コラム
» 2018年12月22日 05時00分 公開

「前の会社はこうだった」はNG:「40代は転職できない説」は本当? 企業が求めるのはどんな人? 人材のプロに聞いた (1/2)

「40代は転職できない」との説が一般的だが、それは本当なのか。転職できる40代はどんな人材なのか。人材会社エン・ジャパンで「ミドルの転職」の事業部長を務める天野博文氏に聞いた。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 企業の人手不足などにより、現代の転職市場は応募者有利の売り手市場が続いている。だがその中でも、年齢が上がるごとに転職は厳しくなるとの説は根強く、特に40歳を超えた人は内定取得が難しいと考えられている。

 この説は本当なのか。また、40代に差し掛かっても転職に成功し、新しい職場で活躍できるのはどんな資質を持つビジネスパーソンなのか――。

photo 「40代は転職できない説」は本当? 企業が求めるのはどんな人?(画像提供:Getty Images)

2018年は40代の転職が増加

 人材会社エン・ジャパンで30〜40代向け転職サイト「ミドルの転職」の事業部長を務める天野博文氏によると、2018年1〜9月に同サイトを活用して転職した40代は前年同期比2.6倍に拡大していたという。

 天野氏は「経営者としての経験や、AI(人工知能)など高度なデジタル技術を活用した経験がある40代は転職に成功しやすい」と説明する。

 また、日本人材紹介事業協会の調査では、18年4〜9月期にジェイ エイ シー リクルートメント、パーソルキャリア、リクルートキャリアが転職先を紹介した人のうち、41歳以上は前年同期比1.3倍の計4391人に増えていたとの結果も出ている(26〜30歳の転職者数は1.2倍の1万3517人)。

photo 日本人材紹介事業協会による調査結果(=公表資料より)

 これらの結果からは、若手より転職者数は少ないものの、「40代の転職は厳しい」と一概には言い切れないことがうかがえる。

 天野氏は「経営層の高齢化に伴い、企業が事業承継を検討する流れが活発化し、転職市場ではヘッドハンティングが増加しつつある。経営者の後継となるポジションでヘッドハンティングされた40代は年収が上がりやすい。40代であってもAIを使いこなせる人材は、さまざまな業種で世界的な需要が極めて高い」という。

“ジョブホッパー”は苦戦する傾向に

 一方、こうした秀でたスキルを持つ層を除けば、転職に苦戦する40代は少なくない。

 天野氏は「本人の希望と、転職市場での市場価値にギャップがある人は転職が難しい。ITエンジニアなど、転職回数が多くても許容される職種を除いては、すでに3〜4回の転職を経験している人も『厳しい』と判断されるケースが多い。募集の段階で転職回数に制限を設けている企業もある」と指摘する。

 他の世代にも共通して当てはまることだが、40代も現職企業での在籍期間が短い人、転職動機が「なんとなく」など不明確な人、転職理由が「人間関係の不満」などネガティブな人、会話が苦手な人、ブランク(無職期間)が長い人――などは転職が決まりにくいそうだ。

photo 転職が難しい人の特徴(出典:エン・ジャパン)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.