お店のミライ
ニュース
» 2018年07月09日 06時00分 公開

宣伝広告と地道な商品開発が奏功:ユニクロのエアリズムにみる「脱・安かろう悪かろう」の研究 (4/4)

[昆清徳,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

エアリズムの機能性をアピール

 このように、常に自社製品の品質や機能性をアピールし続けてきた同社だが、ここ1〜2年、エアリズムの機能性をアピールすることに注力している。「エアリズムを着ると蒸れなくていい」といったような漠然とした機能性の良さは認知されてきているが、それが具体的にどのような技術に裏打ちされているのかを知ってもらうことで、効果をより実感してもらうのが目的だ。

 例えば、18年5月、ユニクロの銀座店にエアリズムの機能を体感できるフロアを開設し、なぜサラサラするのかといったことを分かりやすく解説している。

 また、グローバルでみると、17年10月にニューヨークで、18年3月にパリでそれぞれ東レと合同で商品の機能性をアピールする展示会も行っている。

 ユニクロは当初の「安かろう悪かろう」からのイメージを何とか払拭することに成功し、機能性をアピールする段階に移ってきているといえるだろう。広告宣伝に積極的といわれる同社でも自社製品のイメージを変えるためにこれほどの手を打っているのだ。

photo ユニクロ銀座店の展示
photo ユニクロ銀座店の展示
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -