ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リハビリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リハビリ」に関する情報が集まったページです。

「いつ再発するか分からない」 16連射の高橋名人、“黄金の右手”の手術が急遽決定
大丈夫かな……。(2020/6/26)

プロ野球、AIで非接触の動作解析 東大発ベンチャーに期待
新型コロナウイルス感染拡大の影響で3カ月遅れで開幕するプロ野球に、東大大学院工学系研究科の出身者らによるAIベンチャー企業などが開発した、投手や打者の動作解析アプリが導入される。装置を付ける必要がないため期待が集まる。(2020/6/22)

小田原駅「うなぎ、金目鯛と銀鮭のあいのせ御膳」(1100円)〜移動の自由を噛みしめて、近場から少しずつ“旅気分のリハビリ”を!
うなぎの蒲焼き、金目鯛の煮つけ、銀鮭の西京焼きを一度に食べられる駅弁です。(2020/6/21)

“読書のバリアフリー化”に役立つ書籍データ、流出リスクやコストが活用の壁に
日本で読書バリアフリー法が施行されてからまもなく1年。障害の有無にかかわらず本が読める環境作りに向け、書籍の電子データの活用が注目されている。一方、データ流出リスクやコストなど、乗り越えなければいけない課題は多いのが現状だ。(2020/6/12)

バイタルデータを即時に取得:
ウェアラブルシステムをリモートリハビリに活用
京セラと東京医科歯科大学は、血中酸素飽和度などバイタルデータをリアルタイムに取得できる「ヘッドセット型ウェアラブルシステム」について、臨床研究の準備を始めた。(2020/6/3)

京アニ放火事件の青葉容疑者を逮捕、容疑認める
 昨年7月、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、殺人容疑などで無職、青葉真司容疑者(42)=さいたま市見沼区=を逮捕した。調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めている。青葉容疑者は自らも重いやけどを負っており、入院して治療が続けられてきたが、府警は一定程度回復し、取り調べなどにも耐えられると判断した。殺人事件として平成以降で最悪の犠牲者を出した未曽有の事件は発生から約10カ月で大きな節目を迎えた。(2020/5/27)

ソニー、ドコモらが医療分野のIT活用で協業へ VRを使った“バーチャル面会”など検討
NTTドコモ、ソニー、エムスリーが、新型コロナウイルス対策をはじめとする医療分野のIT活用で協業すると発表。第1弾として、VRやARなどを活用した入院患者のバーチャル外出支援のトライアルを始める。(2020/5/25)

新型コロナ対策でドコモやソニーが協業 バーチャル外出・面会サービスを検討
NTTドコモ、エムスリー、ソニーの3社は、医療機関・患者向けのICTやIoTの活用で協業検討を開始。第1弾としてVR・ARなどを活用した入院患者のバーチャル外出支援のトライアルから行う。(2020/5/22)

プロジェクト:
JR和歌山駅前の「医療×商業×住宅」複合再開発ビル、名称が「A TOWER」に
2020年2月に竣工したJR和歌山駅前に建設中の複合再開発ビルの名称が「A TOWER」に決定、分譲マンションの引渡しを開始した。高さ81.29メートルの同ビルは和歌山市街地で最高層の建物となる。「医療・商業・住宅」が同居する再開発事業は全国的にも珍しい。(2020/5/11)

「特別な朝を迎えました」「本当にうれしい」 笠井信輔アナが退院、4カ月半の闘病生活を振り返る
笠井アナ「皆さんの声がどれだけ励みになったことか」。(2020/4/30)

志賀廣太郎さん、誤えん性肺炎のため逝去 2019年には体調不良で「きのう何食べた?」降板
そんな……。(2020/4/30)

「法や金は君の体を守ってはくれない」 バイク事故で“足が4つに折れた”漫画家が体験レポで伝えたいこと
事故後もリハビリや事故調査など大変な事が続々……。(2020/4/25)

ペット手帳:
今日のわんこにゃんこ、ベストショット第六弾大発表!【犬】
かわいいワンちゃんたちがいっぱいです。(2020/4/5)

導入事例:
病院業務を効率化する新システム、患者の位置情報やバイタルデータをクラウドに集約
大成建設、名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンター、新城市民病院、NTTドコモ、シスコシステムズは、スマートホスピタル構想の実現に向け、愛知県の新城市民病院でウェアラブル端末やICタグを活用した医療スタッフや患者の各種情報を取得する新システムの実験を開始した。(2020/4/2)

ベンチャーニュース:
AI圧縮や酸化ガリウム基板の製造、JEITAが新鋭ベンチャー8社を表彰
電子情報技術産業協会は「第5回JEITAベンチャー賞」の受賞企業を発表した。AI圧縮技術のアラヤや酸化ガリウムの薄膜結晶成長技術のノベルクリスタルテクノロジーなど8社が受賞。(2020/3/31)

組み込み採用事例:
トヨタのリハビリ支援ロボットが採用した人間の骨格を検出する人工知能エンジン
ネクストシステムは、人間の骨格を検出する同社の人工知能エンジン「VisionPose」を、トヨタ自動車のリハビリテーション支援ロボット「ウェルウォークWW-2000」に提供した。同ロボットに、歩行分析ガイドやゲームなどの新機能が加わった。(2020/3/18)

ポスト・メイカームーブメント(2):
全世界で逆風が吹くメイカースペースに必要なもの
「メイカームーブメント」の真っただ中、世界中にメイカースペースが誕生した。だが、この10年、採算がとれずに閉鎖を余儀なくされた施設も少なくない。連載第2回では、メイカースペースの歩みを振り返りつつ、TechShopとファブラボの存在に着目し、“2020年代に生き残るメイカースペースの在り方”を探る。(2020/3/13)

ラーメン二郎未経験者が「レンタル二郎食べる人」と二郎に行ってみた 「依頼人の8割が女性」「すぐにスマホの通知が止まらなくなった」
確かに需要があるかも!(2020/3/6)

新建材:
クッション性能の低下を長期間抑制する防音マットを開発、大成建設
大成建設は、床衝撃音の低減機能と転倒時の安全性を兼ね備え、長期間性能を保持できる防音用マットを開発した。集合住宅や学校、医療施設などへの展開を予定しており、2020年4月から田島ルーフィングが販売を開始する。(2020/2/26)

“車いすアイドル”「仮面女子」猪狩ともか、9月にグループ卒業へ ソロ活動に意欲「自分にしかできないこと」
応援するっきゃない。(2020/2/18)

青山学院大学 次世代ウェルビーイングプロジェクト:
PR:ウェアラブルが進化させる生活環境 最新研究のその先を見る
「すべての人々が身体的・精神的・社会的に良好な状態で生活できる社会的な枠組み」、これを次世代Well-beingと呼ぶ。青山学院大学では理工学部を中心に複数の学科と研究室が共同でこの研究を進めている。中心的な役割の一翼を担っている同学 理工学部 情報テクノロジー学科 ロペズ・ギヨーム准教授が率いる「ウェアラブル環境情報システム研究室」で、具体的な研究内容を聞いた。環境情報を取得するだけではなく、「溶け込む」ように、環境に働きかけたり、本人に行動を促したりすることがポイントだという。(2020/2/12)

ALS公表の“ニャンちゅう声優”津久井教生、腫瘍摘出後の状況を報告 「やはり筋肉の能力低下が進んでしまいました」
自主トレを続け、今の状態を維持していきたいとつづっています。(2020/2/14)

「こんなにたくさん」「まるでサイボーグの部品」 JRA三浦騎手の体内から取り出されたインプラントの数が話題に
三浦騎手のボディーメイクを担当している樫木裕実さんも驚き。(2020/2/13)

「未来のスポーツの先生」はAI? スマホ動画で「お手本との違い」が分かる時代に
ジムにトレーナーがいない時間帯でも、AIが「正しい姿勢で筋トレができるよう」教えてくれるようになるかもしれない。(2020/2/14)

BAS:
住友電設がナースコールや内線をスマホで受け取れる病院向けシステムを開発
住友電設は、ナースコールソリューション「スマートフォンゲートウェイ」を活用した病院向けシステムの開発を進めている。(2020/2/11)

「新婚さんみたいー!」「和服の天使か女神か」 紺野あさ美、結婚4年目の“和装前撮り”が幸せいっぱい
紺野さん「夫に感謝です」。(2020/2/1)

キンタロー。の娘“ちびキン。”ちゃんに早くもママ似の兆し 頭囲が平均上回り「立派だわ」「お母さん譲りね」
発育いいな。(2020/2/1)

Innovative Tech:
カメラ映像から複数人の動きを骨格・筋レベルで同時検出 東大とドコモがモーションキャプチャ技術発表
動きの激しい、多人数がプレイするスポーツでモーションキャプチャが可能な技術が開発された。(2020/1/30)

Innovative Tech:
こんにゃくに学ぶ、400%伸びるスキンセンサー トロント大学などが開発
ヒドロゲルを組み込んだセンサーをウェアラブルデバイスに組み込むことを検討している。(2020/1/24)

DOCOMO Open House 2020:
口の動きを共有、長距離ワイヤレス充電、クラウド型乗車券、タッチレス決済――ドコモが見せる未来
NTTドコモが1月23日〜24日に5G関連のイベント「DOCOMO Open House 2020」を開催する。5Gによって、未来の生活がより便利になることが期待される展示が豊富だ。力触覚を伝えたり、口に動きを共有したりできるデモも。未来の充電方法も紹介している。(2020/1/22)

ロボット開発ニュース:
国内パワーアシストスーツ市場規模、2018年度は前年度比13.6%増の14億3700万円
矢野経済研究所は、国内パワーアシストスーツ市場の調査結果を発表した。2018年度の国内PAS市場は14億3700万円で、対前年度比13.6%増だった。2022年度の国内PAS市場を2018年度比で約5倍の71億8000万円と予測する。(2020/1/21)

映像から複数人の激しい動きを解析、東大とドコモが技術開発 ディープラーニング活用
東京大学とNTTドコモが、ディープラーニングを活用し、カメラ映像から複数人のモーションキャプチャーを行う技術を開発。スポーツやエンターテインメント領域、介護・リハビリ現場などでの活用を目指す。(2020/1/17)

ARコンタクトレンズをMojo Visionが発表 現実世界をキャプションで説明
米新興企業Mojo Visionが、コンタクトレンズ内のディスプレイに文字を表示するARコンタクトレンズ「Mojo Lens」を発表した。無骨なヘッドセットなど不要の「Invisible Computing」でリアルタイムの情報を現実世界に表示する。(2020/1/17)

くも膜下出血で療養中のSHEILA、47歳の誕生日に笑顔の近影公開 「ボロボロ過ぎでつらい」とリハビリの日々に本音も
がんばってほしい……!(2020/1/16)

サイバーセキュリティマネジメント海外放浪記:
発展目覚ましいアジア諸国と日本、この10年の決定的な違い
いろいろな国を放浪していると、さまざまな文化や考え方に触れるため、どうしても日本と比べてしまう。(2020/1/15)

「片目と足も動かないし、舌もかなり痛いけどがんばる!」 くも膜下出血で療養中のSHEILA、リハビリ成果で靴ひもを“むすべた!”
ファンからは応援メッセージが届いています。(2020/1/11)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIは民主主義をアップデートするのか? 統治とテクノロジーの関係
司法・行政・立法機関においてAIはどのように活用されていくのか。世界の事例を基に考える。(2020/1/10)

画像から人物の骨格を推定、ディープラーニング活用の無料サービス
画像から人物の骨格を自動で検出するAIツールを、ユーザーローカルが無償で公開。スポーツや医療、教育分野などでの活用を見込む。(2020/1/9)

医療機器ニュース:
医療から介護まで、シームレスなリハビリ支援サービスの開発を開始
Moffとトヨタ自動車は、医療から介護までシームレスなリハビリ支援をするサービスを共同開発する。ウェアラブル端末「Moff Band」を用いて、医学的根拠に基づいた効果的なトレーニングや患者の回復度を可視化するサービスとなる。(2020/1/7)

がん闘病の堀ちえみ、「徹子の部屋」で活動再開へ 「再生された私だからこそ……」とテレビ復帰に思いを明かす
ファンからは祝福メッセージが殺到しています。(2020/1/3)

「自動運転車の開発」支える:
トヨタ、ホンダも頼るVR技術会社 「極限の条件」を作り出してきた社長が自動車教習所に商機見いだす理由
自動運転車の開発や安全運転の実現に不可欠で、実用化が見込まれているシミュレーター装置を開発し、トヨタやホンダから重宝されているVR会社がある。建設・土木向けにコンピュータを使ったシミュレーターを開発し、VR技術を培ってきたフォーラムエイトの伊藤裕二社長に今後の展望を聞いた。現状は自動車教習所や病院、海外の交通事故対策などに商機を見いだしている――。(2019/12/28)

医療機器ニュース:
転倒防止機能を持つロボット歩行車を開発
産業技術総合研究所と幸和製作所は、転倒防止機能を備えるロボット歩行車を共同開発した。転倒動作シミュレーションに基づき設計され、転倒の初動を抑制することで転倒を防止する。(2019/12/25)

“ニャンちゅう声優”津久井教生、腫瘍の摘出手術を終えて退院へ 「ニャンちゅうの発声もバッチリできてます」
腫瘍とともに副腎を1つ摘出したと明かしています。(2019/12/24)

「片目が見えない、歩けない、ひとりでトイレに行けない」 くも膜下出血で療養中のSHEILA、7カ月ぶりにインスタ更新
所属事務所が療養することを伝えていました。(2019/12/23)

「ありがとう。永遠に…」 脊髄損傷の滝川英治、ドラマ「弱虫ペダル」の仲間たちと“再会ショット”で笑顔
滝川さん「実は、今回参加するのに少し不安がありました」。(2019/12/20)

医療機器ニュース:
リハビリ装具に取り付けて使える、歩行学習支援ロボットを製品化
大日本印刷は、京都大学らと産学協同で開発した歩行学習支援ロボット「Orthobot」を製品化した。歩行リハビリに使用する長下肢装具にOrthobotの本体ユニットを取り付けるだけで装具がリハビリ用ロボットに変化し、正しい歩行動作を誘導する。(2019/12/20)

「同期のサクラ」最終回目前とは思えぬほどの鬱展開 最終回は「変わってしまったサクラと変化を許さない同期」の物語になる?
「サクラらしい」を望む同期4人がプレゼントした丸眼鏡の意味が怖い。(2019/12/18)

NHK Eテレ「バリバラ いまこそ薬物依存を考える」放送決定 田代まさし逮捕を受け再び問題に切り込む
12月12日20時放送。(2019/12/10)

「課題ドリブン」で出発し、「ソフトウェア・ファースト」で解決:
医療業界を変えたエムスリーに聞く 革新的サービスを開発するためのカギ
世界10カ国の医療従事者を巻き込む一大メディカルプラットフォームを構築したエムスリー。医療業界という非IT領域にテクノロジーを持ち込み、革新的なサービスを打ち立てた同社のサービス開発戦略を聞いた。(2019/11/26)

医療機器ニュース:
リハビリ成果をフィードバックすることで、患者のモチベーションが向上
Moffは、同社のIoT身体機能計測サービス「モフ測」を用いたリハビリ成果を患者にフィードバックすることで、リハビリ単位数が向上した事例を発表した。(2019/11/12)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。