インタビュー
» 2017年10月04日 08時00分 公開

水曜インタビュー劇場(スター・ウォーズ公演):見えないところも再現! バンダイの「ミレニアム・ファルコン」がスゴい (4/6)

[土肥義則,ITmedia]

ものすごい数の固さを調整しなければいけない

ITmedia ビジネスオンラインの連載が書籍になりました!

 ITmedia ビジネスオンラインの人気連載をまとめた書籍『バカ売れ法則大全』(SBクリエイティブ)を発売しました。本連載「水曜インタビュー劇場」の人気記事を加筆し、掲載しています。

 ブラックサンダーはなぜ売れたのか、うんこ漢字ドリル完成までの裏側などのほかに、加熱式たばこ「アイコス」、クルーズトレインのチケットを求めて行列ができる秘密にも迫っています。お近くの書店やECサイトなどでどうぞ。

 →『バカ売れ法則大全』(SBクリエイティブ)


土肥: 開発するうえで、苦労されたことはなんでしょうか。現物を見る限り、細部にわたって再現されているので、どれもこれも大変だったと思うのですが、バンダイのプラモデルって基本的に接着剤を使わないですよね。穴に部品を差し込めば完成するといったスナップフィットの形なので、これだけパーツが多いとその工程も大変だったのではないでしょうか。

(C)&TM Lucasfilm Ltd.

福地: 大変でした。他社のプラモデルは、穴に部品を差し込んで適度な固さを感じることができなければ、接着剤で固定させるんですよね。でも、バンダイは違う。はめ込みで完成させることができるように、精度を高めていきます。「ここは緩いよ。じゃあ、ここを修正しようか」と、この作業にものすごい労力がかかるんですよね。

土肥: これだけパーツが多ければ、つくっている途中で「ここはグラグラしているな」といったケースがたくさんあったのではないでしょうか。

福地: ありました。そのときには設計を見直すときもありますし、金型を調整するときもあります。

土肥: 設計や金型を調整することで、他のところに影響はでないのでしょうか。

福地: 基本的にはないですね。

土肥: どのくらい調整したのでしょうか。

福地: 全部ですね。

土肥: え、全部?

福地: ミレニアム・ファルコンは680パーツほどあるのですが、初期のテストサンプルは位置合わせのみで未調整なんですよ。あるパーツが他のパーツに干渉しないかどうかなどを検証するために、最初のモノはすべてグラグラなんです。また、精度のバラつきがどうしてもでてくるので、バラつきはどのくらいあるのかを検証するために、何度も抜き差ししなければいけません。そのためにも最初はわざとグラグラにしているんですよね。680パーツというと680カ所の調整と思われるかもしれませんが、1パーツにつき何カ所もあるので、ものすごい数の固さを調整しなければいけません。

(C)&TM Lucasfilm Ltd.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -