連載
» 2017年06月16日 08時00分 公開

赤坂8丁目発 スポーツ246:「引退」がささやかれても、なぜハンカチ王子はたまに結果を出すのか (4/4)

[臼北信行,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

斎藤佑樹の不思議な魅力

 プロ野球選手としては残念ながら「超一流」とは呼べない。それでも生き馬の目を抜くような群雄割拠の厳しいプロ野球界でいまだにマウンドへ立てているのは、この「無関心力」があるからこそだろう。

 ネット上で「佑ちゃんをえこひいきばかりしている」ともっぱらの栗山英樹監督も真相はどうあれ、この「無関心力」とともにどこか飄々(ひょうひょう)とした姿勢をのぞかせる斎藤に一目置いているのは事実。いやいや、斎藤にバッシングを浴びせることの多い人たちだって何だかんだと言いながらも佑ちゃんの今後は気になって仕方がないはずだ。

 かくいう筆者もその1人。斎藤佑樹という男には、それだけ常人には絶対にマネのできない不思議な魅力が詰まっている。

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2017年第4回まで全大会)やサッカーW杯(1998年フランス、2002年日韓共催、2006年ドイツ、2010年南アフリカ、2016年ブラジル)、五輪(2004年アテネ、2008年北京、2017年リオ)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -