告
2020年6月12日に感染性心内膜炎による脳内出血を発症。(2021/2/1)

アプリのインストールが増えた:
「仮想脳モデル」を活用して効果の高い広告を制作、NTTデータが効果を確認
NTTデータとNTTデータ経営研究所は、「仮想脳モデル」を活用して動画広告を作成し、効果を検証した。再生率が23.6%、動画広告のツイートに関するエンゲージメント率が35.3%向上した。(2021/1/28)

脳梗塞で入院の田中裕二 3歳次女が毎日贈るイラスト付きの手紙に反響「何よりの薬かも」
父娘の仲よしな雰囲気が目に見えるよう。(2021/1/25)

医療技術ニュース:
楽器の練習で認知機能が向上し、脳活動に変化があることが明らかに
京都大学は、高齢者が新たに楽器の練習に取り組むことで、認知機能が向上し、脳活動に変化が見られることを確認した。健康な高齢者が4カ月間鍵盤ハーモニカのレッスンを受けたところ、言語記憶が向上していることが示唆された。(2021/1/25)

バービー、“偽りのない私”解き放つ→完全にキャプ翼頭身で脳が混乱する
ねんがんのとうしんをてにいれたぞ!(2021/1/22)

「ふしぎの海のナディア」のブルーウォーターを自作する匠現る 回路が透けて光ってカッコイイ!
OPテーマが脳内で流れ出すレベル。(2021/1/16)

プロジェクト:
野村不動産が仙台市で2棟の分譲マンションを開発、脳トレ扱った入居者サービスを導入
野村不動産は、宮城県仙台市青葉区二日町で、入居者向けのヘルスケアサービス「WellnessConnect」を初導入した分譲マンション「プラウドタワー仙台晩翠通サウス」と「プラウドタワー仙台晩翠通セントラル」の開発に着手した。(2021/1/15)

脳波信号から音声を再現:
「本人はどう聞こえているか」を客観視できる技術を東京工業大学の研究チームが開発
東京工業大学の研究チームは、脳波信号から音声を再構築する手法を開発した。CNNによって音声情報を表現しているパラメーターを推定し、耳で聞き分けられる母音を脳波信号から合成する。(2021/1/13)

「るるぶONE PIECE」で“脳内大航海” 物語の舞台に似た世界のスポットをガイド
「ONE PIECE」の物語の舞台と似た世界各地のスポットを、旅行ガイド「るるぶ」編集部が案内する初のコラボムック「るるぶONE PIECE」が実現。「なかなか海外旅行ができない今だからこそ、麦わらの一味気分で『脳内大航海』へ出航してみてください」(2021/1/7)

森口博子、早見優、松本伊代、松本明子がNiziUの「Make you happy」に挑戦 「複雑な指先の振り付けはもう〜脳トレ状態(笑)」
「昭和アイドル魂で、頑張りました」(2021/1/6)

元「うたのおにいさん」今井ゆうぞうさんが脳内出血で急逝 生前最後のブログには“目の異常な充血”
ご冥福をお祈りいたします。(2020/12/28)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「Fall Guys」のプレイをレポートする
感想「このゲームやっぱり出るわ脳汁が」(2020/12/24)

先生を「お母さん」と呼んでしまったと思ったら? 予測不能過ぎる4コマ「複雑な家庭」に脳が追いつかない
4コマとは……。(2020/12/27)

分かる人には分かるゲームネタ満載の「魚の4コマ」が人気 “ソシャゲ脳なレストラン”ってどんな店?
ヤバイですね!(2020/12/23)

「かわいいかのジャッジを脳が放棄」 シソンヌじろう、『鬼滅の刃』禰豆子風コスがファンを大いに混乱させてしまう
顔の圧が妙に強い禰豆子。(2020/12/22)

脳内再生余裕でした よゐこ、お勧めアニメを語る 濱口は家で奇行種ムーブも告白
アッキーナも一緒になって楽しんでそう。(2020/12/4)

CADニュース:
ペーパーレス化やDXへの取り組みを支援、図面を「iPad」へ転送するアプリ
フォトロンは、2D CADで作成した図面データを「iPad」へ転送するアプリ「図脳RAPID for iPad」を発表した。図面データをiPadに格納して現場で活用でき、ペーパーレス化による作業時間の短縮や、DXへの取り組みを支援する。(2020/12/4)

「全国統一eスポーツテスト」開始 ゲーマーの「目・手・脳」の基礎能力を測定
日本eスポーツ連合が、eスポーツに必要な能力を測定する「JeSU公認 全国統一eスポーツテスト presented by ZONe」を発表した。目と手、脳の力を測る3つのゲームでプレイヤーの点数と偏差値を算出する。(2020/11/25)

今日のリサーチ:
脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。(2020/11/24)

AIに負けるな──イーロン・マスク「Neuralink」の狙いは「人類の能力の拡張」 脳を読み取る「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今
イーロン・マスク氏が立ち上げたNeuralinkを中心に、「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今を解説する。(2020/11/25)

医療技術ニュース:
不快な刺激から逃げるための脳神経回路を発見
東京大学は、ショウジョウバエの幼虫が不快な刺激を受けた際に、その場から後退して逃げる脳神経回路を発見した。異なる受容器で感知した不快な感覚情報を脳内で統合し、後退運動へ変換する仕組みを神経回路レベルで解明した。(2020/11/18)

脳活動の制御で「ザク」動かす バンダイとNeUが実験に成功
「こいつ、動くぞ!」。NeUとバンダイは脳活動のコントロールによりミニチュア「ザク」を動かす実験に成功した。(2020/10/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。