インタビュー
» 2016年06月01日 08時00分 公開

水曜インタビュー劇場(パキッ公演):発売3年で売上2.5倍! アイス「パキシエル」の開発秘話を聞いてきた (6/6)

[土肥義則,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

クチコミによる影響が大きい

森永: 2年目に、パッケージの色を赤から黒に変更しました。あとは、味を少し変えました。やったことといえば……それくらいなんですよね。

 なぜ売れたのか? と聞かれると、「クチコミによる影響が大きかった」のかもしれません。SNSのコメントをみると「ハマる」「クセになる」といった声が多い。まだまだ認知度が高くない商品なので「自分は知っている」「先端がスゴい」「こういうアイスがあるんだ」といった意見も多いですね。

 スーパーなどでの売上状況を調べたところ、他のマルチパック商品と比べて、リピート率が高いことが分かってきました。トライアルの数字は高くないのですが、一度食べていただくと「もう一度食べたい」と感じる方が多いのではないでしょうか。結果、商品を導入していただける店舗が増えたので、売り上げが伸びたのかもしれません。

土肥: 商品開発するときに「他社にはないモノをつくろう」という高い志があった。話を聞いていて“熱量”のようなものを感じたのですが、販売面に関して「こんなことをやったから売れた」といった話はありますか?

森永: ご質問の答えにはなっていないかもしれませんが、SNSのコメントに注目しました。パキシエルを食べて「ハマる」「クセになる」といったコメントが多いということは、やみつきになる原因があるのかもしれない。そのような仮説を立てて、大学の教授に「やみつきになる理由」を分析してもらいました。

土肥: ほほー、それは興味深い。で、どういったことが分かったのですか?

森永: 実はですね……。

つづく

連載が本になりました!:

 連載「仕事をしたら○○が見えてきた」が、『ササる戦略』(三才ブックス)というタイトルで書籍化されました。

 「なぜミニストップのソフトクリームは真似されないのか?」「50年以上前に発売された『スーパーカブ』が、いまも売れている理由」など、業界が注目する12社から“ヒットの法則”を紹介しています。

 ビジネス書が苦手……という人でも大丈夫。商品を開発した人はどのような苦労があったのか。その商品を売る人はどのような工夫をしたのか。マーケティングや消費者の行動などを分かりやすく解説していますので、オススメの1冊です!

 →『ササる戦略』(Kindle版


前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間