ヒトオシ
特集
» 2018年10月15日 06時00分 公開

どんな指導をしているの?:新入社員の離職防止に効果あり? 串カツ田中“新人だらけの店舗”に行ってみた (1/5)

新入社員の定着率UPが課題だった串カツ田中は、正式配属前の新入社員を集める“実験店”をオープンした。効率的にスキルを習得させたり、同期意識を醸成したりするのが目的だが、どのように運営されているのだろうか。

[昆清徳,ITmedia]

 「ありがとうございました!」

 店内にハリのある声が響き渡る。開店前に全社員による「声出し」が行われているのは、「串カツ田中 小伝馬町研修センター店」(東京都中央区)だ。

 串カツ田中は全国1000店舗体制の確立にまい進しているが、従業員の高い離職率に悩まされていた。そこで、同社は2018年4月にこの“実験店”をオープンした。正式配属前の新入社員を集め、効率的にスキルを習得させたり、同期意識を醸成したりすることで、定着率を上げようという狙いがある。

 外食チェーンだけでなく、日本企業は慢性的な人員不足に悩まされており、新入社員の定着率向上は大きな課題だ。イマドキの若者は何を考え、どんな悩みを抱えているのか。串カツ田中の取り組みから探っていきたい。

photo 串カツ田中の小伝馬町研修センター店

研修センター店に行ってみた

 開店前に研修センター店を訪れた。記者は何度か串カツ田中の店舗で食事をしたことがあるが、基本的な内装は他の店舗と大きく変わらない。

 ちょうど休憩時間だったこともあり、新入社員はくつろいだ表情で談笑していた。年齢が近いせいか、会話の内容だけを聞いているとサークル活動に取り組む大学生のような印象を受けた。

 ただ、冒頭で紹介した声出しが行われると雰囲気は一変。新入社員は真剣な表情でそれぞれの持ち場について、開店準備を始めた。

 開店直後、同店を訪れたお客に話を聞いてみた。研修センター店を初めて訪れたという女性客は「元気があっていいですね」と働きぶりを前向きに評価していた。注文をとったり、料理を提供したりする姿にはややぎこちなさが見受けられるが、接客に関して特に大きな不満はないようだった。

photo お客の注文を聞く新入社員
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ