コラム
» 2019年01月31日 06時00分 公開

こんなにも……!:「ムダな会議」による企業の損失は年間15億円 (1/3)

長時間労働や労働生産性について議論する際、しばしば指摘されるのが、「会議、打ち合わせの多さ」だ。果たして、日本企業はどのくらいの時間を会議に費やしているのだろうか……?

[小林祐児,パーソル総合研究所]
株式会社パーソル総合研究所
あなたの回りにも「ムダな会議」が溢れているのでは あなたの回りにも「ムダな会議」が溢れているのでは

 長時間労働や労働生産性について議論する際、しばしば指摘されるのが、「会議、打ち合わせの多さ」です。果たして、日本企業はどのくらいの時間を会議に費やしているのでしょうか。我々の調査結果から、役職別の年間の社内会議・打ち合わせの時間を推計しました。

社内会議・打ち合わせに費やす時間 社内会議・打ち合わせに費やす時間

 メンバー層で週に3時間を超え、係長級で6時間、部長級になると8.6時間になりました。これを年間の時間に拡大推計すると、メンバー層で154時間、部長級では434時間を超えます。

 そして、従業員規模が多いほど、上司層の会議時間は飛躍的に伸び、1万人を超える大企業になると、630時間にも及びます。

 注意してほしいのは、この時間に、顧客・クライアントなどの社外関係者との打ち合わせは入っていないということです。これだけの時間を割いている会議時間は、果たして有益に使われているのでしょうか?

世の中の会議はいかにムダだと思われているか

 実際の会議参加者の意見を聞いてみましょう。

 会議をムダだと思っている割合を調査すると、メンバー層で23.3%、上司層で平均27.5%の方が会議にムダが多いと感じています。より組織的視点で会議に参加しているはずの上司層のほうが、会議時間を「ムダ」と感じているということです。

ムダだと感じる会議の割合(メンバー/上司別) ムダだと感じる会議の割合(メンバー/上司別)

 これらを再度拡大推計してみましょう。1500人規模の企業においては、ムダな社内会議時間は年間9万2000時間(約46人分の年間労働時間に相当)、企業の損失額は年間約2億円になることが分かりました。1万人規模の企業においては、ムダな社内会議時間は年間約67万時間(約332人分の年間労働時間に相当)、企業の損失額(ムダに費やしている人件費)は年間約15億円もの規模にのぼります。

推計結果 推計結果
       1|2|3 次のページへ

Copyright © PERSOL RESEARCH AND CONSULTING Co., Ltd.All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -