ニュース
» 2019年02月08日 15時30分 公開

メーカー各社に聞いた:インフル猛威の裏で「季節外れ」のある商品が売れている、なぜ? (1/2)

猛威を振るうインフルエンザ。対策が急がれる中、本来は夏向けのある商品が売れている。

[服部良祐,ITmedia]

 インフルエンザが猛威を振るっている。厚生労働省は2月8日、1週間(1月28日〜2月3日)に全国の医療機関を受診した推定患者数が約166万9000人に上ったと発表した。同じ期間に休校や学年・学級閉鎖した保育所、幼稚園、小中学校・高校は6995施設となった。容体が悪化しやすい子どもや高齢者への感染が心配される。

photo インフルエンザの猛威の中、季節外れの商品が売れている(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

冬は落ち込むはずのゼリーが売れている

 インフルや風邪の対策グッズが話題になる中、ちょっと季節外れの商品の売れ行きが伸びているという。本来は夏に売れやすく冬場は落ち込む商品、ゼリーだ。インフルや風邪で体力が落ちた人向けに買われているとみられる。

photo 1月28日〜2月3日のインフルエンザ流行レベルマップ(国立感染症研究所Webサイトから引用)

 森永乳業では、「森永とろけるゼリー」シリーズの1月の売り上げが前年同期比で1割増となった。同社の担当者によると、ゼリー系の商品は冬の売り上げが夏場の約6割に落ち込むのが通例だったが、この商品は1月の売り上げが8月ごろとほぼ同水準を維持しているという。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -