ニュース
» 2018年12月21日 11時07分 公開

1700本もの音声ファイル:Amazonの「アレクサ」、人的ミスで他人の録音記録を聴取可能に

米インターネット通販大手Amazon.comのスマートスピーカー「アレクサ」をドイツで使うユーザーが、同社の「人的ミス」により、別のユーザーの1000件を超える録音記録を聴取可能になる事態が起きた。

[ロイター]
photo 12月20日、米インターネット通販大手Amazon.comのスマートスピーカー「アレクサ」をドイツで使うユーザーが、同社の「人的ミス」により、別のユーザーの1000件を超える録音記録を聴取可能になる事態が起きた。写真はスマートスピーカー「アレクサ」。5月にカリフォルニアで撮影(2018年 ロイター/Elijah Nouvelage)

[フランクフルト 20日 ロイター] - 米インターネット通販大手Amazon.comのスマートスピーカー「アレクサ」をドイツで使うユーザーが、同社の「人的ミス」により、別のユーザーの1000件を超える録音記録を聴取可能になる事態が起きた。ドイツのハイテク業界誌c’tが報じた。

同誌によると、そのユーザーは自分自身の録音記録を再生するよう要請したところ、Amazonからアクセス先の一覧が送られ、他人の1700本もの音声ファイルを聴ける状態になったという。

Amazonの広報は20日、「この残念な事例は人的ミスの結果であり、単独の事例だ」と説明した。

そのユーザーは他人の録音記録を聴ける状態になったことをAmazonに伝えたが、同社からの返答はなかった。Amazonから送られたアクセス先一覧のファイルは、その後に削除された。

Amazonの広報は「当社はこの顧客2人に関連した問題を解決するとともに、手順を改善する措置を講じた」と付け加えた。

Copyright © Thomson Reuters

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -