ニュース
» 2019年08月26日 15時00分 公開

内食需要を狙う:チキンラーメンと今年もタッグ 過去最高の販売数をたたき出した「金麦」が狙う市場とは

金麦とチキンラーメンがコラボした「チ金麦鍋」を今年も実施。昨年は関連動画が500万回以上再生されるなど好評を博した。金麦は上半期として過去最高の売り上げを19年に達成。金麦が支持を受け続ける理由とは?

[鬼頭勇大,ITmedia]

 サントリービールは10月21日から、第3のビール「金麦」ブランドを対象に、日清のチキンラーメンとコラボしたプロモーションを開始する。

 キャンペーン名は「チ金麦鍋」。10月に予定される消費増税に合わせ、内食需要が高まると見込み、市場の活性化を図る狙いだ。

 チ金麦鍋キャンペーンは、18年も実施。テレビCMやWeb動画、SNSなどを中心に活動を行った。中でも、キャンペーン誕生の裏側を描いた動画「誕生秘話」は500万回以上も視聴されるなど、大きな反響を呼んだ。

 お客からの継続の要望も多く、2年連続でキャンペーンを行うことを決定。今年は、2社が共同で開発した「チ金麦鍋専用チキンラーメン」を付属した金麦パックを販売。専用チキンラーメンでは、味の濃い鍋にも合うように通常のチキンラーメンよりも塩分を少なくし、また、シメなどに食べられることを想定して量をやや少なめにする。昨年は通常のチキンラーメンを付属したが、より鍋と金麦に合うチキンラーメンを投入することで、同社の注力する「食卓に合う金麦」のイメージ戦略をさらに強化する形だ。

好評に応えて今年も実施

19年上半期には過去最高の売り上げ達成

 金麦ブランドは、19年1-6月期に、上半期として過去最高となる1818万ケース(前年比111%)を販売。広報担当者によると、「『食卓に合う』という点が評価されている」という。

 金麦の発売以降、お客のニーズを分析する中で「食卓で乾杯するときに幸せを感じる」お客が多いと判明。そこから、食卓に合う商品として価値を高めるプロモーションを行ってきた。

 また、金麦ブランドでの商品展開も目立つ。「金麦の発売から10年以上が経過して、『質が高い』『品が良い』『食卓に合う』というイメージが非常に強固になってきた」(担当者)ことや、食卓の多様性を鑑み、「金麦<ゴールド・ラガー>」や「金麦<糖質75%オフ>」を同ブランドで展開。「今後に見込まれる酒税改正により、ビールと価格帯が近くなった際にも、ブランドイメージをより強化し、競合優位性を高めていきたい」(担当者)としている。

景品付き金麦も発売

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間