ニュース
» 2019年04月05日 16時04分 公開

理系人気加速:2020年卒の内々定率、理系男子は15%以上 マイナビ調査

マイナビが2020年卒の就職内定率調査を発表した。3月末時点の内々定率は12.7%と、16卒の調査以来過去最高。

[ITmedia]

 マイナビはこのほど、2020年春卒業予定の大学生・大学院生の就職内定率について発表した。3月末時点の内々定率は12.7%(前年同期比3.2ポイント増)で、就職活動の情報解禁が3月以降となった16卒の調査以来、過去最高を更新した。

photo (=マイナビ調べ)

 文理男女別で見ると、文系男子の内々定率は12.7%(前年同期比3.3ポイント増)、文系女子は9.2%(1.5ポイント増)、理系男子は16.3%(5.6ポイント増)、理系女子は14.3%(2.4ポイント増)。理系学生に特に内々定が集まっている現状が浮き彫りになった。

photo (=マイナビ調べ)

 内々定をもらった会社の数は1社が最多で保有者の79.2%。2社から内定をもらった人は12.9%、3社以上という人も7.9%いた。一方、内々定を保有していても「就職活動を続ける」と答えた学生は81.3%と8割を超えた。「まだ序盤と考え、活動を継続する学生が多数を占めている」(マイナビ)

photo 内々定保有社数(=マイナビ調べ)
photo 就職活動を続けるかどうか(同上)

 調査は3月25日から31日に就職情報サイト「マイナビ2020」を利用する大学生と大学院生を対象に実施。Webアンケートで7030人の回答を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -