インタビュー
» 2016年06月01日 08時00分 公開

水曜インタビュー劇場(パキッ公演):発売3年で売上2.5倍! アイス「パキシエル」の開発秘話を聞いてきた (5/6)

[土肥義則,ITmedia]

売れるためにどのような工夫をした?

森永: かもしれません。機械がこのくらい動くから、時間的な猶予は何秒あって、その間にどのくらいのスピードで吸引して……ペラペラペラペラ(難しい話をされていたので、割愛しました)といった感じですね。工場でうまくいかないことが何度もありまして、そのたびに紙を出してきて、計算していました。計算して「答えは○○」となるわけですが、それでもうまくいかないときはうまくいかないんですよね。そうしたときには、トライアンドエラーを繰り返していました。

土肥: 私のような文系人間には無理ですね。コサイン(cos)、タンジェント(tan)くらいしか分かりません。

森永: ……。

土肥: あっ、いま、コサイン、タンジェントと言いましたが、その意味を説明しろと言われれば困るわけでして……(汗)。さ、次、次の質問をさせてください(焦)。

 パキシエルは発売後、3年間で売上高が2.5倍になりました。厳しいアイス市場の中で実績を残されたわけですが、売れるためにどのような工夫をされたのでしょうか?

森永: 前身商品「濃厚チョコレートバー」は競合商品との差別化ができず、苦戦していました。そうした経験があったので、社内では「前の商品よりも少し売れたらいいよね」といった話をしていました。2013年にパキシエルを発売したところ、濃厚チョコレートバーの前年実績に比べ35%伸びました。そして2014年は101%、2015年は48%、それぞれ伸ばすことができました。

 アイスの商品だけに限らず、多くの商品で2年目は苦戦することが多いんですよね。1年目はそこそこ売れても、2年目は“鮮度感”のようなものが失われていくので、どうしても売り上げが落ちるケースが多い。

土肥: でもパキシエルの場合、2年目に2倍も増えていますよね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間