コラム
» 2019年01月10日 11時11分 公開

赤坂8丁目発 スポーツ246:長野、内海――。功労者2人を“引き算”した、巨人・原監督の大誤算 (4/4)

[臼北信行,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

激しい逆風を跳ね返せるのか

 結果的にFAで選手を“強奪”した西武、そして広島から痛烈なしっぺ返しを食らう格好となってしまった感はどうしても否めないだろう。だからこそ原監督の言葉にならえば、自ら推し進めた「足し算」がトータルで「引き算」に終わって今季もV逸するような事態になると、責任問題に発展する流れはまず避けられそうもない。

 過去2度の就任初年度とは比較にならないほどの激しい逆風が吹き荒れる状況を跳ね返せるのか。球団、そしてG党は「名将」と呼ばれる原監督の百戦錬磨の手腕に期待するしかない。

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2017年第4回まで全大会)やサッカーW杯(1998年フランス、2002年日韓共催、2006年ドイツ、2010年南アフリカ、2016年ブラジル)、五輪(2004年アテネ、2008年北京、2017年リオ、2018年平昌)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ