リアルタイム低遅延ボイチェンのポイントは“個性の制限”? NTTが研究成果を発表する「オープンハウス」が6月24日から大阪で開催(1/3 ページ)

» 2024年06月19日 00時00分 公開
[井上翔ITmedia]

 NTT(日本電信電話)は6月24日から26日まで、NTT WEST i-CAMPUS(大阪市都島区)において「NTT コミュニケーション科学基礎研究所 オープンハウス2024」を開催する。入場は無料で誰でも参加可能だが、公式サイトからの事前登録が必要となる。

 本イベントの開催に先立ち、同社は6月17日に東京都内で報道関係者向けの説明会を開催した。イベントの概要と共に、その模様をお伝えする。

オープンハウス NTTのコミュニケーション科学基礎研究所が毎年開催している「オープンハウス」が、2024年も開催される
納谷太さん オープンハウス2024の内容を説明する、コミュニケーション科学基礎研究所の納谷太所長

イベントの概要

 本イベントは、NTTの社内研究所の1つ「コミュニケーション科学基礎研究所(CS研)」の研究成果を一般公開するもので、今回は例年よりも1日多い3日間に渡り開催される他、4年ぶりに現地開催の講演も行われる(※1)。会場はNTT WEST i-CAMPUSにある「PRISM」「QUINTBRIDGE」の各棟の1階で、こちらも従来よりも大規模だという。

(※1)講演会は全て、後日Webを通してオンデマンド配信される

 CS研は、NTTの研究開発(R&D)部門の1つである「先端技術総合研究所」の傘下にある。その名の通り“コミュニケーション”に関する基礎研究を広く行っており、現在は「人間科学」「メディア処理」「多様脳科学」「データと機械学習」の4分野に注力しているという。

研究所の概要 NTTには大きく4つの総合研究所があり、その傘下にその分野に関連する基礎/応用研究所が収まるという組織体系を取っている。CS研は先端技術総合研究所の傘下にあり、NTT京阪奈ビル(京都府精華町)と厚木研究開発センタ(神奈川県厚木市)の2拠点で活動をしている

 本イベントでは、CS研が取り組んでいる研究のうち、22個の成果が展示される。報道関係者向けの説明会では、そのうち7つが展示された。特に注目すべきものを紹介する。

概要 イベントの概要。従来よりも1日多い3日間開催となった他、各日共に4年ぶり現地開催の講演が行われる。なお、6月24日の午前中はメディア向け内覧会となるため、一般客は午後から参加可能だ
展示内容 イベントでは22の研究成果が展示される。実際に携わっている研究員が説明を担当するので、いろいろ質問することも可能だという

手足の器用さをスマホでチェックできるソリューション

 人間には「利き手」「利き足」があるといわれる。通常、利き手や利き足の方が“器用”に使えるとされているが、そうでない手足との器用さの差をチェックするには、一定の手間と時間がかかる。

 そこでCS研では、スマートフォンのモーションセンサーを使って手足の器用さを計測できる手法(ソリューション)を開発した。手足の器用さと、左右の器用さの差分(運動のばらつき)を定量的に比較できるという。

 やり方は、手の場合はスマートフォンを持ち、足の場合は足首の外側にスマートフォンをバンドを介して装着して、音のテンポに合わせてクルクル回すだけとシンプルだ。結果はすぐにグラフとして表示される。

 このソリューションは今後、スポーツジムや部活動、リハビリ施設などでの導入を目指していくという。

アプリ 手足の器用さを図るためのスマホアプリのトップ画面
リズムに合わせてグルグル回す アプリが流す音のテンポに合わせて指示された方向にスマホをグルグル回すだけでよい
ばらつき 基本的に利き手/利き足の方が“キレイな”軌跡を描けるという。左右で軌跡にばらつきが少ないと、いわゆる「両利き」になる
ばらつき 左右の軌跡のばらつきは成長と共に減少していき、50代を過ぎると再び増加に転じるという(ミズノとの共同実験データを含む)
矯正 右手を使うように矯正された経験のある手が左利きの人は、器用さのばらつきが非常に低く抑えられて、ついでに足の器用さのばらつきが抑えられていることも分かったという(ミズノとの共同実験データを含む)
偏差値 手足の器用さは「器用さ指数(SQ)」で表される。SQは年代ごとの器用さの平均値から算出され「100」で平均そのまま(=偏差値50)となる。筆者の場合、手の器用さは左右共にほぼ平均値ということになった
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー