進むクラウド化、デジタル化―最新会計ソフト活用で業務効率アップ
インタビュー
» 2015年10月23日 10時40分 公開

新連載・金曜インタビュー劇場(藤原和博さん):転職に成功する人、失敗する人――どこに“違い”があるのか (5/5)

[土肥義則,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

ビジネスパーソンにとって大切なこと

藤原: また、5年くらい働いていれば、2〜3人の上司と一緒に仕事をするでしょう。いろいろなタイプの上司の下で働くことも大切なんですよね。さらに、その会社で異動を経験するかもしれません。営業から宣伝に行くかもしれないし、総務から経理に行くかもしれません。このようなさまざまな経験を積むことで、自分のポジションをきちんとつくっていく。こうしたことをできる人は、転職をしても成功する可能性が高くなるのではないでしょうか。

 もちろん、絶対にひとつの会社で5年間働かなければいけない、という話をしているのではありません。実際に働いてみると条件が違っていたり、悪徳業者であったり、いわゆる“ブラック企業”であったりすることもあるでしょう。そうした企業に間違って働くことになった場合、適切なタイミングで転職するほうが賢明でしょう。

 繰り返しになりますが、正解主義という呪縛に縛られてはいけません。自分にとってベストな会社を探すのではなく、新天地に飛び込んだらそこを意地でもベストにすべき。転職をする前から「ベストな選択をしたなあ」と考えるのではなくて、転職をしてさまざまな経験をしてから「ベストな選択をしたなあ」と考えるべきなんです。そうした考えで転職をすれば、40代以降に“違い”が出てくると思いますよ。

土肥: どういった“違い”でしょうか?

藤原: 1年、2年で転職を繰り返している人は、40代になっても「次の会社が天職だ!」と思い続けて、ずーっと転職活動をする。地に足が着いていないから、どこかフワフワしている。なので、薄っぺらな仕事しかできない。

 一方、ひとつの会社でさまざまな経験をしている人は、40代になって「自分はこれをやるんだ」といった形でテーマを決め、深い次元で仕事をすることができるのではないでしょうか。この両者の“違い”は、ビジネスパーソンにとってものすごく大きいですよ。

つづく

連載が本になりました!:

 連載「仕事をしたら○○が見えてきた」が、『ササる戦略』(三才ブックス)というタイトルで書籍化されました。

 「なぜミニストップのソフトクリームは真似されないのか?」「50年以上前に発売された『スーパーカブ』が、いまも売れている理由」など、業界が注目する12社から“ヒットの法則”を紹介しています。

 ビジネス書が苦手……という人でも大丈夫。商品を開発した人はどのような苦労があったのか。その商品を売る人はどのような工夫をしたのか。マーケティングや消費者の行動などを分かりやすく解説していますので、オススメの1冊です!

 →『ササる戦略』(Kindle版


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間