ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「脳」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脳」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「時計の針が進まない」単純作業の大変さ…… 日払いバイトの体験談漫画に「裏にはこんな労力が」「めっちゃわかります」
さまざまな人の仕事の積み重ねで商品はできている!(2020/9/17)

旭化成、NTTデータなどが参加:
脳科学とAIの融合研究を開始 応用脳科学コンソーシアムが産学連携で
応用脳科学コンソーシアムは、脳科学とAIの融合による脳融合型AIの研究開発を開始する。社会的に中立性の高い組織で、継続的に脳科学とAIの融合研究の産業応用に向けて取り組むという。(2020/9/16)

イスラエルのWeebit Nano:
ReRAMを活用して自立型のAI学習性能を向上
次世代メモリ技術の開発を手掛けるイスラエルのWeebit Nanoは、シリコン酸化物(SiOx)抵抗変化メモリ(ReRAM)技術を活用した最新の研究成果を発表した。同社が開発した脳からヒントを得た人工知能(AI)システムは、学習タスクを監視せずに実行して、高精度な結果を提供することができるという。(2020/9/11)

「言語化できない脳の反応」を利用:
脳活動を基に「楽曲の特徴」を可視化し、ヒット要因を把握する技術 NTTデータなど3社が開発
NTTデータなど3社は、楽曲の特徴を捉えてヒットソングがヒットした要因を把握するなど、楽曲の脳情報化に関する技術を開発した。人が楽曲を聴いているときの脳活動を推定して、楽曲の特徴を抽出し、可視化する。(2020/9/7)

AIと脳科学でヒットソングの特徴を可視化  4カ月程度先までのトレンドを予測、NTTデータなど
脳活動を推定する技術で楽曲を評価します。(2020/9/4)

NTTデータ、脳科学でヒット曲の特徴を可視化 4カ月先の音楽チャート予測も
NTTデータが、人間の脳の活動を推定する技術を活用して、ヒット曲の特徴の可視化や、4カ月先の音楽トレンドの予測などができる技術を開発した。(2020/9/3)

こちらを見つめて立ち尽くす猫→近づいてみると…… 「お水出して?」とせがむ姿がかわいすぎる
ネコ語が脳内で自動翻訳されます。(2020/9/2)

高橋幸宏、脳腫瘍の摘出手術を告白 初夏に“断続的な頭痛”、手術当日にツイートも「今日は13日、緊張の日」
手術は成功し、後遺症もないとのこと。(2020/8/31)

イーロン・マスクのNeuralink、脳埋め込みチップのブタでのデモで進捗報告
イーロン・マスク氏のBMI(脳マシンインタフェース)企業Neuralinkがプロジェクトの進捗報告イベントを開催。頭蓋骨にはめる直径23mmのチップ「LINK」と移植手術ロボットを披露し、LINKを埋め込んだブタによるデモを行った。(2020/8/30)

プラモなのにアニメにしか見えない……! 「マクロス」再現ジオラマがヤック・デカルチャーなクオリティ
ひと目で主題歌のイントロが脳内再生されるレベル。(2020/8/29)

待ちきれないテスラファン「ヒャッハー、先に作っちゃったぜ」 鬼加速な“自作”テスラバギーが脳内破壊力抜群
ある意味無敵かも。(2020/8/27)

医療技術ニュース:
神経伝達物質を単一分子レベルで高速検出、識別できる手法を開発
大阪大学と科学技術振興機構は、量子計測とAI解析を組み合わせることで、脳内の神経伝達物質を単一分子レベルで検出、識別する手法を開発した。神経伝達物質の計測が可能になったことで、神経疾患の詳細な理解につながることが期待される。(2020/8/3)

「ただの生卵やん」「生卵…ではない…!?」 レモンティーにアイスの実を入れてみたらどう見ても“生卵”になる
激似すぎて脳が混乱するレベル。(2020/8/1)

やむをえない事情で“マスクをつけられない人”がいると知ってほしい 「わけがありますく」プロジェクトを取材
発達障がい、感覚過敏、脳の障がい、皮膚炎、呼吸器の病気などでマスクの着用が難しい人たちがいます。(2020/8/1)

「秋元さん脳痺れると思います」 ≠ME、初の無観客ライブを開催へ 指原Pが厳選したセットリスト予想など早くも盛り上がり
ワクワクが止まらない!(2020/7/25)

「どう見てもガラスやのにグニャって出来んの面白すぎるw」 Twitterで話題の“シリコングラス”が最高に不思議
脳が混乱するw(2020/7/24)

「呪われた日」 間瀬翔太、“2年連続で死にかけた7月23日”を振り返る 2020年は脳波検査で入院
平穏な日々が送れますように……。(2020/7/23)

医療技術ニュース:
光を照射して神経細胞を刺激、サルの手を動かす
自然科学研究機構 生理学研究所は、サルの大脳皮質運動野に光遺伝学を適用し、サルの手を動かすことに成功した。電気刺激に替わる、光による脳深部刺激療法などヒトの病気治療への応用につながる成果だ。(2020/7/16)

医療技術ニュース:
匂いのハーモニーはどのように生まれるのか、従来の説を覆す発見
九州大学は、匂いを嗅ぐ時に嗅神経細胞で生じる、多様な調節作用の仕組みを明らかにした。匂いの拮抗作用や相乗効果が、脳の中枢ではなく鼻の嗅神経細胞で生じていることを、生きた動物で実証した。(2020/7/15)

KDDIが「スマホ依存」を軽減する取り組み 脳神経科学とAIを活用、2024年度の実用化を目指す
KDDIらは、7月10日に「スマホ依存」に関する共同研究を開始。脳神経科学とAIを組み合わせて実態調査・解明を進め、2024年度中に改善・予防を行うアプリの実用化を目指す。(2020/7/10)

KDDIが「スマホ依存」の研究スタート 脳科学とAIで依存予防アプリ開発へ
KDDIが、スマートフォンの長時間使用をやめられない「スマホ依存」に関する研究を始めたと発表した。脳科学やAI技術を活用して研究を行い、依存症の改善や予防に役立つアプリの実用化を目指す。(2020/7/10)

今日のリサーチ:
消費者文脈が広告効果に与える影響とは?――GumGumとSPARK Neuroが共同調査
消費者が接しているWebサイトの「文脈」が、見る人の情緒的反応や記憶や購買意欲にどのように影響を与えるか。脳科学の観点から調査したレポートです。(2020/6/24)

顔にも人にも見える…… 錯視が連続するショートフィルム「A Mind Sang」が脳に混乱をもたらしてくる
認識、復活、変形を表現した6分間のアート映像。(2020/6/24)

「ただ祈ることしか出来ない」「また一緒に酒飲むぞ!!」 脳出血で緊急手術の清原翔に北村匠海、本田翼らがエール
回復を大勢のファンや仲間が願っています。(2020/6/19)

「逆回転にしか見えないw」 超低反射塗料「黒色無双」で作った“シルエット錯視”の動画に目も脳も大混乱
脳「右回r……いや、左回りか?」。(2020/6/14)

「人工冬眠」導く神経、マウスで発見 人間の冬眠技術へ前進
マウスの脳の一部を刺激すると、人工的に冬眠に似た状態に導ける──筑波大学と理化学研究所がこんな研究結果を発表した。通常は冬眠をしない実験動物のマウスを冬眠に近い状態にできたため、同じほ乳類である人間の人工冬眠についても研究が進むと期待できるという。(2020/6/12)

バナナオムレット最高ー! 子どもがiPhoneで作った幻覚症状風動画の中毒性が激ヤバ
ちょいちょい挿入される「デデデデーン(ゼルダの伝説のジングル)」で笑っちゃう。(2020/6/12)

「どうやって作ったんですか?」「瞬間表現っぷりがすごい」 ゴジラの放射熱線でビルが爆発する瞬間を表現したジオラマが度肝抜く完成度
この後粉々になって倒壊するところまで脳内再生余裕でした。(2020/6/12)

87分の1サイズの模型を改造した超小型ラジコンがすごい! なめらかな動作とランプ点灯のギミックに驚きの声
小さいのにリアルな動きで脳がバグる。(2020/6/11)

医療技術ニュース:
ヒト脳の老化進行を評価する新しい加齢バイオマーカーを発見
理化学研究所は、磁気共鳴画像法の新しい手法を用いて、ヒトの脳の静脈排出パターンが加齢とともに変化することを発見し、加齢や脳損傷に伴う静脈排出不全が脳室の拡大を引き起こすメカニズムを示した。(2020/6/10)

睡眠不足で「脳がバグった」珍行動を描いた漫画があるあるすぎる 食事の支度中にトイレへ向かったら……
自覚のないまま引き起こされる怪現象。(2020/6/10)

ロッテでも採用、食品業界の検品自動化:
PR:40年超の工場システムノウハウがAIと現場をつなぐ
品質基準検査の難しさから人手頼りであった食品業界の検品作業。この領域でも、AIによる作業自動化が普及し始めている。だが、本格展開にあたってはAIの頭脳である機械学習モデル開発とは別次元の、現場利用で直面する大きな課題も存在する。AIが判断材料となる映像を入手し、また判断後、不良品を取り除くための仕組みをどう構築するか。これら抜きに、検品の自動化は成立しない。製造現場とAIをつなぐ“現実解”とは?(2020/6/11)

16年間秋葉原のニュース届け続ける「アキバBlog」、一時的に更新停止 管理人が脳梗塞で
秋葉原関連のニュースを2004年からほぼ毎日届け続ける個人ニュースサイト「アキバBlog」が、しばらくの間更新を停止する。管理人が脳梗塞で入院したため。(2020/6/4)

【うっかりおうちで死にかけた】同人誌を描いているときに脳梗塞→「明日は仕事だから」と病院に行こうとしなかった、というお話
「今は『おかしいと思ったら、家族のためにも自分のためにも救急車を呼ぶべき』だと思っています」。(2020/6/17)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:量子コンピュータへの挑戦
特集は5Gによる産業の変化、量子コンピュータ時代の古典コンピュータの役割、コンフィデンシャルコンピューティングの3本。他に脳とコンピュータのインタフェース、シリコンフォトニクス、ストレージコスト削減事例などの記事をお届けする。(2020/5/24)

性も恋愛も気になりだしたらそういう目でしか見られない!「かぐや様は告らせたい?」7話 少女漫画脳シンドローム発動
「気になる」のは立派な恋の成長過程。(2020/5/24)

塗るだけで闇に染められる塗料誕生 漆黒を表現できる「黒色無双」が脳がバグるほど黒い
黒だよ。真っ黒。(2020/5/18)

福井の常山酒造が「脳内帰省パック」販売 感染広げず帰省した気分になれて寄付もできる三方良しセット
実質帰省。(2020/5/1)

製造マネジメントニュース:
人の感性や能力を拡張、パナソニックのAug Labが研究パートナー募集
パナソニックは2020年4月23日、2019年に設立した「人間の能力や感覚の拡張」をテーマとした学際的バーチャルラボ「Aug-Lab」の取り組みについて、メディア向けオンラインセミナーで紹介。1年間の活動成果を発表するとともに、さらなるオープンイノベーションを加速させるために、新たな共同研究パートナーの募集を発表した。(2020/4/27)

動画とテキストの相乗効果で大きな強み:
Twitterにおける動画広告の見られ方をアイトラッキングと脳波測定で分析した結果
科学的手法で検証したTwitterならではの動画広告の効果とはどのようなものだろうか。(2020/4/23)

付き合ってデートやキスをしたいのはいけない事ですか? 「かぐや様は告らせたい?」2話 かぐや脳内法廷は大騒ぎ
かぐや様、がんばりましたね。(2020/4/19)

各社CEOの見解を聞く:
脳型コンピュータはAIチップと競合するのか?
新しいニューロモーフィックチップは、同様に最先端の分野であるAI(人工知能)アクセラレーターは、“競合”となるのか。ニューロモーフィックチップやAIアクセラレーターを開発する企業のCEOに、見解を聞いた。(2020/4/17)

医療技術ニュース:
「おいしい」塩味を感じる分子メカニズムを解明
京都府立医科大学は、マウスを用いた実験で、舌の味蕾と呼ばれる味覚センサー器官の中の塩味を感じる細胞を同定し、さらにこの塩味受容細胞で塩味の情報が変換され、脳へと伝えられる仕組みについて分子レベルで解明した。(2020/4/16)

医療機器ニュース:
脳の健康度をセルフチェックするデジタルツールを発売
エーザイは、Cogstateの認知機能テスト「Cogstate Brief Battery」を、認知機能をセルフチェックする非医療機器デジタルツールとして開発し、「のうKNOW」の製品名で発売した。(2020/4/7)

社畜がブラック企業を潰そうと悪魔を召喚→思ってたのと違う…… 天使のような見習い悪魔の漫画に癒される
CV.遠藤綾さんで脳内再生しました。(2020/4/7)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
いつか人間の脳に追い付くのか?
脳は本当に「未知の領域」なんですね。(2020/3/30)

医療技術ニュース:
ヒトの認知機能をつかさどる脳内情報表現の可視化に成功
情報通信研究機構は、ヒトの認知機能と脳活動の関係を説明する情報表現モデルを構築し、脳内情報表現を可視化することに成功した。今後、学習や加齢による認知機能の脳内表現の変化や、個人の能力を定量的に可視化するなどの応用が期待される。(2020/3/26)

瞑想も、仮眠も、脳波測定まで……:
“いつでもどこでも”働けるテレワークの時代に、「行きたくなるオフィス」をわざわざ東急不動産が作った理由
テクノロジーの発展で、いつでもどこでも働ける時代になった。そんななか、東急不動産が「行きたくなるオフィス」を作った理由とは。オフィスでは瞑想ができたり、仮眠が取れたり、はたまた脳波測定をしたりできるという。(2020/3/23)

仕事へ行く前、毎朝「SHIROBAKO」を見続けた――あおいと頑張り矢野さんに支えられて働いた女が見た劇場版
“脳内矢野さん”に叱咤激励されて働き続けた日々。(2020/3/20)

「Pohoiki Springs」:
Intel、1億ニューロンを組み込んだ脳型システムを発表
Intelは2020年3月18日(米国時間)、約1億ニューロンの演算能力を備えた新しいニューロモーフィックコンピューティングシステム「Pohoiki(“ポホイキ”のように発音) Springs」を発表した。(2020/3/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。