コラム
» 2016年07月25日 07時25分 公開

アピールの誤解――土下座で交際してくれることはありません(3/3 ページ)

[増沢隆太,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!
前のページへ 1|2|3       

面接でアピールすべきこと

 少なくとも相手にとって交際(採用)するメリットを訴えましょう。

 「能力がある」
 「利益をあげられる」
 またはそれらの「可能性がある」

 ことを伝えるだけです。至ってシンプルですが、ビジネスの場で求められるのは情緒的な思い込みというゆがんだ意欲ではなく、冷静に相手(=お客さま)のことを考えられるマインドでしょう。

 自己アピールの目的を再度点検してください。相手の目線に立っていますか。そうでない自己アピールはどこまで行っても単なる自己満足です。それを聞く(読む)人にとって、何ら目を引くことは無いでしょう。

 どうしたら相手に納得してもらえるアピールになるか、正に企業研究が必要なのです。分かりもしない相手にほれるのは、しょせん見た目だけ、外見だけ気に入った「一目ぼれ」に過ぎません。 (増沢隆太)

フォローして増沢隆太氏の新着記事を受け取る

前のページへ 1|2|3       

Copyright (c) INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -