ニュース
» 2018年06月21日 14時57分 公開

サブブランド、楽天との連携は?:iOS対応は「+メッセージ」普及の起爆剤になるか 携帯キャリアに問う (2/2)

[濱口翔太郎,ITmedia]
前のページへ 1|2       

広告で良さを知って

 ソフトバンクはAndroid版での失敗を生かし、iOS版では「+メッセージ」と「SoftBankメール」をそれぞれ別のアプリとして提供する。「『SoftBankメール』はソフトバンクユーザー同士で長文を、他のキャリアとは70文字のテキストを送受信できるアプリだ。ユーザーは好みに応じて使い分けてほしい」という。

 今後の方針については「iOS対応を機に、従来のSMSよりも便利であることを訴求し、幅広い層に普及させたい。広告などを通して、良さを知ってもらえるよう取り組んでいく」(ソフトバンク)とした。

photo 4月の「+メッセージ」発表会見での一幕。3社が共同会見を行うのは極めて異例だ

サブブランド・楽天との連携は

 KDDIとソフトバンクは、格安SIMの“サブブランド”である「UQ mobile」「Y!mobile」をそれぞれ展開している。ネット上では待望論も出ているが、2社は「+メッセージ」をサブブランドに対応させる計画はあるのか。

 取材に対し、KDDIは「未定」、ソフトバンクは「お答えできることはない」と述べるにとどまった。

 楽天は2017年12月に携帯電話事業への参入を発表し、19年10月のサービス開始を予定している。キャリア3社は「+メッセージ」の普及に向け、キャリア参入後に楽天との連携を視野に入れているのだろうか。

 KDDIは「お声をいただければ検討する」、ソフトバンクは「要望を踏まえて検討を進めたい」と話したが、NTTドコモはノーコメントとした。

photo 「+メッセージ」はユーザーから高い支持を得られるか

 冒頭で紹介した以外にも、「+メッセージ」はボイスメールや地図情報の送受信、既読の表示、QRコードの表示・読み取りによる連絡先交換――など多岐にわたる機能を持つ。サブブランドや楽天との連携は明言を避けたものの、3社がさらなる普及に向けて「機能をさらに充実させる」ことは確実のようだ。

 「+メッセージ」はユーザーから高い支持を獲得し、LINEのように生活に欠かせない“インフラ”になれるのか。今後に注目したい。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間