連載
» 2016年11月25日 10時18分 UPDATE

赤坂8丁目発 スポーツ246:侍ジャパンはこのまま“終わる”のか (4/4)

[臼北信行,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

小久保監督の“奇跡の一手”に注目

 小久保監督が世間の評価を覆すには、次のWBCで2大会ぶりの優勝を果たして世界一奪回を果たすしかない。そうなればさすがにバッシングは治まり、一転して嵐のような祝福と賞賛を受けることになるだろう。だが逆に失敗すれば、これまで以上の批判が確実に向けられることも覚悟しないといけない。さらにはNPB側も任命責任を問われ、常設化で軌道に乗るはずの侍ジャパンの今後にも悪影響を及ぼしかねない事態へと発展する危険性も出てくる。

 たった4カ月弱で風向きを変えることができるか。熱望する日本人メジャーリーガーの招へいも遅々として進まずに暗雲が垂れ込める中、何とか起死回生を図りたい小久保監督の“奇跡の一手”に注目が集まっている。

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2013年第3回まで全大会)やサッカーW杯(1998年・フランス、2002年・日韓共催、2006年・ドイツ)、五輪(2004年アテネ、2008年北京)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ