インタビュー
» 2015年09月02日 08時00分 UPDATE

水曜インタビュー劇場(カーシェア公演):カーシェア事業で、なぜ「パーク24」だけが黒字化できたのか (5/8)

[土肥義則,ITmedia]

トニックがスゴい

土肥: なるほど。ただ、ちょっと厳しい言い方になりますが、それって想像できる話ですよね。ビジネスシーンに派手な色のクルマは、そぐわないとか。

内津: トニックのスゴいところは、それだけではありません。駐車場には使えなくて、カーシェアに使えるデータがあるんですよ。

土肥: な、なんですか。それは。

内津: 駐車場の場合、基本的に稼働状況しか分かりません。どういった人たちが使ったのか、細かい情報をなかなか分析できないんですよね。「タイムズクラブ」という会員組織があるので、駐車場を利用するときにそのカードを使っていただければ情報を分析することができるのですが、すべての人が使うわけではありません。

 一方、カーシェアの場合、入会するときに個人情報を入力しなければいけません。クルマを予約するときに情報がひもづいてくるので、どういった人たが、いつ、どこへ行ったのかが見えてきました。

土肥: ちょっと待ってください。「どこへ行った」まで分かるのですか?

内津: カーナビをご利用される人が多いので、行き先をセットすればその情報を分析することができます。またカーシェアの場合、エンジンをかけた時点で利用がスタートするので、予約時点でカーナビに行き先をセットする人が多いんですよね。

土肥: でも、パーク24にとっては、客がどこに行こうが関係ないですよね。要は、クルマを利用していただけるかどうかだけ。

yd_car9.jpgyd_car8.jpg カードをかざすことでクルマのドアが開く(左)、車内でクルマのカギを取り出すことができる(右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -