ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「脳」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脳」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

医療技術ニュース:
ヒトの認知機能をつかさどる脳内情報表現の可視化に成功
情報通信研究機構は、ヒトの認知機能と脳活動の関係を説明する情報表現モデルを構築し、脳内情報表現を可視化することに成功した。今後、学習や加齢による認知機能の脳内表現の変化や、個人の能力を定量的に可視化するなどの応用が期待される。(2020/3/26)

瞑想も、仮眠も、脳波測定まで……:
“いつでもどこでも”働けるテレワークの時代に、「行きたくなるオフィス」をわざわざ東急不動産が作った理由
テクノロジーの発展で、いつでもどこでも働ける時代になった。そんななか、東急不動産が「行きたくなるオフィス」を作った理由とは。オフィスでは瞑想ができたり、仮眠が取れたり、はたまた脳波測定をしたりできるという。(2020/3/23)

仕事へ行く前、毎朝「SHIROBAKO」を見続けた――あおいと頑張り矢野さんに支えられて働いた女が見た劇場版
“脳内矢野さん”に叱咤激励されて働き続けた日々。(2020/3/20)

「Pohoiki Springs」:
Intel、1億ニューロンを組み込んだ脳型システムを発表
Intelは2020年3月18日(米国時間)、約1億ニューロンの演算能力を備えた新しいニューロモーフィックコンピューティングシステム「Pohoiki(“ポホイキ”のように発音) Springs」を発表した。(2020/3/19)

脳活動から「かわいい」「親しい」などの知覚結果を高精度で把握:
ヒトの多様な脳内情報表現の可視化と解読に成功 NICT CiNet
NICTに属するCiNetのグループは、認知機能と脳活動の関係を説明する定量的な情報表現モデルを構築することで、ヒトの多様な認知機能をつかさどる脳内情報表現の可視化と解読に成功した。これにより、脳内認知情報表現のより総合的な理解や個人の発達や加齢などに対応した、認知機能の比較定量手法の開発が期待される。(2020/3/12)

医療技術ニュース:
従来の人工知能に実装されていない、脳内のシークエンス入力を発見
東京大学は、海馬ニューロンが受けるシナプス入力を大規模に可視化することで、近くのシナプスが特定の順番で反復入力を受けることを発見した。(2020/3/5)

脳の手術を受けながらバイオリニストが演奏 手の運動機能を損なわないために医師が提案
これは貴重な音色と言えるかも……。(2020/2/27)

医療機器ニュース:
薄型CMOSセンサーを応用したpHイメージングツールを開発
自然科学研究機構 生理学研究所、豊橋技術大学は、薄型CMOSセンサーを応用した生体への適用が可能な高精細pHイメージングツールを開発し、脳内のpHが視覚刺激に伴い変化する様子を検出した。(2020/2/27)

ガルパンっぽい! 「フラッシュ撮影するとCGアニメっぽく見える戦車模型」に思わず脳が混乱する
CGアニメ感がすごい!(2020/2/25)

CADニュース:
モノづくりの全工程で3D CADデータを活用できる3D CADソフトウェア発売
フォトロンは、3D CADソフトウェアの最新バージョン「図脳CAD3D V2」を発売した。意匠設計機能とサーフェスモデリング機能などを強化し、モノづくりの全行程において3D CADデータの有効利用を促進する。(2020/2/25)

日本メクトロン:
独自伸縮FPCで脳波測定、筋肉のトレーニングに応用も
日本メクトロンは、「第6回ウェアラブルEXPO」(2020年2月12〜14日/東京ビッグサイト)で、独自の伸縮FPCを用いた「パッチ式脳波センサー(EEG)」などを展示した。伸縮FPCに関しては、電気刺激で筋肉を運動させるEMS(Electrical Muscle Stimulation)への応用例も公開、特性を生かしたアプリケーション拡大を狙っている。(2020/2/18)

元「ドロンズ」大島が脳梗塞で入院、当時の実体験を告白 「夢の世界と現実世界が一緒に」「いつの間にか、病院にいた」
異変に気付けなくなるのが怖い。(2020/2/3)

ダイドードリンコの事例:
マーケティングは「無意識」を探る時代に ニューロサイエンスで検証した新商品の効果は?
アンケートやインタビューでは分からない「無意識」を脳波測定などによって可視化し、マーケティングに生かす動きが活発化している。ダイドードリンコはニールセン・カンパニーと共に、新開発の容器の効果を測定した。消費者の感情や記憶に訴える効果はあったのか。(2020/1/31)

医療技術ニュース:
脳が「好き」と「嫌い」を分ける仕組みを解明
名古屋大学は、脳が「好き」と「嫌い」を分ける仕組みを解明した。線虫が温度刺激を受け取ると、感覚神経細胞が刺激の好き、嫌いに応じて神経伝達物質の放出バランスを調節し、情報を受け取る神経細胞の活動を制御していた。(2020/1/30)

医療技術ニュース:
神経幹細胞が再形成する仕組みを発見
京都大学と理化学研究所の研究グループは、哺乳類の脳の形成段階において、神経幹細胞が形態を柔軟に再形成する仕組みを発見した。脳形成の基本的な仕組みが解明されたことで、脳形成不全に伴う疾患などの原因解明に役立つことが期待される。(2020/1/29)

香川のゲーム規制条例案、約半数が賛成との調査結果 「他の遊びのほうが脳の刺激になりそう」「今はゲームも職業になる時代」など賛否
「本来ならば各家庭で教育すべき事柄だが、共働き世帯などでは育児に時間をかけられず、条例で決めてもらえれば負担が減る」とする、悩ましい意見も。(2020/1/28)

医療機器ニュース:
脳動脈治療に用いる袋状塞栓デバイスの製造販売承認を取得
テルモは、脳動脈瘤の血管内治療に使用する袋状の塞栓デバイス「Woven EndoBridgeデバイス」の製造販売承認を取得した。袋状の塞栓デバイスの承認は日本初となる。(2020/1/27)

FAメルマガ 編集後記:
2020年こそ期待したいロボットの“手”の進化
“眼”と“脳”と“手”が柔軟性の三種の神器です。(2020/1/24)

「あ、あま〜〜〜〜い!!」 イチゴの甘さにびっくり(?)したハムスター 脳内アフレコしたくなる表情がかわいい
無事、脳内アフレコされました。(2020/1/16)

メイプル超合金、新幹線で神谷明に遭遇して“ひでぶ”してしまう 「アタシはもう死んでいる」「心拍数が270まで上がる」
3人とも最高の笑顔。(2020/1/13)

医療技術ニュース:
臓器内の全細胞を調べる高速イメージングと高速解析技術を開発
理化学研究所は、透明化した臓器内の全ての細胞を解析する「全細胞解析」を実用化し、これを用いて、マウス脳を構成する約1億個の細胞を解析することに成功した。(2020/1/9)

AI・機械学習のデータセット辞典:
fastMRI Dataset:膝MRI/脳MRIの画像データセット
データセット「fastMRI」について説明。1500枚以上の膝MRIの画像データや、6970枚の脳MRIの画像データが無料でダウンロードできる(契約と申請が必要)。(2020/1/8)

小魚4匹の脳を並列接続した「生体ストレージ」登場 現実味のあるSF設定にロマンを感じる
煮干し×レジンの発想がさらに進化したアートプロダクトです。(2020/1/6)

ドローン戦争で勝つには“電池”なの? 第一人者がささやく勝利の方程式
ドローンは、災害調査や測量など、多くのビジネスで使われるようになってきている。日本はエンタープライズドローン分野で世界と戦うことはできるのか。(2020/1/6)

医療機器ニュース:
柔軟性に優れた脳動脈瘤塞栓コイルを発売
カネカは、柔軟性に優れた脳動脈瘤塞栓コイル「i-EDコイル」を開発し、日本での販売を開始した。柔軟性を高めたことで、動脈瘤内でコイルをより高密度に詰めることが可能になった。(2019/12/16)

AWS re:Invent 2019リポート(1):
NFLとAWSがAIで挑む、アメリカンフットボール選手の脳損傷問題
米国で社会問題となってきた、脳損傷をはじめとするアメリカンフットボール選手の健康について、米NFLとAWSは機械学習/AIを活用したシミュレーション/モデリングによる調査研究を共同で行い、これまでとは異なる観点から対策を進めていくことを発表した。具体的には何をやろうとしているのか。(2019/12/10)

SNSで話題になった「おじいちゃんのノート」新作がMakuakeで登場 水平に開けて「脳を活性化」するノート
青い凹凸のある特殊紙「OKシナプス」を使用しています。(2019/12/6)

医療技術ニュース:
歯周病患者の歯茎で脳内老人斑成分が産生していることを発見
九州大学は、ヒトの歯周病の歯茎と歯周病因菌のジンジバリス菌(Pg菌)を投与したマウスの肝臓で、脳内老人斑成分のアミロイドβ(Aβ)が産生されていることを発見した。(2019/12/4)

AIでMRI画像診断を支援 メッドサポートシステムズとNTTデータが実証実験開始
脳のMRI画像診断をAIで支援するエンジンとビュワーを開発し、これらの有用性を評価。2020年度内の商用提供を目指す。(2019/12/2)

医療技術ニュース:
大脳獲得における進化の機構をホヤで解明
京都大学は、脊椎動物に最も近い無脊椎動物のホヤの脳の前方領域において、脊椎動物の吻側神経菱と同様にFoxg遺伝子が発現していることを発見した。(2019/11/27)

東芝情報システムが初公開:
アナログニューロンチップで1μ秒以下の「脊髄反射」
東芝情報システムは、応答速度1マイクロ秒以下と、脊髄反射のような知的処理を超低消費電力で実現する新型アナログニューロンチップを開発し、「ET&IoT Technology 2019」(2019年11月20〜22日、パシフィコ横浜)で初めて公開した。(2019/11/25)

「大切なギターが盗まれました」 「炎炎ノ消防隊」EDのバンド「Lenny code fiction」、車上荒し報告で情報求める
盗まれたのは、メンバーのソラさんが愛用するGretschのホワイトペンギン。(2019/11/21)

今できること、すべきこと
脳とコンピュータのインタフェースがもたらす可能性
脳とコンピュータをつなぐブレインマシンインタフェースが成果を上げ始め、夢の技術ではなくなりつつある。今何ができるようになったのか。そして今、何をなさねばならないのか。(2019/11/15)

加山雄三が脳梗塞でコンサートツアーの公演が延期 「自分としてはいたって元気にしています」
12月のコンサートは通常通り行うとのこと。(2019/11/12)

Go AbekawaのGo Global!〜Li Rutong編(後):
「エンジニアの本当の技量が問われる、だから楽しい」――コーディングを楽しむCTOがエンジニアに伝えたい“焼脳”とは
コンテンツ配信を担う「U-NEXT」でCTOを務めるLi Rutong(リー・ルートン)氏。一番大切な仕事は「自分がいらないシステムを作ること」と語るルートン氏がエンジニアに伝えたい“焼脳”とは何か。(2019/11/12)

娘のためにパパが女装で“読モ”デビューする漫画 衝撃すぎるオチに「脳が理解しようとしなかった」と困惑の嵐
あなたはオチを何度見かするでしょう。(2019/11/8)

医療技術ニュース:
人工神経接続システムを用いて、まひした手を動かすことに成功
京都大学は、人工神経接続システムを用いて、手の運動機能がない脳領域に運動機能を持たせることに成功した。システムを介して脳の信号をまひした筋肉に伝達したところ、10分程度でシステムに適応し、手を自在に動かすことができた。(2019/11/7)

「美しく欺く」科学 着やせ、デカ目 錯視効果を数値化
 黒い服には着やせ効果、アイメークを施した方が「デカ目」に見える−。こうしたファッションや美容の定説、耳にしたことがあるだろう。実は、見え方によって人間の脳がだまされる「錯視」の作用を応用したもの。印象論や主観で語られることが多かった“美しく欺く”効果を、科学的に証明する研究を大阪大の教授が進めている。(有年由貴子)(2019/11/6)

洗濯バサミがヒロインの漫画が人類には早すぎる ネタ案を提案された編集さん「キミの脳内が怖いよ」
作者「あの半円のとこのライン実に女性的」(2019/11/5)

「5G」の医療利用は現実的か【後編】
遠隔手術から脳の3D化まで 「5G」は医療をどう変えるのか
「5G」は医療機関でどう利用できるのか。アナリストの発言を基に、治療への活用の可能性を考える。(2019/11/5)

製造マネジメント インタビュー:
グーグルからパナソニックへ、松岡陽子氏の原動力は「人の生活を助けたい」
パナソニックのフェローに、グーグル(Google)米国本社のバイスプレジデントで、スマートホーム製品「Google Nest」のCTOを務めた松岡陽子氏が就任する。松岡氏はパナソニックにどのような影響を与えるのだろうか。同社が開催した会見で松岡氏は、期待される役割など報道陣からの質問に答えた。(2019/11/1)

医療技術ニュース:
脳損傷後の機能回復過程で新たに形成される神経路を発見
産業技術総合研究所と理化学研究所は、脳損傷後の機能回復過程で新たに形成される神経路を発見した。脳損傷後に適切な脳の変化を促すことで機能を回復する、ニューロリハビリテーション技術の開発に寄与する成果だ。(2019/10/25)

医療技術ニュース:
神経信号から脳の回路図を描く解析法を開発
京都大学は、神経活動データからその背後にある脳神経回路を高精度で推定する解析法を開発した。解析プログラムは現在公開中で、webアプリケーションも提供している。(2019/10/24)

仏の研究機関が開発:
脳に埋め込んだチップで、まひした手足を動かす
まるでサイエンスフィクションのような話だが、フランス・グルノーブルにあるフランス原子力庁(CEA)の研究機関で、グルノーブル大学病院内で活動する「Clinatec」が、体内に移植できるワイヤレスの脳インプラントデバイス「WIMAGINE」を開発した。(2019/10/21)

医療技術ニュース:
夢はなぜ忘れる? レム睡眠中に記憶が消去される仕組みを発見
名古屋大学は、レム睡眠中に、脳のメラニン凝集ホルモン産生神経(MCH神経)が記憶を消去していることを明らかにした。マウスを使った実験では、MCH神経の活動が活性化すると記憶が消され、抑制すると記憶が定着することが分かった。(2019/10/15)

専用の脳波計測器やタブレットなどを利用:
「最も高い効果を期待できる動画はどれか?」を脳波で計測 電通サイエンスジャム
電通サイエンスジャムの「Brain Behavior Insight」は、家庭内での脳波を基にした調査を可能にするプラットフォーム。脳波計測器と専用タブレット、専用の調査アプリケーションを用いて、リラックスした状態で調査できる。(2019/10/15)

医療技術ニュース:
緊張による運動・演奏のパフォーマンス低下を脳への刺激で防ぐことに成功
情報通信研究機構は、緊張による運動パフォーマンス低下と背側帯状回皮質の活動が相関関係にあることを発見した。また、背側帯状回皮質への経頭蓋磁気刺激(TMS)により、運動パフォーマンス低下を抑制することに成功した。(2019/10/10)

試合中のデータをリアルタイムで取得
ラグビー選手の脳振とうは「IoTマウスピース」と「SAP HANA」で防げるのか
ラグビーなどの激しいスポーツで、選手の命に関わる脳振とうをいかに防ぐか。「SAP HANA」をベースにした「PROTECHT」は、IoTマウスピースで取得したデータから頭部への衝撃を計測し、脳振とうの防止に役立てる。(2019/10/10)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
右右脳タイプが左左脳タイプをマネてもダメ!――利き脳片づけ収納術で暮らしのストレスを軽減
真っ白なジグソーパズルを完成させるのは、非常に大変な作業である。しかし、色や絵があれば、それが手掛かりとなり、ピースをはめていくことができる。片づけも同じで、自分にあった方法をやみくもに探すのではなく、手掛かりがあった方がよい。(2019/10/7)

医療機器ニュース:
脳に密着するオール有機物の頭蓋内電極を開発
東北大学は、水分が70%以上のハイドロゲルを基材とするオール有機物の頭蓋内電極を開発した。ブタの摘出脳で接触インピーダンス測定をしたところ、安定した広域密着性を示し、脳に密着する頭蓋内電極としてその有効性を実証した。(2019/10/3)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。