調査リポート
» 2019年04月11日 16時22分 公開

平均17.3社にエントリー:20年卒の学生、積極的に就活開始 3月時点で6割以上が一次面接へ

マイナビが2020卒学生の就職活動状況に関する調査を発表した。学生の就活は3月中にどこまで進んだのか。

[ITmedia]

 2020年卒学生の就職活動は、3月中にどこまで進んだのか。マイナビが4月11日に発表した調査によると、94.9%の学生が企業にエントリーし、66.0%の学生が一次面接を受けたという。

photo 3月の就職活動状況(=マイナビ調べ)

 就活サイトなどを通じてエントリーした会社の数は平均17.3社で、19年卒と比べて3.4ポイント減少した。一方、エントリーシートを提出した会社は平均6.7社(1.5ポイント増)、通過した会社は3.1社(0.9ポイント増)と前年よりも伸びている。面接を受けた会社の数も2.2社と、17卒の調査以降、過去最高を更新した。

photo 3月の平均エントリー社数(=マイナビ調べ)
photo エントリーシートを提出した企業の数など(同上)

 第一志望の企業で一次面接以降に進んでいる学生も26.8%いた。文理男女別で見ると、文系男子は24.9%、理系男子は32.9%、文系女子は23.2%、理系女子は28.4%だった。「理系の方が、企業の欲しい数に対して実際に受けている学生が少ないため、選考が進んでいるのではないか」(マイナビ)

photo 第一志望の企業の就活について(=マイナビ調べ)

 調査は3月26日から31日に、同社のモニター会員で2020年卒業予定の大学生・大学院生を対象に実施。Webアンケートで4612人の回答を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -