ニュース
» 2006年06月01日 15時47分 公開

ボーダフォンの「家族割引」、名義の異なる回線も割引対象に

ボーダフォンは9月1日から「家族割引」サービスを改定し、名義の異なる回線でも加入可能にする。副回線の数も4回線から9回線に増やす。

[園部修,ITmedia]

 ボーダフォンは、9月1日から「家族割引」サービスを改定すると発表した。現在は家族割引に加入できない、名義の異なる回線でも加入できるようにするほか、契約地域の異なる回線同士でも利用できるように変更する。合わせて家族割引に加入できる副回線の数を最大4回線から最大9回線に増やす。

 家族割引は、主回線と最大4台までの副回線をすべて同一名義で契約し、料金を一括で払うことで副回線の基本使用料と家族間の通話料、TVコール通信料が半額に、家族間の携帯電話番号で送受信するメールの送信・読み出し料が無料になるサービスだ。

 しかし現行の割引サービスでは、主回線と副回線がすべて同一名義で、料金も一括で支払う必要があるほか、契約地域が異なると加入できないなど、制約が多かった。9月1日の改定以降は、一人暮らしや単身赴任などで親と子供が異なる地域で契約した回線を家族割引にしたり、回線ごとに別々に請求書を出したりすることが可能になる。

改定前 改定後
請求先名義の異なる回線での加入 ×
契約者名義の異なる回線での加入 ×
契約地域の異なる回線での加入 ×
最大回線数 主回線1、副回線4 主回線1、副回線9

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -