ニュース
» 2019年04月28日 07時00分 公開

来たる新時代、調査会社がアンケート:次の令和30年、半数の人が「特に期待することはない」と回答 若者ほどドライ? (1/2)

調査会社が新年号到来を機にアンケートしたところ、次の令和30年に半数の人が「特に期待することはない」と回答した。若者ほどよりドライな傾向に。

[服部良祐,ITmedia]

 間もなく平成の世が終わり、新たな令和の年号がスタートしようとしている今。調査会社のインテージリサーチ(東京都東久留米市)が「これからの30年に期待することは?」とアンケートしたところ、約半数の人が「特に期待することはない」などと、無回答という結果になった。若年層を中心にこの傾向が特に強く、同社の担当者は「若者が期待を持てない社会が令和時代の課題では」とみる。

photo 平成から令和への移り変わり、どう感じた?(画像はイメージ)

 アンケートは、同社がネット上で16歳から79歳の男女約1万人に3月、実施した。「平成で印象に残っていること」と「これからの30年に期待すること」について、それぞれ自由回答で記述してもらった(複数回答可)。

平成で印象に残ったのは「災害」

photo 「平成」の中で印象に残っている出来事はあるか(インテージリサーチ調査)
photo 平成の時代で印象に残っていることランキング(インテージリサーチ調査)

 「平成で印象に残っていること」については、全体の58.3%が「印象に残っているものがある」と回答。具体的な出来事のランキングで1位となったのが「災害」で、約3800人と多数が回答した。同社によると、東日本大震災が特に多く、阪神・淡路大震災や豪雨関連を挙げる人も目立ったという。大規模な災害が続き、どうしても負の印象が目立った平成の30年間だったとも言える。

 2位は「地下鉄サリン事件」、4位に「バブル崩壊」などやはりネガティブな事件が上位にランクインした。一方で5位の「イチローの活躍と引退」、9位の「安室奈美恵の引退」など、平成という時代を象徴するスターやアイコンも人々の心に強く焼き付いたようだ。イチローは20代〜30代男性、安室さんでは20代〜30代の女性が特に多く挙げており、同社の担当者は「ずっと彼らを見てきたファンが特に挙げたのだろう」とみる。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -