コラム
» 2019年05月20日 05時00分 公開

「S級国家・中国」“超速アップグレード”の実相【前編】:ユニクロはいかにして中国で勝ったのか? 「20年の粘り腰」に見る強さの源泉 (1/4)

2002年秋、上海に初出店し、しばらく鳴かず飛ばずだったユニクローー。なぜ中国市場で勝つことができたのだろうか? 気鋭の論者が分析する。

[田中信彦,ITmedia]

編集部からのお知らせ:

本記事は、書籍『中国S級B級論――発展途上と最先端が混在する国(編著・高口康太、さくら舎)』の中から一部抜粋し、転載したものです。


 米国に次ぐ世界第二の経済体となった中国。図体の大きさだけではなく、画期的なイノベーションを生み出すなど、創造力の面でも今や世界をリードする存在だ。10年前は「遅れた途上国」だった中国が、なぜ瞬く間に「S級国家」へと変貌したのか。長年中国と関わり続けている気鋭の論者に、社会、政治、技術の各方面から分析してもらった。

phot 上海のユニクロ店舗。中国市場を制した要因に迫る(以下、写真提供:ゲッティイメージズ)

中華風巨大おにぎり、激辛おでんも誕生

 中国のコンビニが急成長をはじめたのは2000年代半ば。その頃から北京や上海などの大都市では、都市部のホワイトカラーを中心に中間層が厚みを持ってきた。郊外にマンションを買って地下鉄で職場に通い、マイカーを持つ層である。通勤距離が延びて家庭で料理をする時間がとりにくくなり、中食や冷凍食品、レトルト食品などのニーズが出てきた。

 一方、都心部のオフィスでは、ランチとしての弁当やサンドイッチ、中華系ファストフード類などの需要が生まれた。こうした生活パターンはコンビニと波長が合う。

 商品開発や接客、サービスは中国風のアレンジを積極的におこなっている。弁当やおにぎり、サンドイッチ、おでんといった品目自体は日本でもおなじみだが、味つけや量などは中国流。中華風のたっぷりの具入りで、電子レンジで加熱して食べる巨大なおにぎりとか、炒めもの中心の弁当、カレー味や激辛のおでんなどは現地の発想から生まれたものである。一部の店では店頭であたたかい豆乳を売っているのも中国らしい。

 また都市化の進展とともに、市街地の景観や衛生面などの観点から、中国では食品やタバコ、雑誌などを販売する街なかの露店や屋台に対する規制が厳しくなり、それに代わる供給システムが求められてきたことも背景にある。この点、街角の露店や屋台が依然として強い勢力を保ち、コンビニと対抗している台湾やタイのバンコクなどとの違いがある。 

 ちなみに、02年秋、上海に初出店したものの、しばらく鳴かず飛ばずだったユニクロが中国で急激に売れはじめたのが06年のことである。いまや日本の小売業を代表する存在ともいうべきコンビニやユニクロが、この頃を境に中国で急成長をはじめたのは偶然ではない。

 数億人に達する「未来の中間層」を抱える内陸部が本格的に都市化するのはこれからで、中国のコンビニの将来性は高い。

phot 中国のコンビニの将来性は高い(深センのセブン-イレブン)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.