インタビュー
» 2019年05月23日 05時00分 公開

「視聴率No.1宣言」をする真意:フジ『ザ・ノンフィクション』プロデューサーが明かす「人殺しの息子と呼ばれて…」制作の裏側 (1/5)

フジテレビ系のドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』のチーフ・プロデューサーの張江泰之氏が、2017年10月に放送した「人殺しの息子と呼ばれて…」の取材アプローチについて講演した。

[田中圭太郎,ITmedia]

 会社や所属の枠を超えて記者や編集者が一緒に議論する「報道実務家フォーラム拡大版」が、2019年4月26日から28日までの3日間、早稲田大学国際会議場で開催された。

 フォーラムでは、社会にインパクトを与える報道や番組を手掛けた記者・ディレクターが講師として登壇する。28日には、フジテレビ系のドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』のチーフ・プロデューサーの張江泰之氏が、2017年10月に放送した「人殺しの息子と呼ばれて…」の取材アプローチについて、他社のディレクターや記者らとディスカッションした。

 「人殺しの息子と呼ばれて…」は北九州連続監禁殺人事件の加害者の「息子」のインタビューで構成されている。この事件は1996年から98年にかけて、北九州市のマンションで男女7人が死亡していたことが2002年に発覚。松永太死刑囚と内縁の妻だった緒方純子受刑者が、緒方受刑者の親族らに虐待を加えて多額の現金を得た上、6人を殺害し、1人を死亡させた。

 凄惨な虐待を加え、遺体を解体して遺棄するといった犯行は残虐極まりないものだった。松永死刑囚と緒方受刑者の間に生まれた「息子」は当時まだ幼かったが、自らも虐待を受け、遺体の遺棄を手伝わされたことをインタビューで明かしている。

phot 右奥がインタビューを受ける「息子」。手前左が『ザ・ノンフィクション』プロデューサーの張江泰之氏

 番組は2017年10月に2回に分けて放送され、後編の番組平均視聴率10.0%を獲得(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。日曜午後放送のドキュメンタリーで7年ぶりに2桁視聴率を記録し、大きな反響を呼んだ。

 フォーラムでは番組を視聴したあと、張江氏が参加者からの質問に答えて、「人殺しの息子と呼ばれて…」制作の裏側や、ドキュメンタリー番組が視聴率にこだわる意義などについて語った。張江氏の話と質疑をもとに、編集部で改めて全体をQA形式に構成し直したものをお届けする。

phot 張江泰之(はりえ・やすゆき)フジテレビ情報制作局情報企画開発センター専任局次長。1967年、北海道生まれ。90年、NHK入局。報道番組のディレクターとして、『クローズアップ現代』や『NHKスペシャル』を担当。2004年に放送した『NHKスペシャル「調査報告 日本道路公団〜借金30兆円・膨張の軌跡〜」』で文化庁芸術祭優秀賞受賞など受賞多数。05年、フジテレビ入社。『とくダネ!』やゴールデン帯の番組を担当し、現在『ザ・ノンフィクション』のチーフ・プロデューサー。近著に「人殺しの息子と呼ばれて」(KADOKAWA)

合計10時間のインタビューを前・後編で放送

――番組にはどのような反響が寄せられましたか。

 フジテレビに寄せられた反響は、近年まれにみる量でした。9割9分が称賛で、手紙は数百通もきました。ネット上も応援する声が多かった。やってよかったなと素直に思いますね。

――なぜ反響がよかったと思いますか。

 視聴率は2回にわたって放送して、1回目が6%台、2回目が10%台でした(編集部注:前編6.3%・後編10.0% ビデオリサーチ調べ 関東地区)。風が吹いているなと思いましたが、視聴率がよかった理由はいまだに分からない。作った本人にも分かりません。謎ですね。

 ただ言えることは、「ザ・ノンフィクション」はこの事件に限らず、市井の人々がもがき苦しみながら今を生きる姿を追いかける番組なのですが、インタビューを通して、「息子」から語られた言葉は、一般の方が知らない世界です。そこへの共感も含めて、関心を持たれたのかもしれません。

――構成はどのように考えたのでしょうか。

 5時間を2回、合計10時間インタビューしました。2回やると決めて、必死でした。インタビュー1本勝負と決めて、誠実に作りました。毎週誠実に作っていますが。でも、 息子へのマイナスの風が吹くことを恐れていましたね。

 インタビューは使えるところはほとんど使いました。ナレーションは、あえて私の1人称にしました。これがベストの作り方かなと思っています。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.